監督(かんとく)とは、多くの事柄や人々・組織など見張ったり、指図をすることで取り締ることである。転じて、それらを行う人や組織のこともいう。

分野

スポーツ

各種スポーツにおいて全体の指示や作戦を立てる責任者、または責任者の呼称。

団体競技や個人競技においては選手個々の強化や手本などを示し、コーチの役目を兼任する場合もある(英語のcoach、head coachは、多くのスポーツにおいて日本語で言うところの「監督」の役職に相当する。監督に相当する役職にmanagerの語を当てるのは、野球やサッカー(クラブチーム)などに限られる)。

一方で役割分担が明確な場合は監督業務とコーチ業務は異なる者がそれぞれを担い、一般的にはコーチは監督の指示や方針のもとに行動することとなる。一軍と二軍等に分かれるスポーツチームにおける二軍監督は、単に自らの指揮する二軍等を勝利に導くのではなく、一軍の勝利のために選手の育成・調整を行う場を用意する役目であり、チーム全体の監督の指揮下にあるコーチと同種の職種である。監督の上にクラブ全体を統括する「総監督」またの名を「ゼネラルマネージャー」を置くクラブも存在する。

名のある選手が引退後、その豊富な競技経験や知識を活かして、かつての名選手が監督となる事例が多い。一方で、カルロス・アルベルト・パレイラ山下正人のように、選手としての実績がなくても、監督やコーチとしての才能を開花させる例もある。

興行色の強いスポーツであるプロレスでも、長州力二上美紀子のように現場監督の肩書き・通称を持っている者がいる。マッチメイクアングル作成に携わる役職であり、後述の「文化における監督」に相当する。

産業

  • 監督員(建設) - 工事の注文者の代理として、注文者の代わりに契約の相手方である請負人との契約の履行についての事務を行う者。また、契約の相手方である請負人の工事の施工について、立会、検査、試験等を担当する。