粟野駅
あわの
AWANO
三田洞 (1.0km)
(0.5km) 高富
所在地 岐阜県岐阜市
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 高富線
キロ程 4.6km(長良北町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1913年(大正2年)12月25日
廃止年月日 1960年(昭和35年)4月22日
テンプレートを表示

粟野駅(あわのえき)は、かつて岐阜県岐阜市にあった、名古屋鉄道高富線

歴史

1913年に高富線が長良軽便鉄道の路線として開業した当初より存在する駅である。1944年ころにいったん休止されるが、1949年に復活している[1]。高富線は輸送能力が乏しかったこともあって1960年に廃止され路線バスに転換[2]、当駅もこれに合わせて廃駅となっている。

  • 1913年(大正2年)12月25日 - 長良軽便鉄道の長良北町駅 - 高富駅間の開通と同時に開業[3][4]
  • 1915年(大正4年)11月20日 - 長良軽便鉄道と美濃電気軌道市内線が接続され、11月26日より両線で直通運転開始[4]
  • 1920年(大正9年)9月10日 - 長良軽便鉄道は美濃電気鉄道へ合併。同社の高富線となる[4]
  • 1930年(昭和5年)8月20日 - 美濃電気軌道が名古屋鉄道(初代。同年中に名岐鉄道に改称し、1935年より名古屋鉄道に再改称)に合併。同社の高富線の駅となる[4]
  • 1944年(昭和19年)ころ - 営業休止[4]
  • 1949年(昭和24年)10月1日 - 復活、無人駅となる[5]
    • 名古屋鉄道
      高富線
      [脚注の使い方]
      1. ^ 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』郷土出版社、1997年、143頁。ISBN 4-87670-097-4
      2. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、285頁。
      3. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1914年1月12日(国立国会図書館デジタル化資料)
      4. ^ a b c d e f 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』郷土出版社、1997年、219-230頁。ISBN 4-87670-097-4
      5. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、884頁。

      関連項目