菅山 かおる
Kaoru Sugayama
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1978-12-26) 1978年12月26日(41歳)
出身地 宮城県岩沼市
ラテン文字 Kaoru Sugayama
身長 169cm
体重 56kg
血液型 O型
選手情報
愛称 ユウ
指高 215cm
利き手
スパイク 293cm
ブロック 269cm
テンプレートを表示

菅山 かおる(すがやま かおる、1978年12月26日 - )は、日本のビーチバレーボール選手。WINDS所属。宮城県岩沼市出身。

来歴

インドアでの経歴

小学校3年からスポーツ少年団に入りバレーボールを始めた。1996年宮城県古川商業高等学校(現古川学園高校)2年生のとき、第27回春の高校バレー(通称"春高バレー"、高校野球の"甲子園大会"に匹敵する)でエースアタッカーとして活躍し、全国優勝を果たした。翌1997年、3年生のとき主将を務めた。古川商業の4歳(4学年)下の後輩に、双子の姉妹「西堀ツインズ」として全国にその名を知られた"西堀姉妹"の西堀健実(たけみ)と西堀育実がいて、1999年、高校女子バレーボールの"3大大会"ある春高バレー、インターハイ国体で完全優勝を果たし、古川商業が"三冠王"になっている。

高校卒業後は小田急ジュノーに入社しアタッカーとして活躍。1999年、チームの廃部に伴いJTマーヴェラスへ移籍。JTではV1リーグ降格、再昇格を経験。熊前知加子加入後の2004年、身長が低かったためアタッカー(スパイカー)ではなく守備の要であるリベロになった。

2005年、第11回Vリーグで、JT初のベスト4進出を果たし、全日本代表に初選出された。リベロで出場したが選手の怪我などによる戦線離脱でレフトが不足となり、のちスパイーカーとして出場した。

全日本デビューとなった2005年ワールドグランプリでは、攻撃・守備の両面で活躍した。可憐な容姿に注目が集まり、「かおる姫」のニックネームがついた。全日本チームで"人気No.1のアイドル選手"となり、写真集も発売された。

2006年世界選手権に出場。

2008年5月31日、JTを退社。9月、第6回パーカッシオ美脚大賞スポーツ部門受賞。

ビーチ転向

2009年2月、元全日本男子チームのエースアタッカー兼主将だった河合俊一が会長を務める日本ビーチバレーボール連盟の、ビーチバレーに転身した。ビーチバレーのジュニア大会で優勝経験もある18歳の溝江明香(産能大)とペアを組んでツアーに参戦したが、同年6月に溝江とのペアを解消した。室内のバレーボールでは果たせなかった五輪出場を目指している。 なお、古川商業の後輩である"高校3冠"の西堀健実は、ビーチバレーの大会を代表するビーチバレージャパン女子において、ペア戦が始まった2006年から新型コロナウイルスの影響で中止となった2020年を除く2019年までの13大会において、去年までの2連覇を含む5大会で優勝し、"ビーチバレーの女王"として君臨している。

2010年浦田景子とペアを組み、ツアーに参戦。シーズン途中、駒田順子の相方が負傷し、ツアー第3戦から駒田とペアを組む。ツアー最終戦では2年目にして準優勝を飾る。

2011年、同じビーチバレー選手の西村晃一と結婚。同年10月、第一子となる男児を出産[1]

人物・エピソード

JTに移籍した1999年は、JTマーヴェラスが第1回V1リーグで優勝した年だったことから、同年入社の菅山が「勝のユウ」、同期入社の朝倉香苗は「優ショウ」がニックネームになった。全日本に選出される以前から、Vリーグのオールスターゲームにファン選出されていた。

「かおる姫」と呼ばれているが、ジャージ姿で近くに買物に行ったり、好きな芸能人に哀川翔、好きなアーティストに浜田省吾、好きなスポーツ選手に清原和博亀田三兄弟その他、好物に馬刺しラーメンを挙げるなど、性格的には男っぽいらしい。[要出典]

JTのチームメイトである竹下佳江とは仲が良く、チームの写真撮影や全日本合宿での食事風景、プライベート時でも菅山の隣に竹下がいることが多い。JTのCMには竹下、宝来麻紀子と出演していた。現役時代はコーチから「もう練習を終わりにしよう」と言われても納得いくまで練習し続ける、かなりの練習の虫であった。

球歴・受賞歴

  • バレーボール所属チーム履歴
岩沼西小→岩沼西中→古川商業高等学校(現・古川学園高等学校)→小田急ジュノー(1997-1999年)→JTマーヴェラス(1999-2008年)
  • 全日本代表 - 2005-2007年
  • 全日本代表としての主な国際大会出場歴
  • 受賞歴
    • 2005年 - 第11回Vリーグ レシーブ賞

脚注

外部リンク