つしまし
津島市
Tsushimajinja4.JPG
Tsushimatennosai1.JPG
Flag of Tsushima, Aichi.svg
Emblem of Tsushima, Aichi.svg
津島市旗 津島市章
1957年昭和32年)3月1日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
市町村コード 23208-4
法人番号 1000020232084 ウィキデータを編集
面積 25.09km2
総人口 61,264[編集]
推計人口、2020年4月1日)
人口密度 2,442人/km2
隣接自治体 愛西市あま市海部郡蟹江町
市の木 クロマツ
市の花 フジ
津島市役所
市長 日比一昭
所在地 496-8686
愛知県津島市立込町二丁目21番地
北緯35度10分37.4秒東経136度44分28.6秒座標: 北緯35度10分37.4秒 東経136度44分28.6秒
Tsushima city office in Aichi.JPG
外部リンク 公式ウェブサイト

津島市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
津島市中心部周辺の空中写真。
1987年撮影の3枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
駅前から西に延びる天王通り

津島市(つしまし)は、愛知県西部にあるである。海部津島広域行政圏の中心で、国・県の施設も立地する。あいち海部農協と海部東農協の本部も置かれる。名古屋市より西7kmに位置しておりベッドタウンとなっている。

中学校3年生までの医療費完全無料化、18歳までについては所得制限付きで無料化となっており県内でトップクラスの子ども医療費助成制度を実施している。

概要

鎌倉時代から、木曽三川を渡って尾張と伊勢を結ぶ要衝「津島湊」として発展した。また、全国天王信仰の中心地である「津島神社」の鳥居前町として、一時は尾張一豊かな町として知られた。その後、戦国時代織田信定がこの地を押さえて、信長までの織田氏3代の経済的基盤が築かれた。

共通語では「しま」と発音されるが、地元では「つしま」と発音されている。NHKでは、前者を全国向けの発音としつつ、後者の地元の発音も「地元放送局アクセント」として許容している[1]

地理

河川

主な河川

地名

津島市の地名を参照。

人口

Demography23208.svg
津島市と全国の年齢別人口分布(2005年) 津島市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 津島市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

津島市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


隣接している自治体

愛知県の旗愛知県