雅子
2019年(令和元年)8月30日撮影
明治記念館にて
第126代天皇后
在位期間
2019年5月1日 - 在位中
令和元年5月1日午前0時0分 - 在位中
皇后 2019年(令和元年)5月1日

誕生 1963年(昭和38年)12月9日(56歳)
日本の旗 日本 東京都港区赤坂葵町(現:虎ノ門
国家公務員共済組合連合会 虎ノ門病院
雅子(まさこ)
旧名 小和田 雅子(おわだ まさこ)
ハマナス
氏族 小和田氏
父親 小和田恆
母親 小和田優美子
配偶者 徳仁
結婚 1993年平成5年)6月9日
子女 敬宮愛子内親王
身位 皇后
(←皇太子妃
栄典
役職 日本赤十字社名誉総裁
皇居
テンプレートを表示
称号: 皇后
Japan Kou(tai)gou Flag.svg
敬称 陛下
Her Majesty the Empress
または
Her Imperial Majesty (H.I.M.)
皇室
Imperial Seal of Japan.svg

天皇 徳仁
皇后 雅子






五衣・唐衣・裳姿で即位礼正殿の儀に臨む雅子。唐衣は皇后のみに許される白地である

雅子(まさこ、1963年昭和38年〉12月9日 - )は、日本の第126代天皇徳仁皇后(在位:2019年令和元年〉5月1日 - )[1]皇族お印ハマナス敬称陛下[2]勲等勲一等宝冠章。旧名は小和田 雅子(おわだ まさこ)。

小和田恆・小和田優美子夫妻の第1女子。皇女子敬宮愛子内親王がいる。

住居は、東京都港区元赤坂赤坂御用地内にある赤坂御所[3]

来歴

生い立ち

1963年昭和38年12月9日外務省職員であった小和田恆、優美子夫妻の長女として東京都港区赤坂葵町(現:虎ノ門)にある国家公務員共済組合連合会虎の門病院にて誕生。出生時は一家で世田谷区桜上水の外務省官舎に居住していた[4]

父の恆が在ソ連日本大使館一等書記官に就任したため、一家で渡露し1歳数か月からソビエト連邦モスクワで過ごす。2歳の終わりごろから同国のモスクワ市立ジェツキサートNo.1127保育園に通園した。当初は慣れない言語や集団生活で泣き出すこともあったが、ロシア語もすぐに上達し、妹たちにロシア語で話し掛けたり、寝言もロシア語で言うほどだったという[5]。このとき、モスクワ市のクツゾフスキー英語版で過ごした。1966年(昭和41年)7月、一家で渡瑞しスイス連邦ジュネーブで過ごす。同地で妹として礼子節子双子が誕生。後年、母の優美子と生後直後の両者はベルンスイス大使公邸に滞在したため、恒と雅子だけモスクワに戻り家政婦と3人での生活を送った。

1968年(昭和43年)5月から、父が国際連合日本政府代表部一等書記官に就任したため、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に一家で渡りブロンクス区ヘンリーハドソン・パークウェイ英語版という郊外で過ごした。この頃から区内のコンドミニアムに家族と引っ越し、同年9月から1年間、ニューヨーク市立第81パブリックスクール(P.S.)付属幼稚園(キンダガーデン)に通園する。1969年9月、市立第81パブリックスクール(P.S. 81-Robert J. Christen School)に入学。この頃からピアノを習得し始め、またこのアメリカ滞在期間中は日本語を忘れないようニューヨーク補習授業校(日本語学校)英語版に通学していた[6]

1971年(昭和46年)3月、父が外務大臣秘書官事務取扱(前任は第87代内閣総理大臣小泉純一郎)に就任したため一家は日本に帰国し新宿区大久保の国家公務員官舎に居住を移転する。目黒区立原町小学校第1学年に編入し、5月には新宿区立富久小学校第2学年に編入する[7]。第67代内閣総理大臣福田赳夫次男・横手征夫一家と毎年冬になると1、2週間スキー旅行をしていた。

義母の上皇后美智子雙葉小学校附属幼稚園に通園していた当時の担任教師が開設した塾に通い、編入学試験の勉強を一年する[8]1972年(昭和47年)4月、田園調布雙葉学園田園調布雙葉小学校の3年生に編入学する[注釈 1]生物部に所属し卒業文集に「将来は獣医になりたい」と記した。この頃から江頭豊宅(目黒区南)にて同居をはじめる。1975年(昭和50年)4月、田園調布雙葉中学校に進学し自らソフトボール部を結成し活動した[9]1978年(昭和53年)4月、田園調布雙葉高等学校に進学。

1979年(昭和54年)7月から父が在米日本大使館公使に就任したため、1985年(昭和60年)6月までの6年間米国のマサチューセッツ州ボストンへ一家で移住する。

1979年(昭和54年)より、ボストン市郊外のベルモント市にあるマサチューセッツ州立ベルモント・ハイスクールへ11年生(日本の高校2年生に相当)として転入学し2年間通学し、ソフトボール部と数学クラブに所属した。High Honor student (最優等学生)と認められ、アメリカ政府が米国全体の上位5%の生徒に贈る「ナショナル・オーナー・ソサイティー」National Honor Society(NHS)を受賞し在学中、地元紙が年に数回掲載する「成績優秀者」の欄に常に登場していた。また、ドイツ語科において、ドイツ政府運営のドイツ総領事賞及びゲーテ・インスティトゥート賞(Goethe-Institut)を受賞するなど、語学活動にも熱心だった[10]。この期間、高校(12年生)から大学1年にかけて講談社がアメリカで編集製作していた『エンサイクロペディア・オブ・ジャパン英語版』(英語版日本百科事典)の編集を手伝う(編集責任者・板坂元)。

1981年(昭和56年)、同ハイスクールを卒業する。

同年、ハーバード大学経済学部に入学。国際経済学専攻。ハーバード大学のほかイェール大学プリンストン大学などアイビー・リーグ校を受験したが、「日本で就職するには名前の通った大学がいい」と考え進学した。恒が在ソ連特命全権公使に就任したため雅子1人を残し、一家はロシア連邦のモスクワに引越す。在学中は、心身障害児の運動指導[11]フランス語のサークルに参加した。また、1学次時に日本文化クラブ(ジャパニーズ・カルチャー・ソサエティー)を自ら創立し、1年次の時に書記を担当、2年次で副会長、3年次には会長を務める。同大学のライシャワー教授などの著名人を招待しての講演会、浮世絵の紹介、黒澤明監督作品などの日本映画上映、習字・折り紙の紹介、日本食の試食会、ダンスパーティーなど日本文化を紹介するイベントを企画していた。さらに学生評議会の広報担当もしゴードン教授の助手として日本現代史関係の資料研究を手がける。1年次の夏休みにはドイツのゲーテ・インスティチュートで2か月滞在しドイツ語の特訓をし[12]、2年の夏休みにはフランスのグルノーブル大学フランス語夏期講座に参加するなど外国語の活動も活発だった。

雅子が日本で教育を受けた期間は計9年4か月であり、海外で教育を受けた期間は計9年と、若干多く日本の教育を受けたこととなる[13]。また、初等教育中等教育(小学校1学年3学期 – 高等学校1学年1学期)は日本で生活し義務教育を受けているため、厳密な意味での帰国子女ではない。

外務省職員時代

1985年(昭和60年)6月、ハーバード大学を卒業する[13]。専攻は数理経済学卒業論文『External Adjustment to Import Price Shocks : Oil in Japanese Trade(輸入価格ショックに対する外的調節:日本の貿易における石油)』(糠沢和夫真野輝彦榊原英資協力)。成績優秀な学生に贈られる「Magna Cum Laude(マグナ・クム・ラウデ、優等賞)」を受賞した[13]。1985年の卒業生は大学全体で1681人であり、「マグナ・クム・ラウデ」を受賞した学生は全学年を合わせて55人、雅子が在籍した経済学部では3人だった。卒業論文の指導教官だったジェフリー・サックス(理論経済学者)は、「卒論のテーマは、70年代80年代オイルショック後の日本の貿易政策で、輸出を増やし石油を輸入した日本のやり方を分析した。彼女のコンピューター分析は、特に学部生としては高度なものだった。夜遅くまでコンピューターにかかりきりだった姿は忘れません」といった評価をした。また、指導したエズラ・ファイヴェル・ヴォーゲル教授(『ジャパン・アズ・ナンバーワン』著者)は、「彼女は非常にプロフェッショナルな意識が強い女性で、よく勉強しました」と評している[14]

1986年(昭和61年)、米国から帰国後の4月に東京大学法学部第3類(政治コース)[15]の3学年に外部学士入学する[13]。100名中3名の合格であった[16]。雅子は皇太子徳仁親王(当時)との婚約内定後にこの事を振り返り、「米国に残ったら根無し草になってしまうような気がして日本に帰りたかった」と語っている。東大在学中の学友には工藤雪枝などがいる[17]

スウェーデン特命全権大使村角泰の娘が外交官になったことに刺激を受けて外交官を志し[18]、同年10月に外務公務員上級採用I種試験(外交官試験)に合格し、外務省入省が決まる[13]。合格者は28名でうち女性は3名であった[19][20]渋谷区広尾の公務員官舎に居住し始める。

1987年(昭和62年)に東京大学を中途退学し、外務省に入省。「経済局国際機関第二課」に配属された[13]。この頃から東京都目黒区にある小和田・江頭両家の二世帯住宅に居住し始める。

1988年(昭和63年)から外務省の研修留学として、オックスフォード大学ベリオール・カレッジに留学[13]在イギリス日本国大使館付)。国際関係論を専攻し学部長のアダム・ロバーツ教授の研究室で、日本の国防産業(軍需産業)や次期支援戦闘機選定問題(FS-X問題)についてよく語っていた。ホリウェル・マナー寮にはほとんど滞在せずフランスパリの両親宅(OECD大使邸)にいた。その頃より、皇太子妃候補と報道され、大学にまで日本からのマスコミが押しかける騒ぎとなった。同年7月9日から11日に第16回先進国首脳会議(G7ヒューストンサミット)の半導体市場開放問題担当海部俊樹通訳の一人として小和田恆とともに父子で米国に出張。

1990年(平成2年)6月に研修留学から帰国、7月1日付で「北米局北米二課」に配属された[13]。経済局国際機関第二課配属・OECD(経済協力開発機構)の担当をしたのは1年4か月、北米局北米第2課勤務は2年8か月。総計して、外務省での職歴は5年10か月(留学期間を省くと4年)である。配属の2日目は徹夜で業務をこなし、その後も徹夜は無いが週に3日は帰宅が午前様になるなど激務であった[21]1991年(平成3年)3月には、スウェーデン首相イングヴァール・カールソンの歓迎夕食会に通訳で出席。同月11日に港区外務省飯倉公館で行われた米国国務長官ジェイムズ・ベイカーと当時の外務大臣渡辺美智雄竹下登中曽根康弘の会談の通訳など、語学力を生かして幅広く活躍した。

皇太子徳仁親王との婚約・結婚の儀

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀
お印に選ばれたハマナス

当時、皇太子徳仁親王の配偶者選考は大きく三種類のルートによって行われた。一つ目は、「天皇明仁(現・上皇)の成婚時に名前の挙がったお妃候補のリストをもとにその娘について追跡調査する」というもの、二つ目は「明仁天皇の学習院初等科時代以来の学友グループ・郁沃会を中心にその子女を考査する」というもの、最後の三つ目は「皇太子自身の交友範囲、個人的な交友関係・友人知人および親戚などの知り合いから好ましい女性を探す」というものだった[22]

雅子は最後のルートから浮上し、1986年(昭和61年)10月18日に来日したスペイン国王カルロス1世の長女、エレナ王女の歓迎レセプションに出席した時に徳仁親王と知り合う[23]。このパーティーは小和田条約局長令嬢として参加したにすぎなかった。同年11月に寛仁親王が名誉総裁を務めていた日英協会主催のパーティーで顔合わせをする。同年12月に、東宮御所で催された内輪の茶会(年越し会)に一家で招かれる。出席者は外務省関係者やハーバード大学教授・広中平祐同夫人など学者家族と、皇太子明仁親王同妃美智子、皇孫徳仁親王(いずれも当時)を囲み約2時間歓談した。

1987年(昭和62年)4月上旬、日英協会のパーティーで徳仁親王と再会する。4月下旬、高円宮家の宮務官から電話で招待され[24]赤坂御用地高円宮邸の茶会に雅子ほか数名のお妃候補が招かれた。高円宮同妃と徳仁親王と歓談、夕食を共にした。同年10月24日、東宮御所で夜の茶会が催され、徳仁親王、徳仁親王の学友で旧皇族賀陽宮家の賀陽正憲と3時間ほど歓談した。同年12月9日、24歳の誕生日に皇太子からの花束が東宮事務官を通じて小和田邸に届けられる。

1991年平成3年)9月、東京芸術劇場で開かれた中村紘子のチャリティーコンサートの打ち上げの席に、高円宮家が雅子と母の優美子を招待する[25]1992年(平成4年)8月16日、すでに皇太子になっていた徳仁親王と柳谷謙介宅にて5年ぶりに再会する。平成5年の誕生日記者会見で、「警備なしという極めて無防備な状態ではあったわけですけれども、それをする価値は十分にあったという、このことに関してはそういうふうに思っています」と述べている[26][27]。「鴨場でのデート」も話題になった。柳谷が再説得に乗り出すとともに、皇太子徳仁親王から電話での説得が行われており、11月中旬、悩みから外務省を体調不良で10日ほど休む[28]。同年10月20日には、「(雅子の)気持ちが決まらない」という趣旨で小和田家サイドから断りの返事がされるが[29]、同年12月12日に皇太子徳仁親王からの求婚を受諾している[23][注釈 2]。その他の有力候補には今上天皇の学友で元華族男爵明石元紹の長女がおり、1988年(昭和63年)秋の秋篠宮文仁親王のダブル婚約の動きがあったが明石家の辞退でこの話は立ち消えた。その後最も有力といわれた妃の候補には旧皇族久邇邦昭の長女(香淳皇后の大姪)がおり、数回見合いをして電話やファックスのやり取りを重ね前年には久邇家も当人も了承し内定寸前まで話が進んだが、皇太子自身が小和田雅子への思いを捨てきれず結局は破談となった[30]

1993年(平成5年)1月19日皇室会議にて「皇太子徳仁親王妃」に内定し、記者会見を行う。「ハーバード大卒で外交官」といういわゆる「キャリアウーマン」であること等が世間の注目を受けた。同年2月をもって外務省を退職。同年4月12日納采の儀(婚約)を経て、同年6月9日に「皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀」が執り行われた。「結婚の儀」のテレビ中継の最高視聴率は77.9%(午前10時12分(JST)に記録。ビデオリサーチ・関東地区調べ、NHK総合民放を合わせた総世帯視聴率)[31]を記録した。成婚パレードには沿道に19万人の市民が集まり、テレビ中継放送の最高視聴率は79.2%(パレード終了直後の午後5時21分(JST)に記録。ビデオリサーチ・関東地区調べ、NHK総合と民放を合わせた総世帯視聴率)[31](資料によっては79.9%[32])を記録した。6月17日に皇太子妃雅子の名が皇統譜に登録された。

1990年代1993年(平成5年)頃)に皇太子妃になる小和田雅子の愛車がトヨタ・カローラIIであると報道され、販売台数が爆発的に増加した。

成婚を記念して京都府より献上されたバラ「エグランタイン・マサコ」(2010年

皇太子妃時代

皇太子妃時代の雅子(2002年・平成14年)

1994年(平成6年)11月にサウジアラビアオマーンカタールバーレーン、そして1995年(平成7年)1月にクウェートアラブ首長国連邦ヨルダンにおける皇太子徳仁親王の公式訪問に同行した[33]

1996年(平成8年)5月、米国のニューズウィーク誌が「日本の雅子皇太子妃は、伝統の中で能力を発揮できない」という主旨の記事を掲載する[34]。同年12月の誕生日記者会見には単独で応じ、以後2002年(平成14年)まで6回、単独会見を開いている。

1999年(平成11年)12月10日朝日新聞が朝刊一面で皇太子妃雅子の懐妊の兆候をスクープ報道する[35]宮内庁および同東宮職は複数回に亘り、過熱報道の自粛を要請した。皇太子妃雅子は12月23日天皇誕生日一般参賀には出席したが、その後12月30日稽留流産の手術を受けたと発表された。古川清東宮大夫・川口政行東宮侍医長・医師の岡井崇が記者会見を開き、懐妊が早期から大々的に報道され雅子妃に心労を与えたことを批判する一方、海外訪問[36]との因果関係については否定した[37]。また、過度の報道に対して徳仁親王は遺憾の意を表明した[38]2000年(平成12年)2月から、公務に復帰する。

2001年(平成13年)4月16日に懐妊の可能性が発表された。同年5月15日に懐妊が正式に発表された。同年12月1日に第一皇女子・敬宮愛子内親王が誕生。世継ぎ問題のプレッシャーがかかる中、結婚から8年余りでの第一子誕生だった[39]

2002年(平成14年)12月、皇太子徳仁親王とともに夫妻で、ニュージーランドオーストラリア両国を公式に親善訪問した[40][41]

2003年(平成15年)12月3日に帯状疱疹を発症し、公務を休み療養した[42]

2004年(平成16年)5月、夫の徳仁親王が訪欧を前にした記者会見で「雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」と発言[43]。海外育ちで国際派と見られていた皇太子妃雅子と、伝統と慣習に厳格な宮内庁との間で不和があることをうかがわせた。この発言は「人格否定発言」と呼ばれ、大きな反響を呼んだ。同年6月、適応障害の医師の診断を受け、療養に入る[44]

2006年(平成18年)8月17日から31日まで、オランダ王室のベアトリクス女王(当時)の好意で、療養のためオランダ王国へ夫の皇太子徳仁親王と長女の敬宮愛子内親王(当時4歳)と共に一家で旅行し海外静養した[45]オランダをはじめベルギールクセンブルク王族と交流した。

2010年(平成22年)3月以降、学習院初等科学校生活内で問題を抱えた長女の敬宮愛子内親王を母親として気遣って登下校に付き添うようになり[46]、外出の機会が一時期増加した。

2013年(平成25年)4月28日、皇太子同妃はオランダ王国政府からの招待を受け同国の公式訪問が実現し、30日に同国首都アムステルダムにある新教会で国王ウィレム=アレクサンダーの即位式に出席した [47]。海外公式訪問は、夫妻で2002年(平成14年)にニュージーランドオーストラリアを訪問して以来約11年ぶり。 同年10月12日、全国障害者スポーツ大会の開会式に10年ぶりに出席した[48]

2014年(平成26年)7月15日、武蔵陵墓地に12年ぶりに参拝、7月29日に伊勢神宮に20年ぶりに参拝した[49]。8月3日には全国高等学校総合体育大会に12年ぶりに出席、皇太子一家で競技を観戦した[50]。同年10月29日オランダ国王夫妻歓迎行事に出席(5年ぶり)[51]。宮中晩餐会には11年ぶりに出席した[52][53]

2015年(平成27年)7月2日-6日、トンガを公式訪問し、4日に国王トゥポウ6世戴冠式に参列した[54]。続く昼食会では、ウルカララ王太子同妃夫妻らトンガ王族と交流を持った。5日には在留邦人らとの懇談の場に参加した[55]。同年11月12日、赤坂御苑で開かれた秋の園遊会に出席した。(12年ぶり)[56]

2017年(平成29年)6月16日、天皇の退位等に関する皇室典範特例法公布、同年12月1日開催の皇室会議(議長:安倍晋三内閣総理大臣)及び12月8日開催の第4次安倍内閣の定例閣議で同法施行期日を規定する政令が閣議決定され、夫の皇太子徳仁親王(当時)が2019年5月1日に皇位を継承して第126代天皇に即位し、上皇后となる義母の皇后美智子(当時)に代わって自身が立后する日程が確定した。

皇后時代

天皇徳仁と皇后雅子(即位前、皇太子夫妻時の2018年撮影)
即位の日の天皇徳仁と皇后雅子

2019年(平成31年)4月30日天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づく代替わりで義父の第125代天皇・明仁が退位する。

翌(令和元年)5月1日に夫の皇太子徳仁親王が皇位継承して第126代天皇に即位した。これに伴い、義母の皇后美智子上皇后となり、自身は立后し[1]、同日の皇居正殿・松の間での「即位後朝見の儀」に皇后として出席した。

同年5月22日東京都渋谷区明治神宮会館で開催された「令和元年全国赤十字大会」に日本赤十字社新名誉総裁として、同名誉副総裁の文仁親王妃紀子(皇嗣妃)、正仁親王妃華子寛仁親王妃信子憲仁親王妃久子と共に出席した。皇后雅子は同役職を、退任した上皇后美智子から引継いだ[57]

同年8月7日、東京都港区東京プリンスホテルにて行われた「第47回フローレンス・ナイチンゲール記章授与式」に日本赤十字社名誉総裁として、名誉副総裁の文仁親王妃紀子(皇嗣妃)、正仁親王妃華子寛仁親王妃信子憲仁親王妃久子と共に臨席し、2名の同記章受章者への記章授与を行った[58]

日本における子供の貧困率の高さ(約14%と、先進国の中でも特に高い)に強い関心と憂慮を持つ事に加え、皇后雅子は2018年に「最近、国内では子供の虐待や子供の貧困など、困難な状況に置かれている子供たちについてのニュースが増えているように感じており、胸が痛みます。世界に目を向けても、内戦や紛争の影響が、特に子供を始めとする弱い立場の人々に大きく及んでいる現状を深く憂慮しております」と述べ、新型コロナ流行の影響が経済的に深刻化してきた2020年4月、天皇陛下は「子供の未来応援基金」に「お手元金」と呼ばれる、天皇家の私的財産から出された5000万円を寄付した[59][60]

その他、夫天皇との夫妻での公務等の活動歴については、主に「徳仁#天皇時代」を参照。

年譜

雅子のオックスフォード大学留学時に滞在していた同大学の学生寮。