藤島 泰輔(ふじしま たいすけ、1933年昭和8年)1月9日 - 1997年平成9年)6月28日[1])は、日本小説家[1]評論家ポール・ボネ名義の著作も多数刊行。

来歴

日本銀行員の藤島敏男・孝子夫妻の長男として東京府東京市に生まれる[2]。生母・孝子の死後、継母・紀子(父・敏男の後妻)に育てられる。

初等科から大学まで学習院に学ぶ。上皇明仁の学友の一人で、共にエリザベス・ヴァイニング(ヴァイニング夫人)の教育を受けている。ただ大学卒業後、陛下とは疎遠であったという。

1955年(昭和30年)、学習院大学政経学部卒業後、東京新聞に入社。社会部記者となる。1956年(昭和31年)、学習院高等科時代の第125代天皇明仁(現上皇、当時は皇太子)と「ご学友」達を題材にした小説『孤獨の人』で作家デビュー。同作には「ご学友」達のヴァイニング夫人への反発や知られざるエピソードなどが盛り込まれている。三島由紀夫が序文を寄せ、「うますぎて心配なほど」と評価している[3][4]。同作は映画化もされ話題となった。

1963年(昭和39年)、高浜虚子の孫娘・朋子と結婚[5][6]。結婚当時は朋子と円満に暮らしていたが[5][6]、その後メリー喜多川と内縁関係となる[5][6]

1966年(昭和41年)、メリーとの間に長女・藤島ジュリー景子が誕生する[5][6]。その後東京新聞を退社し、作家専業となる。フランスパリでの生活体験を元に「在日フランス人」ポール・ボネ名義で著した『不思議の国ニッポン』シリーズ、海外生活を題材にしたエッセイ・旅行記など多数の著作を発表。1967年に『週刊読売』に連載した『忠誠登録』は、戦後日本で最初に日系アメリカ人の強制収容の歴史を伝え、社会問題化したものだと言われる[7]

また社会評論家としても活動した。評論家としては大宅壮一の門下生である。右派・保守系の論陣を張り、『文藝春秋』や『諸君!』などに論考を寄稿。

1970年(昭和45年)にエベレスト・スキー隊総本部長としてヒマラヤ山脈遠征。

1971年(昭和46年)、内妻・長女とともにアメリカフロリダ州に移住し、アメリカ生活を体験した。1972年(昭和47年)、朋子と正式に離婚[5][6]。その後メリーと正式に再婚した[6]1973年(昭和48年)、日本に帰国する。月刊誌『浪曼』に参与(昭和50年2月号で休刊)

1974年(昭和49年)、日本ペンクラブを代表する形で仏文学者白井浩司韓国を訪問、朴正煕独裁政権下で行われた詩人金芝河への死刑判決を「金芝河の有罪は文学活動ではなく、政治活動によるもの」とコメント。ペンクラブからは有吉佐和子司馬遼太郎立原正秋などが脱会、理事だった安岡章太郎阿川弘之が辞意を表明するなど、運営に大きな混乱を起こした。

1977年(昭和52年)、第11回参議院議員通常選挙自由民主党公認で全国区に立候補。新日本宗教団体連合会関連諸団体の推薦を取り付けるなどして188387票を獲得。法定得票数に達したが66位で落選した。

1981年(昭和56年)、景子のアメリカ留学に同行し、再びアメリカで生活する。

1992年(平成4年)、天皇明仁の中国訪問に反対する小田村四郎大原康男小堀桂一郎中村粲らによる「ご訪中問題懇話会」が組織されると、谷沢永一古山高麗雄らとともに賛同。訪中反対の意見広告に名を連ねる。

1996年(平成8年)、ガン告知を受け、1997年(平成9年)、都内の病院にて64歳で死去。

人物

  • 日本文藝家協会、日本ペンクラブ、日本放送作家協会、アメリカ学会各会員。
  • 三島由紀夫とは学習院の先輩後輩で親しくしていた。三島からは「君は皇太子の友達なんだから直接意見してきたらどうか」と度々からかわれていたという。三島の自決後は、憂国忌の代表発起人となった。また民族主義的意識を強めた[1]
  • 競走馬ランニングフリー馬主、旅行家など多方面に活躍。たびたび海外を旅行し、訪問国数は80か国を超えた。
  • 資産家としても知られ、通常は妻子とともに
    藤島家

    藤島家や、その親族を紹介する。藤島泰輔の妻のメリーは1950年代から四谷三丁目の円通寺坂入口右手の角にあった「スポット」という名のカウンターバーを経営。バーの客であった藤島(当時東京新聞記者)と結婚。作家仲間の間ではおしどり夫婦として知られたという。

    娘の景子は2004年(平成16年)に芸能界とは無関係の一般男性と結婚。男性は婿養子として藤島家に入った。景子は2004年(平成16年)暮れ、泰輔・メリー夫妻の孫となる女児を出産している。

    藤島は草創期のジャニーズ事務所を経済的にバックアップし、マスコミ・政財界関係者など自身の知己も紹介、ジャニー社長の業界関係者への人脈拡大を手助けしたといわれる。

    藤島昌平は父・敏男の弟[2]。昌平の妻は三沢信一の三女[2]。三沢の次女は下河辺牧場の創業者・下河辺孫一と結婚したため[8][9][10]、下河辺は昌平の義兄にあたる。

    義理の叔父山口利彦は山武ハネウェル(旧・山武商会、現・アズビル)の社長・会長を歴任した[11]。利彦の妻が泰輔の父・敏男の妹・千代[2][11]。山武商会創業者・山口武彦は利彦の父[11]

    義理の従弟・福澤雄吉は福澤堅次・綾子夫妻の長男[12]。雄吉の妻が山口利彦・千代夫妻の長女で泰輔の従妹[11][12]。雄吉の父・堅次は福澤諭吉の孫で元三菱瓦斯化学取締役[12]。雄吉の母・綾子は岩崎弥太郎の孫娘で岩崎久弥の三女[12]

    親戚

    著書

    単著

    • 孤獨の人』三笠書房、1956年。 - 1957年に日活で映画化。監督:西河克己
      • 『孤獨の人』文春ネスコ、1989年2月。ISBN 4-89036-762-4
      • 『孤獨の人』読売新聞社〈戦後ニッポンを読む〉、1997年3月。ISBN 4-643-97021-9
      • 『孤獨の人』岩波書店〈岩波現代文庫〉、2012年5月。ISBN 978-4-00-602201-3
    • 『真紅の人』三笠書房、1957年。
    • 『黒の魅惑』大日本雄弁会講談社〈ロマン・ブックス〉、1957年。
    • 『アフリカ紀行』小山書店新社、1958年。
    • 『アンコールの帝王 クメール文化の謎』展望社、1960年。
    • 『ヘソまがり太平記』読売新聞社〈サラリーマン・ブックス〉、1964年。
    • 『ヘソまがり太平記』続、読売新聞社〈サラリーマン・ブックス〉、1965年。
    • 『日本の上流社会 高貴なる秘境を探検する』光文社〈カッパ・ブックス〉、1965年。
    • 『ヘソまがり太平記』続々、読売新聞社〈サラリーマン・ブックス〉、1966年。
    • 『ホラふき太平記』読売新聞社〈サラリーマン・ブックス〉、1966年。
    • 『ヘソまがり太平記 決定版』読売新聞社、1966年。
    • 『男の契約』秋田書店〈サンデー新書〉、1966年。
    • 『忠誠登録』読売新聞社、1967年。
    • 『心臓英語のすすめ』文藝春秋〈文春ビジネス〉、1969年。
    • 『上流夫人 皇室をいろどった女性』サンケイ新聞社出版局、1969年。
    • 『白い日本人』講談社、1969年。
    • 『青い群島』報知新聞社、1969年。
    • 『ピガールの恋人』集英社、1970年。
    • 『上流社会 小説』講談社、1970年。
    • 『青春の座標』PHP研究所〈PHP青春の本 6〉、1972年。
    • 『よくも悪くも日本人』実業之日本社、1972年。
    • 『天皇・青年・死 三島由紀夫をめぐって』日本教文社、1973年。
    • 『もとのもくあみ』白馬出版、1973年。
    • 『男性的旅行論』日本交通公社出版事業局、1975年。
    • 『ハロー・アメリカ』国際商業出版、1976年。
    • 『藤島泰輔大冒険 ロマンを求めてヒマラヤ・アメリカ』鷹書房、1977年5月。
    • 『戦後とは何だ 日本の選択すべき道』マネジメント社、1981年6月。
    • 『ヘソまがり親父に乾杯!』三天書房、1982年1月。
    • 『中流からの脱出 新しいステータスを求めて』ダイヤモンド社、1986年3月。ISBN 4-478-79010-8
    • 『東京山の手の人々』サンケイ出版、1987年6月。ISBN 4-383-02631-1
    • 『クロス・カルチャーの時代 異文化交流を事業化する男・山内庸生』IN通信社、1987年9月。
    • 『馬主の愉しみ ランニングフリーと私』草思社、1991年10月。