西中金駅
Nishi-nakagane-station.JPG
旧西中金駅駅舎(2002年
にしなかがね
NISHI NAKAGANE
(2.8km) 三河広瀬
所在地 愛知県豊田市中金町
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線
キロ程 0.0km(西中金起点)
知立から29.9km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
207人/日(降車客含まず)
-2003年-
開業年月日 1928年(昭和3年)1月22日
廃止年月日 2004年(平成16年)4月1日
テンプレートを表示

西中金駅(にしなかがねえき)は、かつて愛知県豊田市中金町にあった名古屋鉄道三河線廃駅)である。

歴史・概要

三河鉄道時代には紅葉で有名な香嵐渓のある足助町(現豊田市)まで延伸する予定であった[1]。しかし、世界恐慌による資金不足や戦争などの影響で当駅以降は延伸が進まず、名古屋鉄道合併後も事業免許は得ていたものの、最終的には断念して事業免許を返却した[1]。足助方面への延伸のために用地買収されたその先の土地は道路として残っている。

西中金駅の旧駅舎の待合室を豊田市が改装し、住民組織「西中金駅愛護会」が運営する喫茶店「西中金ふれあいステーション」が、2015年平成27年)11月14日に営業開始した[2]

年表