東岡崎駅
MT-Higashi-okazaki-station-building.jpg
駅舎と岡ビル百貨店(2019年9月)
ひがしおかざき
HIGASHI OKAZAKI
NH12 男川 (2.2km)
(1.3km) 岡崎公園前 NH14
所在地 愛知県岡崎市明大寺本町4丁目70
駅番号 NH  13 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 名古屋本線
キロ程 29.8km(豊橋起点)
駅構造 地上駅(半高架)
ホーム 島式 2面4線
乗降人員
-統計年度-
39,645人/日
-2018年-
開業年月日 1923年大正12年)8月8日
テンプレートを表示

東岡崎駅(ひがしおかざきえき)は、愛知県岡崎市明大寺本町四丁目にある名古屋鉄道名古屋本線である。当駅は市名を冠するJR岡崎駅に比べると市役所や岡崎城などに近く、中心市街地の一角にあり、岡崎市の中心的な役割を担っている。駅番号はNH13manacaの利用が可能である。

歴史

年表

東岡崎駅周辺地区整備事業

2005年平成17年)2月20日、ユニー東岡崎店が閉店[14][15]。これをきっかけとして、同年2月15日に地域住民と地元商店街の商人で構成される東岡崎駅周辺整備研究懇談会が発足。同懇談会は、1年間に及ぶ議論を取りまとめた報告書を2006年(平成18年)3月31日に岡崎市長に提出した[16][17]

岡崎市は、2006年(平成18年)7月7日から東岡崎駅交通結節点整備検討会を随時開催。2008年(平成20年)3月には東岡崎駅交通結節点整備基本計画を発表。駅を橋上化し、北口に西側デッキと東側デッキの2つの構造をもつペデストリアンデッキを建設、新駅ビル直下にバスターミナルを整備するというものであったが[17][18]、高架することにより圧迫感がある、駅前が暗くなるなどの反対意見が寄せられたため、基本計画は頓挫する[19]。このため、駅前広場北側から駅前の道路をまたぐ1本だけに規模を縮小し、残る動線の確保は交差点の改良などで対応する代替案が出された。

2013年(平成25年)4月1日、橋上東改札口が供用開始。

2014年(平成26年)8月28日、市は、東改札口から北東方面に向かうペデストリアンデッキを建設すると発表した。

2019年令和元年)11月2日、「明大寺交通広場」と名付けた広場には高さ9.5メートルの徳川家康の銅像が設置され[20][21][22]、ペデストリアンデッキは「北東街区有効活用事業」として市が整備を進めている上明大寺町2丁目14番地の土地に接続した[23][24]。上明大寺町の同地に建設された複合商業施設「オト リバーサイドテラス」もオープンした[25]

駅名

1923年愛知電気鉄道が岡崎に進出した際、岡崎市内には乙川の西側に西岡崎駅(現・岡崎公園前駅)、東側に東岡崎駅の2駅が設置された。西岡崎駅が岡崎公園前駅へ改称された後は対となる駅名が無くなり、中心地にもかかわらず東岡崎駅と名乗ることをいぶかしむ声も聞こえたという[26]。「ひがおか[26]」と略されることがあり、駅周辺地区整備事業の広報媒体にも使用されている[27]

このような経緯によって命名された駅名のため、後にJR東海道本線に新設された西岡崎駅とは無関係である。

駅構造

島式2面4線の地上駅で橋上駅舎を有する。地形の都合上西側が高架となっている。改札口は地下の1ヶ所と橋上駅舎内の1ヶ所の計2ヶ所で、出口は地下改札北口と地下改札南口と橋上駅舎入口の3つ。南口はJR発足後の1989年に地下通路を延長して新設、整備された。

駅のホームの幅はやや狭く、特に名古屋方面のホームは朝ラッシュの時間帯に人でいっぱいになる。売店は名古屋方面のホームに設置されていたが、2008年10月に閉店し自販機コーナーとなった。2006年2月1日に改札口正面に観光案内所が設置された。

のりば
番線 路線 方向 行先 備考
1 NH 名古屋本線 下り 金山名鉄名古屋方面[28] 副本線
2 本線
3 上り 豊橋豊川稲荷方面[28] 本線
4 副本線


北口にある駅ビルは1958年昭和33年)の建造で、2階と3階に岡ビル百貨店が入居している。地域史・絵葉書研究家の生田誠は、『ここだけが時計が止まった感じを受ける』としている[29]

配線図

東岡崎駅 構内配線略図

豊橋方面
東岡崎駅 構内配線略図
知立・
名古屋方面
凡例
出典:[30]


利用状況

東岡崎駅(赤)と岡崎駅(橙:国鉄・JR/青:愛環)の
一日平均乗車人員の推移(出典:愛知県統計年鑑)
  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は37,583人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中4位、 名古屋本線(60駅)中3位であった[31]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は47,500人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中6位、 名古屋本線(61駅)中5位であった[32]
  • 『名鉄時刻表 1990 Vol.7』によると、1989年度下半期の1日平均乗降人員は42,536人であり、この値は名鉄全駅中7位であった。[33]
  • 『名鉄 1983』によると、1981年度当時の一日平均乗降人員は45,864人であり、この値は名鉄全駅中6位であった[34]
  • 『創立70周年記念 今日と明日の名鉄』によると、1960年度当時の一日平均乗降人員は31,523人であり、1963年度の値は41,645人であった[35]
  • 『岡崎市戦災復興誌』掲載の統計資料によると、1948年昭和23年)11月1日 - 1949年(昭和24年)4月30日間の半期における一日平均乗降人員は8,181人であり、この値は名鉄全駅中6位であった[36]

『愛知県統計書』および『愛知県統計年鑑』各号によると一日平均乗車、降車人員は下表のとおり(一部別資料を用いたものは斜線で掲載)。

一日平均乗車・降車人員の推移
乗車人員降車人員乗降人員備考
1923(大正12)年度2582755338月8日開業[37]
1924(大正13)年度5095341043[38]
1925(大正14)年度5625831145[39]
1926(大正15)年度9566971653[40]
1927(昭和02)年度113211702302[41]
1928(昭和03)年度131313622676[42]
1929(昭和04)年度132814182745[43]
1930(昭和05)年度120513032507[44]
1931(昭和06)年度108611282214[45]
1932(昭和07)年度105810922150[46]
1933(昭和08)年度109311172211[47]
1934(昭和09)年度114311652308[48]
1935(昭和10)年度112711632290[49]
1936(昭和11)年度119112322423[50]
1937(昭和12)年度150415093013[51]
1938(昭和13)年度167214773149[52]
1939(昭和14)年度288329815863[53]
1940(昭和15)年度326932096478[54]
1941(昭和16)年度
1942(昭和17)年度
1943(昭和18)年度
1944(昭和19)年度
1945(昭和20)年度
1946(昭和21)年度12458千人単位の年間乗降人員から算出[55]
1947(昭和22)年8348894517293期間は1947年1月 - 12月末。千人単位の年間乗降人員から算出[56]
1948(昭和23)年7495773015224期間は1948年1月 - 12月末。千人単位の年間乗降人員から算出[57]
1949(昭和24)年度7479767415153期間は1949年5月 - 1950年4月末。千人単位の年間乗降人員から算出[58]
1950(昭和25)年度149241486529789期間は1949年11月 - 1950年10月末[59]
1951(昭和26)年度177391723534974[60]
1952(昭和27)年度9605948919094[61]
1953(昭和28)年度9917954719464[62]
1954(昭和29)年度106601065821318[63]
1955(昭和30)年度108971088021777[64]
1956(昭和31)年度11940119713137[65]
1957(昭和32)年度128661291025776[66]
1958(昭和33)年度
1959(昭和34)年度
1960(昭和35)年度31523乗降人員は『創立70周年記念 今日と明日の名鉄』掲載値[35]
1961(昭和36)年度
1962(昭和37)年度
1963(昭和38)年度41645乗降人員は『創立70周年記念 今日と明日の名鉄』掲載値[35]
1964(昭和39)年度
1965(昭和40)年度
1966(昭和41)年度
1967(昭和42)年度
1968(昭和43)年度
1969(昭和44)年度
1970(昭和45)年度
1971(昭和46)年度
1972(昭和47)年度
1973(昭和48)年度
1974(昭和49)年度
1975(昭和50)年度
1976(昭和51)年度
1977(昭和52)年度
1978(昭和53)年度24726[67]
1979(昭和54)年度24395[68]
1980(昭和55)年度24621[69]
1981(昭和56)年度2452045864[70]乗降人員は『名鉄 1983』掲載値[34]
1982(昭和57)年度23623[71]
1983(昭和58)年度23802[72]
1984(昭和59)年度23605[73]
1985(昭和60)年度23396[74]
1986(昭和61)年度23374[75]
1987(昭和62)年度23314[76]
1988(昭和63)年度21628[77]
1989(平成元)年度21549[78]
1990(平成02)年度21640[79]
1991(平成03)年度22265[80]
1992(平成04)年度2242947500[81]乗降人員は『名古屋鉄道百年史』掲載値[32]
1993(平成05)年度22507[82]
1994(平成06)年度22284[83]
1995(平成07)年度22138[84]
1996(平成08)年度21494[85]
1997(平成09)年度20829[86]
1998(平成10)年度20417[87]
1999(平成11)年度20016[88]
2000(平成12)年度19940[89]
2001(平成13)年度19525[90]
2002(平成14)年度19198[91]
2003(平成15)年度18914[92]
2004(平成16)年度18672[93]
2005(平成17)年度19170[94]
2006(平成18)年度18996[95]
2007(平成19)年度18881[96]
2008(平成20)年度18792[97]
2009(平成21)年度18190[98]
2010(平成22)年度182011833136532[99]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2015年版』掲載年間値から算出[100]
2011(平成23)年度182131844536658[101]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2015年版』掲載年間値から算出[100]
2012(平成24)年度183661856636932[102]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2015年版』掲載年間値から算出[100]
2013(平成25)年度186891889437583[103]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2015年版』掲載年間値から算出[100]
2014(平成26)年度185411871237253[104]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2015年版』掲載年間値から算出[100]
2015(平成27)年度190951928938384[105]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2019年版』掲載年間値から算出[106]
2016(平成28)年度194421962639068[107]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2019年版』掲載年間値から算出[106]
2017(平成29)年度197421993339675[108]降車人員、乗降人員は『岡崎市統計書 2019年版』掲載年間値から算出[106]
2018(平成30)年度199122010340015『岡崎市統計書 2019年版』掲載年間値から算出[106]

名鉄の駅の中では、名鉄名古屋駅金山駅栄町駅に次いで、4番目に利用者が多い。名鉄の名古屋市内以外の駅、及び他の鉄道路線と接続していない名鉄の単独駅の中では、最も利用者が多い。

ダイヤ

普通列車の運転系統は一部を除いてこの駅で区切られている。名古屋方面からの列車のうち半分(毎時2本)は行き先と列車番号を変更して国府方面へ向かい、逆に国府方面からの列車は全て(毎時2本)が行き先を変更して名古屋方面へ向かうことになっている。よって、残りの名古屋方面からの列車(毎時2本)だけが東岡崎で折り返す。

2013年現在のダイヤでは、快速特急豊橋行きと普通伊奈行き、特急豊橋行き・急行(準急)豊川稲荷行きと普通東岡崎止め、急行岐阜行き・快速特急新鵜沼行きと普通犬山豊明)行き、急行一宮行き・特急岐阜行きと普通岩倉行き(14時台まで)がそれぞれ緩急接続を行う。

当駅をはさんで準急のまま運転される列車は基本的になく、平日朝の国府行き1本を除き当駅で急行または普通に種別変更する。

1992年から1999年まで午前中の一部の特急(現在の快速特急)は知立駅を通過し、新安城駅にも停車しなかった(別の系統が停車)ため、当駅を出ると神宮前駅までノンストップだった。

名古屋本線神宮前駅以東で事故など何らかのトラブルが発生するとこの駅で打ち切りとなることが多い。

駅周辺

当駅は岡崎市街の南端に位置し、一級河川である乙川を挟んで市街中心部と向かい合う。駅前には、飲食店、商店、事業所等が多数立地し、近隣に岡崎城や六所神社といった観光地があり、宿泊施設も多数存在する。

また、2019年11月2日には駅の北口に飲食店、物販店、ホテル、駐輪場及び駐車場などで構成される複合商業施設オト リバーサイドテラス」が開業した[109][110][111][112]

北口

公共施設・官公署
教育機関
公園・観光地
商業施設
企業
宿泊施設
  • スーパーホテル岡崎
  • 岡崎ニューグランドホテル
  • 岡崎第一ホテル
  • 岡崎第一ホテル イースト館
  • 岡崎シングルホテル
  • グランドイン東岡崎
  • ホテルリブマックス岡崎 (2021年春オープン予定)
その他

路線バス

様々な方面へ向かうバスが発着し、岡崎市最大の交通結節点となっている。

北口

1番のりば(
9番のりば(名鉄バス)
  • JR岡崎駅(光ヶ丘経由)

南口

11番のりば(名鉄バス)
  • 竜美丘循環
12番のりば(名鉄バス)
13番のりば(名鉄東部交通
14番のりば(名鉄バス)
  • 美合駅(商工会議所前・緑丘経由)、緑丘(商工会議所前・上地三丁目経由)、JR岡崎駅(西口)(中之郷経由)
高速バスのりば