西日本旅客鉄道株式会社
West Japan Railway Company
JR logo (west).svg
West-JR-hq-01.jpg
JR西日本本社ビル(大阪市北区)
種類 株式会社
市場情報
略称 JR西日本、JR西、JR-West、JR-W
本社所在地 日本の旗 日本
530-8341
大阪府大阪市北区芝田二丁目4番24号[1]
北緯34度42分26.8秒 東経135度29分42.4秒 / 北緯34.707444度 東経135.495111度 / 34.707444; 135.495111座標: 北緯34度42分26.8秒 東経135度29分42.4秒 / 北緯34.707444度 東経135.495111度 / 34.707444; 135.495111
設立 1987年(昭和62年)4月1日
業種 陸運業
法人番号 1120001059675 ウィキデータを編集
事業内容 旅客鉄道事業
流通業
不動産業
代表者 長谷川一明代表取締役社長[1]執行役員
資本金 1000億円
(2020年3月31日現在[2]
発行済株式総数 1億9133万4500株
(2020年3月31日現在[2]
売上高 連結:1兆5082億100万円
単独:9619億400万円
(2020年3月期[2]
営業利益 連結:1606億2800万円
単独:1197億3800万円
(2020年3月期[2]
純利益 連結:938億2800万円
単独:735億9600万円
(2020年3月期[2]
純資産 連結:1兆2231億600万円
単独:8239億6600万円
(2020年3月31日現在[2]
総資産 連結:3兆2752億5700万円
単独:2兆7939億9100万円
(2020年3月31日現在[2]
従業員数 連結:48323人 単独:24439人
(2020年3月31日現在[2]
決算期 3月31日
会計監査人 新日本有限責任監査法人
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行(信託口) 7.13%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.52%
三井住友銀行 3.34%
三菱UFJ銀行 3.29%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口7) 2.15%
日本生命保険 2.09%
STATE STREET BANK WEST CLIENT-TREATY 505234 1.99%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口5)1.90%
JR西日本社員持株会 1.73%
三井住友信託銀行 1.67%
(2020年3月31日現在[2]
主要子会社 嵯峨野観光鉄道
西日本ジェイアールバス
中国ジェイアールバス
JR西日本宮島フェリー
ジェイアール西日本伊勢丹
ジェイアール西日本デイリーサービスネット
JR西日本不動産開発
JR西日本レンタカー&リース
西日本電気テック
日本旅行 (Tis)
関係する人物 村井勉(初代会長)
角田達郎(初代社長)
井手正敬(元社長・会長)
垣内剛(元社長)
歴代会長・社長の節も参照
外部リンク https://www.westjr.co.jp/
テンプレートを表示

西日本旅客鉄道株式会社[注 1](にしにほんりょかくてつどう、: West Japan Railway Company)は、西日本を中心として旅客鉄道等を運営する日本鉄道事業者である。日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業および船舶事業を引き継いで発足したJRグループの旅客鉄道会社の一つ。通称はJR西日本(ジェイアールにしにほん)、英語略称はJR West[注 2]コーポレートカラー色。グループ会社を含めて小売業不動産開発、ホテル事業、建設工事業なども展開している[3]

本社は大阪府大阪市北区東証名証第一部、福証上場企業。

北陸3県近畿地方中国地方を中心に2府16県[3]鉄道路線網を持つ。災害対策基本法における指定公共機関である。グループの非鉄道事業では鉄道営業エリア外の首都圏へも進出している[4]

なお、本会社は同じく「西日本」から始まる社名を持つ鉄道会社で、福岡県を拠点とする大手私鉄である西日本鉄道(西鉄)とは一切無関係である[注 3]

概況

営業概要

鉄道の営業エリアは山陽新幹線北陸新幹線上越妙高駅 - 金沢駅間および、北陸3県、近畿地方、中国地方の大部分と信越地方福岡県の一部の在来線であり、総営業キロ数は5,007.1 km[5][注 4][注 5]、駅数は1,174駅[1]、社員数26,500人(JR西日本単体)[1]と日本の鉄道事業者では東日本旅客鉄道(JR東日本)に次いでそれぞれ多い。

経営環境と経営戦略

JR西日本は自社の鉄道路線網を新幹線近畿地方在来線アーバンネットワーク)、北陸地方や中国地方など近畿圏以外の在来線の3つに大別している[3]

近畿圏のうち、日本の三大都市の一つに位置づけられる京阪神地区の輸送では、「私鉄王国」と称されるように近畿日本鉄道阪急電鉄阪神電気鉄道山陽電気鉄道南海電気鉄道京阪電気鉄道など多くの私鉄が存在し、JR西日本はこれら私鉄各社と競合関係にある一方、利用距離や目的地によって棲み分けがなされ、フリーきっぷの発売や振替輸送などで協調関係にある。山陽新幹線における都市間輸送では航空機との競合関係にある。京阪神地区以外の近畿地方や中国・北陸地方には赤字ローカル線を多数抱えているが、山手線を中心に莫大な数の通勤・通学客が利用する首都圏の在来線ネットワークを持つJR東日本や、日本の大動脈かつドル箱路線である東海道新幹線を擁する東海旅客鉄道(JR東海)には及ばないものの、安定した経営基盤を持つ。

JR西日本では、その発足直後から京阪神地区近郊路線を「アーバンネットワーク」と称して221系電車などの近郊車両の導入、東海道山陽本線琵琶湖線JR京都線JR神戸線)の複々線を最大限に利用した在来線列車の増発やスピードアップ、特に看板列車である新快速の運行拡大などに取り組み、沿線開発が活発であったエリアに重点的に投資を行うことで収益力を強化してきた。また「三都物語」キャンペーンを実施し、沿線ブランドの形成を図ってきた[注 6]

現状では、利用状況と収益性の観点から山陽新幹線や北陸本線特急と京阪神近郊の路線を中心に設備投資しており、京阪神地区の路線と地方路線ではかなり差別化している(「車両」の節を参照)。

赤字ローカル線への対応策は2010年4月5日の定例会見で、当時の社長の佐々木隆之が「大変重要な経営問題」との見解を示しており、同時に「赤字ローカル線の一部を廃止し、バスに転換する方向で検討」と発表している[6]

こういった状況を踏まえ、2008年から2012年にかけての中期経営計画[7] においては、「持続的発展に向けた事業戦略の推進」として「山陽新幹線の輸送サービス」と「京阪神エリアにおける線区価値の向上」を重点分野として明確に打ち出す一方、10年から15年後を見据えた「長期的視点からの経営構想の構築」におけるローカル線にかかる取り組みとして「ローカル線の設備、システムのダウンサイジング」や「〈バス、デュアル・モード・ビークル (DMV) 等への輸送モードの転換も含めた〉地域にとって最適な形の輸送サービスの提供」を経営の方向性として打ち出している。

バスについては、ソフトバンクグループなどと連携して、自動運転BRTの開発に取り組む計画を表明している[8]

主力である鉄道や同じ旅客輸送であるバス・船舶事業に加えて、大都市圏での駅ビルを含む商業施設運営や小売業・飲食業、観光・ホテル、不動産開発、ベンチャーキャピタルなどを営む多くのグループ企業を擁しており[9]、経営指針として非鉄道事業の強化を目指している。また、地方路線の沿線地域振興を目指し、魚介類の養殖や販売などの第一次産業にも参入している[10]

鉄道運行面

広域輸送

都市間広域輸送は主に山陽新幹線と北陸新幹線が担っており、在来線特急列車と京阪神地区での新快速ないし各種快速列車がそれを補完するような形態となっている。

山陽新幹線

山陽新幹線では「のぞみ」「ひかり」「こだま」が新大阪駅新神戸駅岡山駅広島駅小倉駅博多駅の各都市間の輸送を担っており、「のぞみ」を中心に東海道新幹線への直通運転も行っている。また、一部の列車は博多南線へ乗り入れている。

加えて、新大阪駅と九州新幹線鹿児島中央駅との間で直通運転も行っている。列車の種類が東海道新幹線と比べて多く、速達タイプの「のぞみ」「みずほ」、準速達タイプの「ひかり」「さくら」、各駅停車の「こだま」が運行されている。

直通運転を行う列車については、乗務員(運転士車掌)の交代は主に新大阪駅、博多駅で行う。

北陸新幹線

北陸新幹線では、速達タイプの「かがやき」、準速達タイプの「はくたか」、富山駅 - 金沢駅間の区間列車である「つるぎ」が運行されている。

なお、乗務員(運転士と車掌、金沢新幹線列車区が担当)は、北陸新幹線のうちJR東日本の管轄区間である長野駅まで越境乗務している。

在来線特急列車

大阪駅京都駅を中心として都市間輸送を行っている。大阪駅 - 金沢駅間では特急「サンダーバード」を運行している。北近畿方面には京都駅からは特急「はしだて」「まいづる」「きのさき」、大阪駅からは特急「こうのとり」「はまかぜ」を運行している。京都駅発着の関西空港南紀方面の特急「はるか」「くろしお」については、梅田貨物線を経由するルートを採っているため、大阪駅には発着せず、途中で大阪環状線に入って天王寺駅へ入る。

京阪神や山陽地方山陰地方を結ぶ陰陽連絡列車として、大阪駅発着の特急「はまかぜ」に加え、智頭急行線を経由する京都駅発着の特急「スーパーはくと」、岡山駅発着の「スーパーいなば」、伯備線を経由する岡山駅発着の特急「やくも」、山口線を経由する新山口駅発着の特急「スーパーおき」を運行している。山陰本線内の列車としては鳥取駅 - 米子駅益田駅間に特急「スーパーまつかぜ」を運行している。

JR他社間では、JR東海エリアとの列車として、金沢駅 - 名古屋駅間に特急「しらさぎ」、大阪駅 - 高山駅間に特急 「ひだ」、紀伊勝浦駅 - 名古屋駅間に特急「南紀」、JR四国エリアとの列車として、岡山駅 - 松山駅間に特急「しおかぜ」、岡山駅 - 中村駅間に特急「南風」、岡山駅 - 徳島駅間に特急「うずしお」、夜行列車としてはJR東日本エリアからJR東海エリア、自社エリアを経由してJR四国エリアを結ぶ、東京駅 - 高松駅間の寝台特急サンライズ瀬戸」、JR東日本からJR東海エリアを経て自社エリアの山陰地方を結ぶ東京駅 - 出雲市駅間の寝台特急「サンライズ出雲」がそれぞれ運行されている。

地域輸送

JR西日本の発足後、京阪神エリア(アーバンネットワーク)を中心にした体系に改められており、普通列車もそれに準じて運行されている。

京阪神地区の東海道・山陽本線では草津駅 - 西明石駅間の複々線を最大限に利用して新快速快速普通列車が増発・運行されている。新快速については網干駅播州赤穂駅発着の列車は姫路駅までが各駅停車、快速についても複々線の西明石駅 - 京都駅(朝ラッシュ時以外は西明石駅 - 高槻駅)間を除いた区間が各駅停車となり、これらの各駅停車区間は普通列車として運行されている。また、天王寺駅からの関西国際空港アクセス列車として「関空快速」、都市間輸送においての快速では、奈良方面発着は「大和路快速」、和歌山方面発着列車は「紀州路快速」が運行され、さらに福知山線の快速列車として「丹波路快速」が、奈良線の快速列車として「みやこ路快速」が運行されている。

京阪神地区以外では、広島市岡山市松江市米子市金沢市下関市といった主要都市近郊区間で普通列車を中心に運行している。

主な事故や災害、不祥事

重大死傷事故

  • 1991年(平成3年)5月14日 - 信楽高原鐵道列車衝突事故(42名死亡)
  • 2002年(平成14年)11月6日 - 東海道線救急隊員死傷事故(1名死亡)
  • 2005年(平成17年)4月25日 - JR福知山線脱線事故(107名死亡)
  • 2006年(平成18年)1月24日 -

    1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災では大きな被害を受けた。

    在来線では本線上で列車が8本脱線したほか、東海道本線JR神戸線六甲道駅を中心に高架橋や柱に大きな被害を受け、新長田駅付近の盛土が崩壊して駅設備が壊滅した。新幹線では、始発列車の前に地震が発生したため脱線などの被害はなかったが、橋脚が大きく損壊したり、高架橋が崩落したりするなど大きな被害を受けた。

    在来線は同年4月1日に、山陽新幹線は同年4月8日に全線復旧した。

    東日本大震災の影響

    2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災)によって車両部品の調達にめどが立たず、列車の運転に影響が出た。電車の電動機(モーター)に使用している車両部品を製造するメーカーが被災して製造の見通しが立たず、最終加工工場も福島第一原子力発電所の避難区域内に位置しているため操業することができない事態が生じた。部品の調達ができず、使用できない車両が早くても2011年4月下旬に発生する恐れがあることから、2011年4月から間引き運転を実施すると発表した[11]

    2011年4月2日から特急列車への増結中止および臨時列車の運転も取り止められ、金沢・和歌山・福知山・岡山・広島エリアでは普通列車の運転が一部取り止められた[12]。その後、部品調達の見通しが立ったことから4月8日から通常ダイヤに戻し、京阪神地区での間引き運転は見送られることになった[13]

    労働災害

    2013年8月、尼崎労働基準監督署は、最長で月254時間残業し、2012年10月に過労自殺した社員の男性について労災を認定した。なお、2013年10月に遺族がJR西日本に対し1億9千万円の損害賠償を求め、大阪地方裁判所に提訴している[14]

    新幹線の台車亀裂問題

    2017年12月11日、山陽新幹線と東海道新幹線を通しで運行していたJR西日本所有車両による「のぞみ34号」の台車に亀裂が生じていることが名古屋駅で発見されるという重大インシデントが発生した[15]。その後の一年間でJR西日本が実施・表明した安全向上策として、新幹線の安全運行を担う「走行管理班」を復活させ、保守・検査部門を拡充した[16]。さらに振動などから異常を検知する装置の新幹線車両への取り付けを進めるとした[17]

    平成30年7月豪雨の影響

    2018年7月5日から8日にかけての平成30年7月豪雨により、中国地方を中心に多くの路線が被災した。最後まで復旧工事が行われていた芸備線中三田駅 - 狩留家駅間が2019年10月23日に運転を再開し、被災路線全てが復旧した[18][19][20]

本社・支社等

西日本旅客鉄道の位置(日本内)
金沢
金沢
西日本旅客鉄道
西日本旅客鉄道
西日本旅客鉄道
西日本旅客鉄道
西日本旅客鉄道
岡山
岡山
米子
米子
広島
広島
西日本旅客鉄道
福岡
福岡
西日本旅客鉄道
東京本部
東京本部
JR西日本 Red pog.svg 本社 Orange pog.svg 近畿統括本部 Blue pog.svg その他の支社

名称・所在地は公式サイトによる[21]

本社

2006年6月22日まで山陽新幹線は並行する在来線と同じ支社に属していたが、同年6月23日付で広島新幹線運転所の検修部門と岡山新幹線運転所を、博多総合車両所所属とする組織変更が実施された。

2007年7月1日付で、新幹線の現業機関を統括する組織として新幹線管理本部を新設した。これまで各支社に分散していた車両管理や施設保守など駅業務を除く新幹線関係の業務を一元管理するとともに、新幹線固有の技術力の維持向上を図るのが狙い。これに伴い、福岡支社は同管理本部の地方機関と位置付けられ、山陽新幹線小倉駅および博多駅の運転や設備管理、サービスなど駅業務全般を行うほか、九州エリアにおける同社の対外的な窓口としての機能も担う。

さらに2018年6月1日付で、本社鉄道本部の各部署の新幹線部門を統合した上で新幹線管理本部を組み込み、本社鉄道本部の内部組織である新幹線鉄道事業本部へと改組した[22]

近畿統括本部

京都・大阪・神戸の3つの支社が2010年12月に統合されて発足。

その他の支社・支店

歴代会長・社長

歴代の西日本旅客鉄道会長
代数 氏名 在任期間 出身校
初代 村井勉 1987年 - 1992年 東京商科大学(現・一橋大学
第2代 角田達郎 1992年 - 1997年 東京大学
第3代 井手正敬 1997年 - 2003年 東京大学経済学部
第4代 南谷昌二郎 2003年 - 2006年 東京大学経済学部
第5代 倉内憲孝 2006年 - 2012年 東京大学工学部
第6代 佐々木隆之 2012年 - 2016年 一橋大学経済学部
第7代 真鍋精志 2016年 - 東京大学法学部
歴代の西日本旅客鉄道社長
代数 氏名 在任期間 出身校
初代 角田達郎 1987年 - 1992年 東京大学
第2代 井手正敬 1992年 - 1997年 東京大学経済学部
第3代 南谷昌二郎 1997年 - 2003年 東京大学経済学部
第4代 垣内剛 2003年 - 2006年 東京大学法学部
第5代 山崎正夫 2006年 - 2009年 東京大学工学部
第6代 佐々木隆之 2009年 - 2012年 一橋大学経済学部
第7代 真鍋精志 2012年 - 2016年 東京大学法学部
第8代 来島達夫[24][25] 2016年 - 2019年 九州大学法学部
第9代 長谷川一明 2019年 - 東京大学法学部

歴史

1980年代