犬山遊園駅*
Inuyamayuen.JPG
西駅舎
いぬやまゆうえん
INUYAMAYŪEN
IY15 犬山 (1.2km)
(0.7km) 新鵜沼 IY17
所在地 愛知県犬山市犬山瑞泉寺24番地1
駅番号 IY  16 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 犬山線
キロ程 26.1km(枇杷島分岐点起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1,613人/日
-2015年-
開業年月日 1926年大正15年)5月25日
備考

無人駅

  • 1949年に犬山橋駅から改称。

(0.5km) 成田山


キロ程:0.0km(犬山遊園起点)
廃止年月日:2008年平成20年)12月28日
テンプレートを表示

犬山遊園駅(いぬやまゆうえんえき)は、愛知県犬山市犬山字瑞泉寺にある、名古屋鉄道である。愛知県最北端の駅である。犬山線に属する駅だが、旅客案内上は各務原線にも含まれている[1]。駅番号はIY16。全ての列車が停車する。

歴史

駅構造

相対式2面2線の地上駅である。2020年5月25日から当面の間、終日無人化されている。無人化される前の窓口の営業時間は8:00 - 17:00だった。上下ホーム間は地下道でつながっているが、エレベーターは設置されていない。ホームの北半分は半径290mのカーブ上に位置する。

通常使用されることはないが、犬山橋が不通となった時に備えて1番線から犬山駅方に折り返し可能な渡り線が2018年まで設置されていて、昭和40年代(1960年代 - 1970年代)には当時国道41号線としても利用されていた犬山橋を通行しない形での、当駅止まりの特急が運行されていた。また、2000年代前半までは行楽シーズンや日本ライン夏まつり納涼花火大会、大晦日の臨時列車で当駅発着となり、当駅最寄りの成田山と地下鉄鶴舞線経由の大須観音とを結ぶ電車もあった。現在は花火大会の臨時列車に限り北隣の新鵜沼駅発着で運行されている。

のりば
番線 路線 方向 行先
1 IY 犬山線 下り 名鉄岐阜方面[4]
2 上り 犬山名鉄名古屋中部国際空港方面[4]
  • かつて存在していたモンキーパークモノレール線(動物園方面)にはのりば番号が明記されていなかった。また、駅名標も設置されていなかった。
  • 1番線の新鵜沼(犬山橋)方に設置されている信号機は当駅の出発信号機ではなく、新鵜沼駅の第1場内信号機と表示されている。また、2番線のほぼ同じ箇所(ホーム手前)にある信号機も、場内信号機ではなく閉塞信号機である。
  • 2018年11月下旬に下りホームの犬山方出発信号機、同年12月下旬に犬山方の渡り線の撤去が確認された。2019年4月下旬に上り線3R出発信号機が犬262信号機に変更されたのを確認された。[誰によって?]
  • 犬山線と各務原線を乗り継ぐ場合、当駅での乗り換えを呼び掛けている。犬山駅や新鵜沼駅でも乗り換えられるが、当駅では階段を使うことなく乗り換えることができる。

配線図

犬山遊園駅 構内配線略図

犬山・
名古屋方面
0 0 0 0D22-1
sensd voie bifbg sensd
sensg bifhd voie sensg
0

新鵜沼・
岐阜方面
凡例
出典:[5]

利用状況

  • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は1,502人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中198位、犬山線(17駅)中16位であった[6]
  • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は3,054人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中138位、 犬山線(17駅)中14位、モノレール線(3駅)中1位であった[7]
  • 犬山市の統計によれば、1日平均の乗車人員(降車客含まず)は2014年度(平成26年度)653人、2015年度(平成27年度)724人である。

全列車の停車駅であるが、犬山線の駅では犬山口駅の次に利用者が少ない。ただし、名古屋方面から岐阜方面へ乗り継ぐ場合、犬山駅や新鵜沼駅では階段の上り下りが必要な場合が多いのに対して、当駅であれば同一ホームでの乗り継ぎが可能であるため、改札を通らずに当駅を乗換駅として利用する乗客が一定数いる。

駅周辺

当駅は木曽川犬山市側の河岸にある。明治末期 - 昭和初期から観光スポットとして注目を浴びた。そのため、民宿旅館などがいくつかあるが廃墟も目立つ。近年では住宅が立ち並んでいる。 犬山城へは距離的には犬山駅よりも近いが、城下町などほかの観光ルートとは外れる為、鉄道でのアクセス駅は主に犬山駅になっている。 駅前には数件の飲食店が立ち並び小規模ながら商店街を形成している。