英彦山
英彦山神宮上津宮
中岳山頂の英彦山神宮上津宮
標高 1,199[1] m
所在地 日本の旗 日本
大分県中津市
福岡県田川郡添田町
位置 北緯33度28分34秒
東経130度55分34秒
座標: 北緯33度28分34秒 東経130度55分34秒
山系 筑紫山地
英彦山の位置(福岡県内)
英彦山
英彦山
英彦山 (福岡県)
英彦山の位置(大分県内)
英彦山
英彦山
英彦山 (大分県)
英彦山の位置(日本内)
英彦山
英彦山
英彦山 (日本)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
英彦山(中央)周辺の地形図
北岳から望む中岳(右)と南岳(左)。中岳の建物は英彦山神宮上津宮
国道500号からの望雲台
英彦山から福智山(右奥)を眺める

英彦山(ひこさん)は、福岡県田川郡添田町大分県中津市山国町にまたがる標高1,199mのである[1][2]耶馬日田英彦山国定公園の一部をなす。日本百景日本二百名山の一つ。また、弥彦山新潟県)・雪彦山兵庫県)とともに日本三彦山に数えられる。国の史跡に指定されている[3]

概要

北岳・中岳・南岳の3つの峰があり、最高点は南岳(1,199m)にある。

福岡県内では、大分県日田市との境にある釈迦岳(1,230m)、八女市にある御前岳(1,209m)に次いで3番目に標高が高い。山域は福岡県と大分県の県境未確定地域となっている。

もとは「彦山」との表記であったが、1729年享保14年)、霊元法皇の院宣により「英」の字をつけたという。

山の中腹720m近辺に英彦山神宮奉幣殿があり、多くの参拝客が訪れる。中岳山頂には上津宮がある。2005年平成17年)10月には、英彦山神宮へ続く参道沿いに、参道起点の銅の鳥居横から英彦山花公園を経由して参道終点の英彦山神宮奉幣殿へ至る全長849mのスロープカーが完成し、英彦山神宮奉幣殿まで約15分で行けるようになった。

北岳の北東にある、石段と鎖付き岩壁で辿り着く「望雲台」と呼ばれる切り立った足場30cmの岩壁は、下界に広がる森林から突き出た鷹ノ巣山が望めるなど眺望が素晴らしく、自己責任で登るロッククライミングの名所となっている。本来山伏の修行場であった[4]

麓にある深倉峡紅葉の名所である。深倉峡の奥の深倉園地にある奇岩「男魂岩(おとこいわ)」と、谷を隔てて対峙する「女岩」とは巨大なしめ縄で結ばれており、毎年11月に「男魂祭」が催される。

旧亀石坊庭園など「英彦山庭園群」の一部は国指定名勝に指定されている。

歴史

英彦山は羽黒山山形県)・熊野大峰山奈良県)とともに「日本三大修験山」に数えられ、山伏の坊舎跡など往時をしのぶ史跡が残る。山伏の修験道場として古くから武芸の鍛錬に力を入れ、最盛期には数千名の僧兵を擁し、大名に匹敵する兵力を保持していたという。

この山を根拠とする豊前佐々木氏が領主であり、一族からは英彦山幸有僧という役職も出していたとの記録がある。英彦山はその後、秋月種実と軍事同盟を結んだため、天正9年(1581年10月、敵対する大友義統の軍勢による焼き討ちを受け、1ヶ月あまり続いた戦闘によって多くの坊舎が焼け落ち、多数の死者を出して大きく勢力を失った。大友氏の衰退後は、新領主として豊前に入った細川忠興が強力な領国経営を推し進めたため、佐々木氏とともにさらにその勢力は衰退したという。

なお、豊前佐々木氏は添田の岩石城を居城としていた。豊臣秀吉による九州征伐の際には秋月氏方として香春岳城に続いて攻撃され、一日で攻め落とされたが滅ぼされず、細々と生き残っている。巌流島の決闘で有名な佐々木小次郎はこの豊前佐々木氏の出身であり、またその流派・巌流は英彦山山伏の武芸の流れをくむとする説がある[5][6][7]。その説によれば、巌流島の決闘自体が、宮本武蔵を利用して当主である小次郎を殺害させることによる、細川氏の豊前佐々木氏弱体化工作であったという。

山伏集落についての詳細は不明であったが平成27年、添田町が行ったレーザー測量によって集落跡地とみられる場所を複数個所、確認した[8]。「英彦山三千 八百坊」と言われていたが測量結果から800箇所・三千人規模の集落があったと推測される。

逸話