東名急行バス(とうめいきゅうこうバス)とは、かつて存在したバス会社である。

概要

東名高速道路を走行する高速バス運行会社として、沿線鉄道バス会社12社による共同出資1967年昭和42年)8月に設立され、1969年(昭和44年)6月10日に車両台数50台・従業員数205人(含む運転士115名)で運行を開始した。

代表取締役社長には、東京急行電鉄社長の五島昇が就任し、専務取締役には同社常務取締役唐沢勲が就任した。このことからもわかるように、共同出資ではあるが単独での出資比率が最も高い東急が主導的立場にあり、本社も東急電鉄本社に同居していた。

しかしその後、国鉄バス東名ハイウェイバスと路線が重複していたことに加え新幹線の充実による利用の低迷やオイルショックなどで赤字が増大し[1]1975年(昭和50年)3月31日に路線全てが廃止され、同年10月1日に会社解散し消滅。車両の一部は廃止後に静岡鉄道名古屋鉄道へ譲渡されている。

出資