東関部屋(あずまぜきべや)は、日本相撲協会の所属で高砂一門の相撲部屋。

概要

1984年5月場所限りで現役を引退して高砂部屋の部屋付き親方となっていた年寄・12代東関(元関脇高見山)が、1986年2月に番付外の2人の内弟子を連れて高砂部屋から分家独立して東関部屋を墨田区東駒形に創設した。外国出身者により創設された史上初の相撲部屋である。12代は同郷ハワイの出身である横綱を筆頭に、小結高見盛などの関取を育て上げた。

2009年6月16日に12代が定年退職を迎えたため、同日付で部屋付き親方である24代小野川(元幕内・潮丸)が13代東関を襲名して部屋を継承した。2012年11月場所後には同じ高砂一門の中村部屋を吸収合併した。

13代継承後も先代からの墨田区の部屋を使用し続けたが、2016年5月31日に、東京都葛飾区柴又に部屋を新築し、2017年6月をメドに移転する予定であることが明らかとなり[1]、その後、2018年1月場所後の1月29日に先の予定より遅れて、現在地の葛飾区に新たな部屋を開設した。新築移転の理由は葛飾区の観光戦略にあった[2]

しかし、13代が2019年12月13日に死去[3]。同月23日の理事会で、同門の八角部屋の一時預かりとなることが決まった[4]芝田山広報部長によると部屋の継承者は審議中で、東関部屋の力士はこれまで通りの部屋施設で稽古や生活をし、部屋付き親方の大山(元幕内・大飛)と振分(元小結・高見盛)が指導を行う。東関部屋の名称は残り、力士紹介の際も東関部屋所属としてアナウンスされる[5]。2020年1月20日、都内で行われた高砂一門の一門会後にマスコミの取材に応じた錦戸(元関脇・水戸泉)は「どうなるか決まった。(発表は)場所後になる」と話した[6]

そして場所後の1月30日、部屋付き親方の16代振分(元小結・高見盛)が14代東関を襲名し東関部屋を継承することが理事会で承認された[7]。また2月3日には部屋付き親方の大山が八角部屋へと移籍した。

所在地