統計の日(とうけいのひ)は、世界各国で独自の日に記念されている、統計記念日である。

日本

1973年(昭和48年)7月3日閣議了解によって10月18日に制定された。

明治3年9月24日(グレゴリオ暦1870年10月18日)に、日本で初めての近代的生産統計である府県物産表に関する太政官布告が公布されたことが由来となっており、国民の統計の重要性に対する関心と理解を深め、統計調査への一層の協力を得ることを目的としている。

総務省統計局で毎年統計の日の周知と統計に関する関心を高めることを目的としてポスターを作成しており、使用する標語については1990年(平成2年)から関係省庁及び地方公共団体等から募集している。

総務省や地方公共団体の統計担当部署では、この日前後に全国統計大会等の統計の啓発普及を目的とした各種行事を行っている。