萱場駅
名鉄揖斐線・萱場駅跡.jpg
ホーム跡とされる盛り土と石垣(2015年9月)
かやば
KAYABA
近ノ島 (0.9km)
(0.5km) 旦ノ島
所在地 岐阜県岐阜市
北緯35度26分10秒 東経136度43分52秒 / 北緯35.43615度 東経136.73114度 / 35.43615; 136.73114[1]
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 揖斐線
キロ程 1.6km(忠節起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1914年(大正3年)3月29日
廃止年月日 1969年(昭和44年)4月5日
備考 1944年より休止。
テンプレートを表示

萱場駅(かやばえき)は、岐阜県岐阜市萱場付近にあった名鉄揖斐線である。

歴史

1914年(大正3年)に揖斐線の前身である岐北軽便鉄道の駅として開設された。1944年(昭和19年)に休止となり、1969年(昭和44年)4月5日に正式に廃止となった[2]

  • 1914年(大正3年)3月29日 - 岐北軽便鉄道の忠節駅 - 北方町駅(のちの美濃北方駅)間の開通と同時に開業[3][4]
  • 1944年(昭和19年) - 休止[4]
  • 石垣の単式ホームがある地上駅。揖斐線の廃止後に線路は撤去されたものの、2017年11月現在もホーム跡の石積みの盛り土として残っている[5]。(写真参照)

    隣の駅

    名古屋鉄道
    揖斐線
    [脚注の使い方]
    1. ^ 国土地理院2.5万地形図「北方」、1932年(昭和7年)
    2. ^ 徳田耕一『名鉄600V線の廃線を歩く-惜別の“岐阜線”と空港線誕生』JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、144頁。ISBN 978-4-53305-883-7
    3. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1914年4月9日(国立国会図書館デジタル化資料)
    4. ^ a b c 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』郷土出版社、1997年、220-230頁。ISBN 4-87670-097-4
    5. ^ 『地図で見る岐阜の変遷』日本地図センター、1995年、1920年(大正9年)の地図。ISBN 488946008X

    関連項目