第一高等学校(一高)
創立 1886年明治19年)
所在地 1935年まで
東京市本郷区向ヶ丘
(現:東京都文京区

東京市目黒区駒場町
(現:東京都目黒区駒場)
初代校長 木下廣次
廃止 1950年(昭和25年)3月24日
後身校 東京大学、千葉大学
公式ウェブサイト 第一高等学校ホームページ
旧一高本館(1935年建築)。現:東大駒場Iキャンパス1号館

第一高等学校(だいいちこうとうがっこう、英語: First Higher School, Japan)は、現在の東京大学教養学部および、千葉大学医学部、同薬学部の前身となった旧制高等学校である。「旧制一高」とも呼ばれる。

概要

旧制一高は、旧制高等学校の中でも早い時期に創設されたナンバースクールの先駆けであり、1886年(明治19年)に、日本の近代国家建設のため必要な人材の育成を目的として第一高等中学校として創設された。

校名が第一高等学校に改称された1894年(明治27年)以降、一高の修学期間は3年となり、帝国大学予科と位置付けられた。一部は法学政治学文学、二部は工学理学農学薬学、三部は医学であった。また、1921年以降は、文科甲/乙/丙類、理科甲/乙類という分類となる。

一高の卒業生の多くは東京帝国大学へ進学し、戦後、GHQの指導による学制改革に伴って1950年に廃止されるまで、全国から集まった優秀な学生と一流の教授陣により、一高は総計18,633人の卒業生を輩出し、政界、官界、財界、学界などあらゆる分野でエリートとして活躍する有為な人材を世に送り出した。

一高の特色としては、1890年代から始まった、学生による自治制度と、皆寄宿制度(全寮制)が挙げられる。学校における学問の他に、寮室における先輩・後輩、文科生・理科生の別なく、議論を交わし、友情を深め、啓発・刺激し合った関係から、さらに有為な人格が形成されていった。

一高では生徒訓育を目的に、倫理講堂正面に文人の代表として菅原道真の、武人の代表として坂上田村麻呂肖像画が掲げられていた[1]

一高の廃止後、その校舎や組織は、新制東京大学教養学部前期課程(2年間)に組み込まれた。このため、東京大学駒場キャンパスにおいては、現在でも旧制一高時代の校舎や「一高」と刻まれたマンホールの蓋を見ることができるほか、駒場キャンパスの正門には、ローマ神話の女神ミネルヴァの「文」を意味するオリーブ(橄欖)と軍神マルスの「武」を表す柏葉を象った文武両道を表した一高の校章がはめられている。

一高生の出身校

小学校

明治期大正期、現在までに百年来の歴史を持つ文京区誠之小千代田区番町小麹町小の各小学校には、都下の有力者の子弟が学区を超えて集まり、その多くが「一高 - 帝大」コースを歩んだ[2]。これは当時、学区である文京区西片や千代田区番町麹町に居を構えることが日本を代表する最高の「エスタブリッシュメント」であったことから、選抜試験を施さない公立小学校でありながら、これら三つの小学校は「御三家」と呼ばれ、帝大教授の子弟や貴族院議員の係累、子爵の末裔まで、およそ日本の上流階級が好んで集ったからである[2]

中等学校

下の表は、1907年(明治40年)に旧制第一高等学校に入学した学生の出身中学校(旧制)別ランキングを一高への入学者数が多い順に上位12校まで示したもの、および1934年 - 1942年(昭和9年 - 昭和17年)の間に同高に入学した学生の出身中学校別ランキングを、同様に多い順に上位12校まで示したものである[3]

エリートの代名詞として「一中 - 一高 - 帝大」などと喧伝された官公立の東京府立第一中学校(現・都立日比谷高校)や東京府立第四中学校(現・都立戸山高校)、官立では東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大附属中・高)、私立では、明治期までは独語試験の一高三部(医科)に多数の合格者を送り出していた獨逸学協会中学校(現・獨協中・高)が一中などと合格者数首位争いを演じ、早稲田中学校(現・早稲田中・高)や開成中学校(現・開成中・高)などが、多くの生徒を一高に送り込んでいたことが分かる。下表には挙がっていないが、日本中学校(現・日本学園中・高)、大成中学校(現・大成高)、順天中学校(現・順天中・高)なども知られていた。

また、明治の一時期において、10年間程度の短期間ではあるが、一部の官公立(後に一部の私立も含める)旧制中学校の成績優秀な生徒に対して、無試験(のち一部科目免除の試験に改定)で一高をはじめとするナンバースクールへ入学できる特権的な推薦枠(連絡)が用意されていた[4]

沿革

900番教室
特設高等科(101号館)