福引き 前川清 武田鉄矢 特別公演 (17765998438).jpg

福引(ふくびき)とは、「当たり」や「はずれ」、または景品の種類を定めたくじを引き、当たった場合は景品などを配るという、遊戯的な性格をもった抽選である。

歴史的には、702年聖武天皇正月に布などを景品として短冊を引く余興を行ったのがはじまりとも言われている[1]。また、年初にその年の吉兆を占うため、2人で1つのを引っ張り合い、どのようにちぎれるかを見る縁起かつぎとの関連も指摘されている[1]

今日では、商店街の販売促進の一環や祭りの出し物として、くじ引き抽選器(ガラガラ、ガラポン)[2]を用いて行われることが多い。

なお刑法に富くじ販売・取次・授受罪刑法187条)があるが、一般に福引の形態は券そのものを販売するのではなく買物時などに無料配布されるもので落選者が財産を失う関係にないから刑法の「富くじ」には該当しない[3]。しかし、くじが有料で販売されたもので、それにより落選者が財産を失う関係にある場合には刑法に抵触するおそれがある[3]。例えば事前に抽選券を販売してその販売価格を上回る景品が一部の者にのみ当たるという形式をとることは、刑法で禁じられている富くじ行為に該当するおそれがある[4][5]

脚注

  1. ^ a b 稲垣史生「福引」『日本大百科全書』、JapanKnowledge Lib(オンライン版)、アクセス日:2018-01-04。
  2. ^ ガラポン
  3. ^ a b 質疑応答集”. 東京都大田区. 2019年8月13日閲覧。
  4. ^ 目玉の福引き券、実は違法? 伊万里えびす祭 西日本新聞
  5. ^ 刑法上「富くじ」? えびす祭くじ引き中止 佐賀新聞

関連項目