葛飾北斎画:『北斎漫画
『節分の鬼』豆撒き
『吉田神社追儺』 - 都年中行事画(1928年

節分(せつぶん、せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。節分とは「季ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

太陰太陽暦(旧暦)では、立春に最も近い新月を元日とし、月(太陰)の満ち欠けを基準(月切)にした元日(旧正月)と、太陽黄経を基準(節切)にした立春は、ともに新年ととらえられていた。したがって、旧暦12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、ともに年越しの日と意識されていたことになる。今も節分を「年越し」「年取り(数え年とは、生まれた日を1歳とし、誕生日に関係なく新年に皆が年を取る数え方)」と呼ぶ地域があるのはこの名残である。

本項目では、立春の前日、およびその日に行われる伝統的な行事について述べる。

一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。これらは、地方や神社などによって異なってくる(後述)。

概要

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると信じられていたため、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われていた。

宮中での年中行事であり、『延喜式』では、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾っていた。

「土牛童子」ともいわれ、大寒の日の前夜の夜半に立てられ、立春の日の前夜の夜半に撤去された。『延喜式』によれば、土偶(土人形の意)も土牛も、各門での大きさは同じで、土偶は高さ2尺で、方1尺5寸・厚さ2寸の板に立てる。土牛は高さ2尺・長さ3尺で、長さ3尺5寸・広さ1尺5寸・厚さ2寸の板に立てる。陽明門および待賢門には、青色のものを、美福門朱雀門には、赤色のものを、郁芳門皇嘉門殷富門および達智門には、黄色のものを、藻壁門および談天門には、白色のものを、安嘉門および偉鑒門には、黒色のを、立てる。『公事根源』十二月には、「青色は春の色ひんかしにたつ赤色は夏のいろ南にたつ白色は秋のいろ西にたつ黒色は冬の色北にたつ四方の門にまた黄色の土牛をたてくはふるは中央土のいろなり木火金水は土ははなれぬ理有」とある。

これは、平安時代頃から行われている「追儺」から生まれた[1]。元中国から伝わったこの行事は日本に定着していき、現在の節分の元となった [2]

続日本紀慶雲三年十二月の条によると706年にこの追儺が始まり(「是年天下諸国疫疾百姓多死始作土牛大儺」とある)、室町時代に使用されていた「の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となって行った。

近代、上記の宮中行事が庶民に採り入れられたころから、当日の夕暮れ、の枝にの頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てておいたり、寺社で豆撒きをしたりするようになった[1]

日付

節分の日付(未来は予測)
4で割った余り
1 2 3 0
1873年 - 1884年 3日 3日 3日 3日
1882年 - 1900年 2日 3日 3日 3日
1901年 - 1917年 3日 4日 4日 4日
1915年 - 1954年 3日 3日 4日 4日
1952年 - 1987年 3日 3日 3日 4日
1985年 - 2020年 3日 3日 3日 3日
2021年 - 2057年 2日 3日 3日 3日
2055年 - 2090年 2日 2日 3日 3日
2088年 - 2100年 2日 2日 2日 3日
2101年 - 21??年 3日 3日 3日 4日

現在は毎年2月3日であるが、これは1985年から2020年までに限ることであり、常にそうではない。

1984年までは、4年に1度の閏年2月4日だった。2021年からは閏年の翌年に2月2日になる。グレゴリオ暦での最初の節分となった1873年から22世紀初頭までの具体的な日付は表のようになる(重複している年はどちらの欄を使っても正しい日付が出る)。数十年のスケールで徐々に前倒しになってくるが、4で割り切れても閏年とならない1900年、2100年、2200年.....の翌年に1日遅れて帳消しとなる。

立春の前日であり、立春は太陽黄経が315度となる日である。このように、間接的に天体の運行に基づいているので、日付は年によって異なり、また未来の日付は軌道計算に基づく予測しかできない。なお厳密には、基準とする標準時によっても異なるが、日本以外では祝う風習がないので、旧正月のように国による日付の違いが話題となることはない。

年内節分

太陰太陽暦では、19年に7回閏月を加え閏年とするため、年末に立春を迎えることがある。それに伴い節分も年内となる。これを年内節分という。

九星

暦注において、年の九星は立春をもって切り替わるので、節分までは前年の九星となる。

歴史

ルーツは中国にあるといわれる。追儺(ついな)、鬼遣(おにやらい)などという、災いをもたらす鬼を打ち払う儀式が、日本にも伝わったとされる。平安時代の女流作家・藤原道綱母(ふじわらの みちつなのはは)が著した「蜻蛉(かげろう)日記」には、900年代の人々が鬼遣に興ずる様子が描かれている。室町時代には形を変えてをまくようになったが、これは「魔滅」(まめ)に由来する。鬼の目である「魔目」(まめ)を滅ぼす力を持つ「魔滅」すなわち「」なのだ。なんだか駄洒落のようだが、日本人は古来言霊の存在を信じ、言葉に霊力と意味を与えてきたのだ。それに豆は「五穀」(ひえあわ)のひとつであり、農耕民族である日本人の生活に欠かせないもので、力が宿るとされてきた。これを穀霊信仰という。だからこれら五穀神事にも使われ、中でも神聖な存在として、を払う力を持っていると信じられていたのだ。[3]

中国から伝わった追儺(ついな)や鬼遣(おにやらい)は当初、年越し儀式だった。やがて季節の分かれ目である節分の中でも、立春の前日に行われるようになったが、この時期はまだまだ寒い。そして季節が移ろう時期は体調を崩しやすい。ちょっとした風邪から大病につながったり、深刻な病をもたらすこともある。そんな病魔を、人々は鬼、あるいは疫鬼として恐れた。

豆まき

神社における豆撒きの様子
家庭の豆撒きで使用する豆とお面

邪気を追い払うためとして、古くから豆撒きの行事が執り行われている。

文献に現れる最も古い記録は、室町時代の応永32年(1425年)正月8日(節分)を記した2文書である。宮中の『看聞日記』には「抑鬼大豆打事、近年重有朝臣無何打之」とあり[4]、室町幕府の記録『花営三代記』には「天晴。節分大豆打役。昭心カチグリ打。アキノ方申ト酉ノアイ也。アキノ方ヨリウチテアキノ方ニテ止」とある[5]ことから、この頃既に都の公家武家で豆まきが習わしになっていたことがわかる。

その20年後に編纂された辞典『壒嚢鈔』(1445年または1446年成立)巻一の八十三「節分夜打大豆事」には、宇多天皇の時代(867年-931年)、鞍馬山の僧正が谷と美曽路池(深泥池)の端にある石穴からが出て来て都を荒らすのを祈祷し、鬼の穴を封じて三石三升の炒り豆(大豆)で鬼のを打ちつぶし、災厄を逃れたとする由来伝説が記されている[6]

豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある[1]

豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところもある。初期においては豆は後方に撒くこともあったと言う。

方法

豆をまく際には掛け声をかける。室町時代の相国寺の僧侶、瑞渓周鳳の日記である『臥雲日件録』の文安4年(西暦1448年)12月22日の記述には「散熬豆因唱鬼外福内」とある[7]ように、掛け声は通常「鬼は外、福は内」である。

しかし、地域や神社によって異なる場合がある。鬼を祭神または神の使いとしている神社、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」としている[1]。奈良県吉野町の金峯山寺で行われる節分会では役行者が鬼を改心させて弟子にした故事から「福は内、鬼も内」としている[8]。また新宗教大本は鬼神を「艮の金神国常立尊)」と解釈しているので、同じく「鬼は内」とする[9]。「鬼」の付く(比較的少数だが「鬼塚」、「鬼頭」など)の家庭もしくは鬼が付く地名の地域では「鬼は内」の掛け声が多いという。山形市の鳥海月山両所宮でも鬼の字が姓に含まれる世帯もあることから、掛け声を「鬼は外、福は内」だけでなく「福は内、鬼も内」としている[10]。大名九鬼家の領地でも、藩主に敬意を表して「鬼は内」としている[11]。また、丹羽氏が藩主であった旧二本松藩領内の一部では「鬼は外」と言うと「おにわそと」転じて「お丹羽、外」となるため、それを避けるために「鬼、外」と言う所がある[12]

使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆炒り豆)である。豆を神棚に供えてから撒く地方もある。炒り豆を使用するのは、旧年の厄災を負って払い捨てられるものであるため、撒いた豆から芽が出ては不都合であったためであるという。北海道・東北・北陸・南九州の家庭では 落花生を撒き、寺社や地域によっては餅や菓子、みかん等を投げる場合もあるが、これは「落花生は大豆より拾い易く地面に落ちても実が汚れない」という合理性から独自の豆撒きとなった[13]

かつては、豆のほかに、米、麦、かちぐり、炭なども使用されたという。豆まきとなったのは、五穀の中でも収穫量も多く、鬼を追い払うときにぶつかって立てる音や粒の大きさが適当だったからとする説もあるが定かではない。

ごもっとも

豆をまく後ろで、すりこ木杓文字すり鉢などを持ち、「鬼は外、福は内」の掛け声に合わせて「ごもっとも、ごもっとも」などと相槌を打つ風習が存在するが、ほとんどは家族ごとの伝統として受け継がれていてあまり知られていない[14]。北海道[15]、長野県[16]、石川県、福井県[17]、京都市[18]、長崎県などの一部で地域的な伝承が見られるほか、深志神社(長野県松本市[19]重蔵神社(石川県輪島市[20]正覚院(石川県羽咋市[21]知恩院(京都府京都市)[22]興福寺(長崎県長崎市)[23]有川神社(長崎県南松浦郡新上五島町[24]などの社寺でも行われている。

この風習に関連して以下のような行事もある。

  • 長泉寺節分会(宮城県角田市) - 福男が福豆を撒いた後、年男が「ごもっとも」と叫んで、豆を拾おうとする人の股間にすりこ木を押し当て、厄落とし、五穀豊穣、子孫繁栄を願う[25]
  • 三峯神社「ごもっともさま」(埼玉県秩父市) - 「福は内」と豆をまく後ろで、先にしめ縄を巻き、根元にみかん2個を下げた巨大な棒を「ごもっともさま」と叫んで突き出し、五穀豊穣・大漁満足・夫婦円満・開運長寿・子授けを願う[26]
  • 浅草寺節分会(東京都) - 大きな杓文字をあおぐ「ごもっともさん」という役が鬼とともに登場する[27]
  • 手熊・柿泊のモットモ(長崎県
    大國魂神社節分祭 新横綱稀勢の里関の豆まき(2017年2月3日撮影)

    スーパーマーケットなどの特設コーナーで、炒った豆をパックにし、福豆(ふくまめ)などの名称で販売される。鬼のお面(お多福の面が入っている商品もある)がおまけとしてついているものもあり、父親などがそれをかぶって鬼の役を演じて豆撒きを盛り上げる。しかし、元来は家長たる父親あるいは年男が豆を撒き鬼を追い払うものであった[1]

    小学校では6年生が年男・年女にあたるため、6年生が中心となって豆まきの行事を行っているところもあり、神社仏閣と幼稚園保育園が連携している所では園児が巫女稚児として出る所もある。相撲力士を招いて(醜・しこ・四股を踏む事により、凶悪な鬼を踏みつけ鎮める悪魔祓いをする)豆撒きをする社寺もある。

    豆が幼児の鼻や耳に入ってけがをする危険やアレルギーなどを考慮して、豆の代わりに新聞紙を丸めたもので豆まきを行う乳幼児施設もある。[29]

その他の民俗

邪気・魔物・妖怪

  • 付喪神 - 立春前の「煤払い」に廃棄された古道具の精霊「付喪神」が腹を立て、節分の夜に妖怪となって一揆を起こす物語が『付喪神絵巻』に記されている。
  • 百鬼夜行 - 節分に鬼や妖怪などが深夜に群れ歩く「百鬼夜行」が現れるとする、『増補下学集』(山脇道円)などの文献もある。
  • 一本足 - 奈良県吉野郡中龍門村(現・吉野町)では節分の日にヤイカガシを玄関に掲げるのは、「一本足」が現れるのを防ぐためであるとする。
  • 銭貸し - 節分の夜に銭の入った袋を担いで四つ辻に現れる。銭を貸してくれるが、次の節分の夜に返さなければ、恐ろしい事になるといわれる。
  • 柊鰯

    門口に挿した「やいかがし」

    柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したもの。西日本では、やいかがし(焼嗅)、やっかがし、やいくさし、やきさし、ともいう。

    虫の口焼き」といって、鰯を焼くときに唾を吐きかけ、作物の害虫を退治する呪文を唱える地域が各地にある[30]

    鬼ぐい

    愛媛県では、タラノキトベラやヒイラギの葉と煮干しを括り付けた「鬼ぐ(喰)い」を戸口につるす風習がある[31]。「鬼バラ」という地域もある。山口県の瀬戸内地域にもタラノキや山椒の枝にトベラやすすきを挿す同様の習慣がある[32]

    目籠

    • 千葉県では目籠を逆さまにして竹竿に吊るし、鰯の頭を大豆の枝に刺したものとヒイラギ・グミの枝を束ねて門口に刺し、鬼が近づかないようにする[33]
    • 静岡県の中西部では、目籠にハナノキビンカを結び付けて竹竿に吊るし、軒先高くに掲げて鬼を払う「鬼おどし」と呼ばれる習慣がある[34]
    • 山梨県では、目籠とネズの枝をしばり付けた長い竹竿を庭先に立て、籠の目を鬼の目として豆を投げてこの目をたくさんつぶすと一年の災いや不幸が減少するという信仰があり、昭和30年代まで盛んに行われていた[35][36]
    • 岐阜県恵那地方では、割り箸に刺したイワシの頭としっぽ、柊または
      • かにかや・蟹柊・蟹柊鰯 - 長野県上伊那には、5cm角程度の紙片に「かにかや」などと書いて家や便所・土蔵・納屋等の出入口の戸に貼りつける習慣があった[38]。これを読んだ鬼は意味が分からず迷っているうちに夜が明けてしまうとされる。
      • 鬼めくり - 岐阜県東部(下呂市中津川市加子母、加茂郡東白川村)には、短冊に鬼の顔と13個の点(閏年には12個)、五芒星を描いた「鬼札」を、黄楊馬酔木の枝などと家の戸口に挿す風習がある。鬼は、点の数と1年の月数が違うため何度も数え直し、一筆書きの星の書き始めを探すうちに夜が明けて逃げていくと伝えられる。短冊には菓子やお金を付けることもあり、子供たちがめくって持ち帰る事で鬼が退散した事になるとされる。子供たちは友達と枚数を競い、盗られた家の人たちも厄払いになると喜ぶ。昔は割板に描き、それを畑にさしておくともぐらが来ないといわれた。[39][40][41]
      • 十三月 - 岐阜県美濃加茂市周辺には、「十三月」と書いて柊鰯とともに門口に貼る習慣がある[42]
      • 角大師・豆大師 - 元三大師の護符を節分に頒布する寺院がある[43][44]
      • 鬼面札 -

        四つ辻

        節分の夜に炒り豆を年の数だけ紙に包み、人知れず家に近い四つ辻の真ん中に捨てて、振り返らずに家まで戻り、厄を落とす風習が各地にある[46]。豆ではなく、[47]、金銭[48]、火吹竹、炮烙、ふんどし[49]、履物[50]などのこともある。

        かわらけ割り

        神酒を飲んだり息を吹きかけたりして厄をうつした「かわらけ(土器)」を、形代とみなして砕き割る厄祓いが、大杉神社(茨城県稲敷市[51][52]壬生寺(京都市中京区[53][54]皇大神社(京都府福知山市[55]尼崎えびす神社(兵庫県尼崎市[56]海神社神戸市須磨区[57]、香積寺(愛媛県東温市[58]、宝輪寺(長崎県長崎市[59]など、各地の社寺で行われる。

        鬼の豆

        • 香川県さぬき市志度には、子供たちが袋を提げて商店をまわり、「鬼の豆ください」と豆やお菓子をねだりに来る「鬼の豆もらい」という風習が残っている。幼い平賀源内が厄払いの豆まきを見て「子供が鬼に成り代わって豆をもらえば、掃除もいらず、食べ物も粗末にならない」と言うのに、商家の人が感心して行事となったといういわれがある[60]
        • 広島県

          厄払いのために、普段と違う服装で社寺参拝を行う。いつもと違う扮装をすれば、魔を追い払うことが出来ると信じられたことから始まったもので[1]、単に「お化け」と呼ばれる事もある。一説では、当初は子供の様な格好をしたことから「お坊髪」と呼ばれ、それが「お化け」になったともされている。[62]東京の浅草、四ツ谷、京都の花街、大阪の北新地などでは、芸者舞妓芸妓)やホステスが、通常の芸妓衣装ではない、様々な扮装をする。

          小豆

          ぜんざいまんじゅう赤飯など小豆を使った食べ物を近隣や親しい人に配って、厄落としを節分にする地域が関西に広がっている。小豆の赤色は邪気を払い厄を除け福をもたらす陽の色であるとされる。小豆を108人に食べてもらうと厄落としになると言われるところもある[63]

          参詣

          櫛田神社の大お多福面
          • 豆占

            豆を並べて焼き、焦げ具合からその年の作柄や月ごとの天候を占う[66]

            初夢

            文献での初夢の初出は、鎌倉時代西行が著した『山家集』巻上(1首目)の「年くれぬ 春くべしとは 思ひ寝に まさしく見えて かなふ初夢」である。その題に「立春の朝よみける」とあり、この時代には暦上の新年とは無関係に節分から立春の夜に見るを初夢としている[67]

行事食

炒り豆と恵方巻
  • 福豆 - 大豆を炒って福豆とする。あり得ないことが起こる「炒り豆の花が咲く」ということわざがあるので、厄払いに用いた豆から芽が出ないようにしっかりと炒り、豆まきを終えてから食べる[68]。自分の年齢あるいは年齢に1つ加えた数だけ食べるとされ、1回でその数だけ豆を握り取ることができると良いことがあるという所もある。また、炒り豆を保存しておき、初雷(立春後最初の雷)が鳴ったら食べると「病気をせず健康に過ごせる」「魔除けになる」「落雷の災いから免れる」という言い伝えが各地にある。
    • 豆まきで落花生を撒く地域は当然落花生を食べる。
    • 蓬莱豆 - 蘆山寺(京都市上京区)でまかれる砂糖でくるんだ紅白の豆。紅白一粒ずつ食べると寿命が6年延びると言われる[43]
  • 節分鰯
    • 西日本には節分にの焼き魚を食べる「節分いわし」の風習がある。
    • 奈良県の大和高原地域では鰯をアラメで巻いた「め巻き」を食べる[69]
  • 福茶 - 福豆(大豆)と昆布梅干しなどの具に煎茶や湯を注いだ茶。
  • なた餅 - 遠州から三河にかけての風習で、一升餅から数え年の数だけ餅を取り、きな粉をまぶして厄落としの餅とする[47]
  • 節分蕎麦 - 文化11年(1814年)刊『大坂繁花風土記』にある年中行事の条に「十二月三十日 晦日そばとて、皆々そば切く(喰)ろふ。当月節分、年越蕎麦とて食す」「正月十四日 十四日年越とて、節分になぞらへ祝ふ。この日そば切を食ふ人多し」とある[70]。本来は節分に食べる蕎麦を「年越蕎麦」と呼び、大みそか(旧暦)に食べる「晦日そば」と区別していた[71][72][73]。明治の改暦により「年越し」が節分から新暦の大みそかに移ったため、しだいに年越し蕎麦は大みそかに食べられるようになっていった。しかし、節分に蕎麦を食べる習慣を残す地域もあり「節分蕎麦」と呼んで区別するようになった。
  • 麦飯
    • 大坂船場安土町の水落家の「行事帳」文政6年(1823年)に記された節分の行事食に「塩いわし 麦飯」とある。また、大坂町奉行久須美祐雋が安政3年(1856年)正月22日に起筆した随筆『浪花の風』には「節分大晦日には必らず麦飯を焚て、赤いわしを添へて祝ひ食ふ。」とある。さらに、上方落語の「厄払い」には「年越しの晩はどこのお家(うち)でも、みな麦ご飯にイワシを焼いて、それをおかずにして食べなはるなぁ」というくだりがあり、大阪・神戸間に電車が通じている時代設定になっている[74]。これらのことから江戸時代から近代まで、大阪の多くの家庭では麦飯に鰯が節分の食事であったことがわかる。
    • 奈良県では麦飯を炊くことを「麦をよます」と言い、「ようまわす」(良い世の中になる)ように験を担いで食べる[69]
    • 江戸時代の京都の商家の日記に、節分の昼食に麦飯と白みそ汁、いわしを食べ、夜には鶴の吸物で酒を飲んだことが記されている[75]
  • とろろ汁 - 長野県では麦飯にとろろ汁をかけて食べる。トリガチと言って早食いをする。寒明けに胃袋を試すため大食するのが目的であるとする[76]
太巻き寿司
  • 恵方巻 - 恵方を向いて願いごとをしながら、無言で丸かぶりすると縁起が良いとされる太巻き寿司。関西では「丸かぶり寿司」とも呼ぶ[77]
  • 蒟蒻 - 「腸の砂おろし」と呼び、「体内にたまった砂を出す」として食べる[78]
  • ナマコ - 島根県隠岐では「砂おろし」と称し、ナマコを酢の物にして食べる習慣がある[79]
  • 水菜の辛子和え - 奈良県では麦飯や鰯のめ巻きとともに水菜の辛子和えを食べる[80]
  • カナガシラ(魚)の煮付け・とっぽいか(尺八いか)の煮付け・紅大根のなます - 長崎県長崎市では、「お金が貯まる」に通じる「カナガシラ」の煮付けと、ケンサキイカヤリイカを巾着(財布)に見立て、米などを詰めて煮付けた「とっぽいか」の煮付け[81]、赤鬼の腕に似ている紅大根のなますを食べる[82][注釈 1]
  • 鯨料理
    • 青森県八戸市鮫町蕪嶋神社「節分厄除祭」では、直会くじら汁を食べる習慣がある[84]
    • 大坂船場安土町の水落家の「行事帳」文政6年(1823年)に、節分の行事食として「汁 くじら、大こん」とあり、江戸時代に大坂船場の商家ではくじら汁を食べる習慣があったことがわかる。
    • 島根県浜田市では、拍子木に切ったクジラの黒皮を炊き込んだ「くじら飯」を食べる[85]
    • 山口県では「大きなものを食べると縁起が良い」としての尾びれを水でさらした「尾羽毛(おばけ・おばいけ)」をはじめとする鯨料理を食べる風習がある[86][87]
    • 長崎県では「金頭(かながしら)の煮付け」や「尺八イカの煮付け」とともに、鯨の小腸「百尋(ひゃくひろ)」の輪切りが節分の伝統料理として食べられていた[88]
  • 粕汁 - 奈良県をはじめ関西の寺院では、節分会にあたり参詣者や関係者に振る舞うところがある[89][90]
  • 干しかぶらの味噌汁 - 大阪市から河内地域にかけて、干したかぶ白みそ仕立ての味噌汁にし、無病息災を願って食べる習慣があった[91][92][93][94]
  • 厄除けぜんざい - 厄年の人がぜんざいを振る舞う「厄除けぜんざい」の風習が関西を中心に残っている[63]
  • 厄除け饅頭 - 大阪市を中心に、節分に社寺で厄除けをし、門前で販売される「厄除け饅頭」を親しい人に分け、厄落としをする習慣がある[95]
節分福引せんべい