世界遺産 紀伊山地の霊場と
参詣道
日本
熊野参詣道・中辺路の大門坂
英名 Sacred Sites and Pilgrimage Routes in the Kii Mountain Range
仏名 Sites sacrés et chemins de pèlerinage dans les monts Kii
面積 506.4 ha (緩衝地域 12,100 ha)
登録区分 文化遺産
文化区分 記念工作物、遺跡(文化的景観
登録基準 (2), (3), (4), (6)
登録年 2004年
備考 2016年に軽微な変更。
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
紀伊山地の霊場と参詣道の位置
使用方法表示

紀伊山地の霊場と参詣道(きいさんちのれいじょうとさんけいみち)は、和歌山県奈良県三重県にまたがる3つの霊場吉野大峰熊野三山高野山)と参詣道熊野参詣道大峯奥駈道高野参詣道)を登録対象とする世界遺産文化遺産)。2004年7月7日に登録され、2016年10月26日に登録範囲の「軽微な変更」がなされた。

概要

日本では12番目に登録された世界遺産で、近畿地方では5番目にあたる[1]。登録時の規模は、核となるエリアと、その保護のための周辺地域を合わせて日本の世界文化遺産では最大となる1万1865.3ヘクタールにおよぶ[2]。標高1000メートル級の山々が連なる紀伊山地は、太古から自然を神格化して崇める信仰が盛んな地域で、古代の都がおかれた奈良盆地近辺の人々の信仰を集めていた[1]。6世紀に大陸から日本に仏教が伝わってからは、7世紀後半に山岳修行の地となっていき、9世紀に伝わった真言密教高野山、10世紀から11世紀にかけて盛んになった修験道は吉野・大峰や熊野三山が主な修行の場となった[1]。特に熊野三山は神道の信仰の場でもあった[2]。高野山、吉野・大峰、熊野三山は三大霊場として、神仏習合の思想によって密接なかかわりをもち、各霊場へと結ばれる参詣道として、大辺路中辺路小辺路、大峰奥駈道、伊勢路、高野山町石道が整備されていった[2]

日本の世界遺産で初めて道が登録されたものであり、文化遺産のカテゴリーのなかでも、人間の営みと自然の特異な結びつきを示す名勝・庭園・遺跡などを意味する「文化的景観」にも初めて選ばれた[3]

2016年(平成28年)10月24日に追加登録、軽微な変更がなされている。

登録までの歩み