かんだまち
苅田町
Kitakyusyu air.jpg
Flag of Kanda Fukuoka.JPG Symbol of Kanda Fukuoka.svg
苅田町旗 苅田町章
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 福岡県
京都郡
市町村コード 40621-0
法人番号 8000020406210 ウィキデータを編集
面積 48.98km2
総人口 36,167[編集]
推計人口、2020年1月1日)
人口密度 738人/km2
隣接自治体 北九州市行橋市
町の木 クスノキ
町の花 パンジー
他のシンボル なし
苅田町役場
町長 遠田孝一
所在地 800-0392
福岡県京都郡苅田町富久町一丁目19番地1
北緯33度46分33.5秒東経130度58分49.7秒
役場庁舎位置

苅田町役場
外部リンク 公式ウェブサイト

苅田町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

特記事項 市外局番:093(町域北部)、0930(町域南部)
 表示 ウィキプロジェクト

苅田町(かんだまち)は、福岡県北東部の周防灘に面した京都郡に属し、臨海部の埋立地に多くの工場が立地する工業地帯を形成している。

概要

北九州都市圏に属し、隣接する北九州市行橋市と日常生活圏を一にする。北九州市の10%通勤圏であるが、北九州市行橋市などから町内に通勤する人も多く、昼夜人口比は113.3%(2000年)となっている。

日産自動車九州など多くの工場が立地するため財政力が非常に強く、1975年度(昭和50年度)以降は地方交付税不交付団体(2011年現在では福岡県内唯一)となっている。

自動車・セメント・電力等を中心とした臨海工業都市として発達しており、人口規模に比較して工業の集積が厚い。1人あたり製造品出荷額は全国第3位(平成15年度)。東九州自動車道苅田北九州空港インターチェンジ、国際貿易港苅田港北九州空港と、全国的にも類を見ない陸海空の複合的な物流インフラが整備された町である。近年は自動車産業の集積が著しく、1975年に日産自動車九州工場(現・日産自動車九州)、2005年にはトヨタ自動車九州苅田工場が操業を開始しており、宮若市および大分県中津市と並び北部九州の自動車産業を担う地域として発展している。

地理

町の中心からやや東側の地域を東九州の大動脈たるJR日豊本線国道10号が南北に貫き、その周囲に中心市街地が広がっている。東は周防灘に面して、苅田港北九州空港と広大な臨海工業地帯が広がっている。西はカルスト台地で知られる平尾台に連なり、鍾乳洞の青龍窟や貴重な草花が咲く広谷湿原などの貴重な自然が残っており、その地下は、石灰石、硅石、花崗岩などの資源に恵まれている。行橋市と隣接する南西部は緑豊かな田園地帯である。

また、邪馬台国伝説にまつわる三角縁獣鏡を出土した石塚山古墳をはじめ、貴重な古墳や遺跡が点在している。

地形

  • 周防灘瀬戸内海
  • 京都峠
    • 北九州市小倉南区門司区
      • 北九州市 20km
      • 行橋市 7km
      • 田川市 25km
      • 豊前市 28km
      • 略年表については、町のあゆみ を参照のこと。

        行政区域の変遷

        • 1889年4月1日 - 町村制度発足により、京都郡苅田村・小波瀬村・白川村が発足。
        • 1924年8月1日 - 苅田村が町制施行。苅田町となる。
        • 2003年に発足した京築1市5町合併協議会をはじめ、周辺自治体との合併協議には参加していない。

          歴代町長

          氏名 就任年月日 退任年月日 回数
          中山俊彦 1977年
          尾形智矩 1977年 1986年 3期
          沖勝治 1986年 1998年 3期
          伊塚工 1998年7月20日 2005年10月5日 2期
          吉廣啓子 2005年11月13日 2017年11月12日 3期
          遠田孝一 2017年11月13日 1期

        行政

        町長

        • 遠田孝一(1期目)
          • 2017年11月13日就任

        町議会

        • 定数:16人
        • 任期:2023年10月14日
        • 定例会は3・6・9・12月の年4回行われる。

        公共施設

        児童・高齢者・障害者福祉施設
        • パンジープラザ(苅田町総合保健福祉センター)
        •  総合福祉会館
        文化・社会教育施設
        • 苅田町立図書館
          1992年に日本図書館協会建築賞、1993年に福岡県建築住宅文化賞大賞と公共建築賞を受賞。
        • 三原文化会館
        • 歴史資料館
        • 中央公民館
        • 北公民館
        • 小波瀬コミュニティセンター
        • 西部公民館
        スポーツ施設
        • 総合体育館
        • 臨海総合グラウンド
        • 向山公園内施設
        • 大熊公園内施設
        • 町民プール

        消防

        • 県の施設

          • 県土整備部苅田港務所
          • 企業局苅田事務所

          国の施設

          • 門司税関苅田出張所
          • 九州地方整備局苅田港湾事務所
          • 地方交付税の減少などで財政難に喘ぐ自治体が多い中、苅田町は余力のある自治体運営を行っている。2017年度も不交付団体となっている。

            ごみ処理

            平成9年1月に町が三菱マテリアルなどと共同出資して第3セクター苅田エコプラント株式会社 を設立。生ごみなどの一般廃棄物から固形燃料(RDF)を製造し、三菱マテリアルのセメント工場で石炭の補助燃料として利用することでサーマルリサイクルしている。ごみ袋は無料。

            県議会

              • 人口

                Demography40621.svg
                苅田町と全国の年齢別人口分布(2005年) 苅田町の年齢・男女別人口分布(2005年)
                紫色 ― 苅田町
                緑色 ― 日本全国
                青色 ― 男性
                赤色 ― 女性

                苅田町(に相当する地域)の人口の推移
                総務省統計局 国勢調査より


                地名

                旧苅田村
                • 雨窪
                • 尾倉
                • 苅田
                • 浜町
                • 馬場
                • 松山
                • 光国
                • 南原
                • 磯浜町1丁目~2丁目(1960年、馬場・浜町より発足)
                • 京町1丁目~2丁目(1960年、神田・提・光国・馬場・浜町より発足)
                • 幸町(1960年、苅田より発足)
                • 神田町1丁目~3丁目(1960年、南原・提・神田・光国より発足)
                • 殿川町(1960年、南原より発足)
                • 富久町1丁目~2丁目(1960年、南原・集・馬場・浜町・尾倉より発足)
                • 松原町(1960年、苅田・松山・雨窪・提より発足)
                • 若久町1丁目~3丁目(1960年、苅田・雨窪・提より発足)
                • 尾倉1丁目~4丁目(1998年、尾倉・与原より発足)
                • 近衛ケ丘(1998年、尾倉より発足)
                旧小波瀬村
                • 新津
                • 岡崎
                • 上片島
                • 下新津
                • 下片島
                • 二崎
                • 与原
                • 桜ケ丘(尾倉・新津より発足)
                • 新津1丁目~4丁目(1998年、新津・下新津・与原より発足)
                • 小波瀬1丁目~2丁目(1998年、新津・下新津・与原より発足)
                • 与原1丁目~3丁目(1998年、新津・下新津・与原より発足)
                旧白川村
                • 稲光
                • 葛川
                • 黒添
                • 鋤崎
                • 法正寺
                • 山口
                埋立地