松本 侑子(まつもと ゆうこ、1963年6月17日 - )は、日本小説家、エッセイスト、翻訳家

来歴・人物

島根県出雲市出身[1]島根県立出雲高等学校筑波大学第一学群社会学類政治学専攻卒業。

1985年、テレビ朝日報道製作部に勤め、『ニュースステーション』の初代天気予報担当キャスター、リポーターとして活動。その後1987年「巨食症の明けない夜明け」ですばる文学賞を受賞し、ベストセラーとなる。1988年テレビ朝日を退社、作家活動に専念する。2010年『恋の蛍』で新田次郎文学賞受賞。

小説、エッセイの執筆の他、英米文学からの引用を解き明かした訳注つき全文訳『赤毛のアン』シリーズなど、海外小説の翻訳を手がけている。

エピソード