清洲町駅
MT-Kiyosu Station.jpg
きよすちょう
KIYOSUCHŌ
試験場前 (0.5km)
所在地 愛知県西春日井郡清洲町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 清洲線
キロ程 1.0km(丸ノ内起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1914年(大正3年)9月22日
廃止年月日 1948年(昭和23年)8月3日*
備考 * 1944年(昭和19年)6月10日休止
テンプレートを表示

清洲町駅(きよすちょうえき)は、かつて愛知県西春日井郡清洲町(現・清須市)にあった、名古屋鉄道清洲線廃駅)である。

清洲線の起終点駅であった。

概要

  • 五条川の建設費の問題があり、町の中心地からは五条川の対岸に位置していた。そのため、利用者は橋(五条橋)を渡る必要があった。しかし、名岐線(現・名古屋本線)西清洲駅(現・新清洲駅)より便利なこともあり、枝線の起終点駅であったが、利用者は多かったという。
  • 開業当初の駅名は「清洲駅」であった。「清洲町駅」への改名は、
    • 1914年大正3年)9月22日 : 名古屋電気鉄道の清洲線として須ヶ口 - 当駅間が開業したのにともない、清洲駅として開設。
    • 1921年(大正10年)7月1日 : 名古屋電気鉄道が名古屋鉄道へ路線を譲渡。
    • 1928年昭和3年)
      • 2月3日 : 名古屋鉄道国府宮支線国府宮 - 西清洲間開業。
      • 4月10日 : 国府宮支線丸ノ内 - 西清洲間開業。これに伴い、清洲線の須ヶ口 - 丸ノ内間は国府宮支線などと統合され、名岐線に編入される。清洲線は丸ノ内 - 清洲間の枝線と化す。
    • 1930年(昭和5年)9月5日 : 名古屋鉄道が名岐鉄道に社名変更。
    • 1934年(昭和9年)2月24日 : 清洲駅を清洲町駅に改称する。
    • 1944年(昭和19年)6月10日 : 清洲線が不要不急線となり休止。
    • 年度 乗車人員 降車人員
      1916 75,017 78,537
      1920 137,476 141,095
      1924 175,834 182,688
      1927 183,560 194,025
      1931 129,229 138,146
      • 愛知県統計書各年度版

      その他

      駅跡は、清須市立清洲東小学校付近という。

      隣の駅

      名古屋鉄道
      清洲線
      1. ^ 清水武、田中義人『名古屋鉄道車両史 上巻』、アルファベータブックス、2019年、pp.180-181、ISBN 978-4865988475

      関連項目