瓢箪山駅*
Meitetsu-Hyoutanyama-Station-for-Sakae.JPG
栄町方面ホームの駅舎(2007年9月)
ひょうたんやま
HYŌTAN-YAMA
ST08 守山自衛隊前 (0.6km)
(1.0km) 小幡 ST10
所在地 名古屋市守山区長栄15-17
駅番号 ST  09 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 瀬戸線
キロ程 7.6km(栄町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 相対式 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,231人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1936年(昭和11年)6月3日**
備考 2006年より無人化。
* 2005年山駅から改称。
**1944年から1946年まで休止。
テンプレートを表示

瓢箪山駅(ひょうたんやまえき)は、愛知県名古屋市守山区長栄にある名鉄瀬戸線。駅番号はST09

歴史

瀬戸線開業時には駅は設置されておらず、付近の住宅開発にあわせ、1936年(昭和11年)6月3日に開業した。名鉄合併前の瀬戸電気鉄道が最後に開業した駅である。

第二次世界大戦中、一時休止されたが、同時期に休止となった他の駅とは異なり、戦後すぐに再開した。

その後、長く無人駅であったが、1981年(昭和56年)に駅舎が建設され駅員が配備されるようになった。しかし、 2006年(平成18年)に駅舎を改築し、駅集中管理システムが導入され、再び無人化された。

年表

  • 1936年昭和11年)6月3日 - 山駅として開業[注釈 1]
  • 1944年(昭和19年)- 休止。
  • 1946年(昭和21年)9月15日 - 復活。
  • 1978年(昭和53年)3月 - 4両編成対応のためホーム延伸
  • 1981年(昭和56年)10月6日 - 新駅舎完成[1]
  • 2005年平成17年)1月29日 - 瓢箪山駅に改称。
  • 2006年(平成18年)12月16日 - 駅舎ホーム改築、トランパス導入、駅集中管理システム稼動、無人駅化[注釈 2]
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 相対式2面2線ホーム地上駅。かつては構内踏切によって両ホームが結ばれていた[2]が、駅集中管理システム導入による駅舎改築によって解消され、現在はホームごとに改札口が独立している。また、かつては有人駅であったが、現在では同システムによって大曽根駅に管理される無人駅である。

    番線 路線 方向 行先
    1 ST 瀬戸線 下り 尾張瀬戸方面[3]
    2 上り 栄町ゆき[3]

    ホーム有効長は、1978年以降4両。ホームは大変狭いものの、急行と準急が高速で通過していくため注意が必要。なお、ホーム上にホーム番号の表示はない。駅構内のトイレは、上りホーム改札口横にある。

    下りホームの駅舎はホームと同じ幅でしかないため、入場処理と出場処理をそれぞれ行なう、扉のない改札機が直列に設置されている。また、同じ理由から自動券売機設備の出入口とホームの出入口が別になっている。

    配線図

    瓢箪山駅 構内配線略図

    尾張瀬戸方面
    瓢箪山駅 構内配線略図
    大曽根・
    栄町方面
    凡例
    出典:[4]


    駅周辺

    主な施設

    • 守山瓢箪山古墳(北300m)
    • 三菱UFJ銀行守山支店(北西150m)
    • 大垣共立銀行守山支店 (北西150m)
    • 名古屋瓢箪山郵便局(南150m)
    • 守山消防署(北東150m)
    • 名古屋市立守山中学校
    • すいどう道緑道
    • 元祖・手羽先風来坊守山店(徒歩1分)
    • 瀬戸街道(愛知県道61号名古屋瀬戸線
    • 最寄のバス停は、瓢箪山で、名古屋市営バス名古屋市交通局)の下記路線が利用できる。

      • 曽根11大曽根(守山自衛隊・矢田経由)/緑ケ丘住宅(守山区役所経由)、印場駅(喜多山・大森経由)
      • 千種13千種駅前(守山自衛隊・矢田・古出来町経由)/緑ケ丘住宅(小幡稲荷公園経由)
      • 守山11・守山巡回新守山駅上飯田
        • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は3,998人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中108位、瀬戸線(20駅)中13位であった[5]
        • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は4,941人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中94位、瀬戸線(19駅)中12位であった[6]
        • 名古屋市統計年鑑によると、当駅の一日平均乗車人員は、以下の通り推移している。
          • 2004年度 1,995人
          • 2005年度 1,951人
          • 2006年度 1,912人
          • 2007年度 1,988人
          • 2008年度 2,010人
          • 2009年度 1,983人
          • 2010年度 2,011人
          • 2011年度 2,011人
          • 2012年度 2,002人
          • 2013年度 2,028人
          • 2014年度 2,018人
          • 2015年度 2,138人
          • 2016年度 2,139人
          • 2017年度 2,153人
          • 2018年度 2,231人

        隣の駅

        名古屋鉄道
        ST 瀬戸線
        急行準急
        通過
        普通

        注釈

        1. ^ 近鉄奈良線瓢箪山駅と同じく、「」は正字("単"の部分が"單"となっているもの。Unicode 7C1E)で表記されていた。
        2. ^ 瀬戸市役所前駅と同様に下りホームが狭いために、バリアフリースロープの設置や改札設備の整備のため、栄町寄りに1両分ホームを延長し、瀬戸寄りのホーム1両分を解体するなど大がかりな工事が必要となり、工事の実施が遅れた。下りホーム側は、駅舎の建設が駅集中管理システムの導入日に間に合わず、木造の仮駅舎を建設し、係員を置いて対応した。駅設備改良工事は、2007年3月下旬に終了した。

        出典

        1. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年。
        2. ^ 宮脇俊三原田勝正 『東京・横浜・千葉・名古屋の私鉄 (JR・私鉄全線各駅停車)』小学館、1993年、231頁、ISBN 978-4093954112
        3. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月24日閲覧
        4. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
        5. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
        6. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

        関連項目