臨港道路(りんこうどうろ)とは、港湾法によって定められている、港湾内、あるいは港湾と周辺の公道を結ぶ道路である。道路法による道路ではない。なお、港湾道路(こうわんどうろ)ないし港湾道[1]もしくは臨海道路と呼ばれることがある。

概要

港湾法では第2条第5項第4号に「臨港交通施設」を定めており、そのうちの道路にあたる。港湾区域および臨港地区内の様々な施設を結ぶ港湾施設として、国土交通省の予算で造られる[2]

道路管理者は港湾管理者で、国(国土交通省港湾局)または地方自治体(市町村または都道府県)であるが[2]、他の団体に管理を委託することもできる。有料道路の場合もある。

臨港道路は大型車両の通行が多く、道路構造令とは異なる幅員のとり方をすることがある[3]。また、歩道を整備していないこともある[4]

臨港道路の例

臨港道路は該当の道路名称よりも、道路中のトンネル等の名称が広く知られていることがある。