水害(すいがい)とは、による災害の総称。洪水高潮など水が多すぎるために起こる災害の総称[1]。「水災害(みずさいがい)」や「水災(すいさい)」とも。

洪水、浸水、冠水、(水を原因とした)土石流山崩れ、崖崩れ(がけくずれ)などがこれに含まれる[2][3]

津波による被害は、通常は水害というより「地震災害」の一種と捉えるか、また単独で「津波災害」と括るのが普通である。

[4]


歴史

#歴史に残る水害の節も参照。


分類・種類

洪水 / 高潮などと分類する方法がある。

原因が堤防の外側か内側かで、外水氾濫 / 内水氾濫 と分ける方法もある。

外水氾濫はさらに以下のように分けられることがある。

  • 越堤・溢水(水が堤防からあふれるが、堤防は破壊されず持ちこたえること)[5]
  • 破堤(堤防が決壊すること。堤防(の一部)が破壊されること。特に大量に水があふれ出す。)

雪解け水の増加によるものを「融雪洪水」と分類する。

特に都市部で起きる水害を「都市型水害」や「都市水害」「都市洪水」「都市浸水」などと分類することもある。

水害の原因・要因

気象的要因
地理的・社会的要因
  • 河川の流域、三角州、川の中の島、扇状地河川敷、過去に河川敷であった土地、河川の後背湿地(を利用してしまうこと)
  • 周囲より低くなっている土地(低地)(を利用してしまうこと)
社会的要因
  • 山林の過度の伐採による森林の保水機能の低下
  • もともと冠水しやすく住宅地には不向きな土地を宅地化すること
  • 治水の立ち遅れ
  • 都市化舗装路が増えすぎること。
  • 落ち葉などゴミによる道路の雨水ます(排水口)の詰まり[6]