越戸駅
MT-Koshido Station 1.jpg
こしど
KOSHIDO
MY10 平戸橋 (1.1km)
(2.0km) 梅坪 MY08
所在地 愛知県豊田市越戸町梅盛4
駅番号 MY  09 
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 三河線
キロ程 2.2km(猿投起点)
知立から19.1km
駅構造 高架駅[1]
ホーム 相対式 2面2線[1]
乗降人員
-統計年度-
899人/日
-2018年-
開業年月日 1922年(大正11年)1月17日
備考 無人駅
駅集中管理システム導入駅)
テンプレートを表示

越戸駅(こしどえき)は愛知県豊田市越戸町にある、名古屋鉄道三河線である。駅番号はMY09

歴史

  • 1922年(大正11年)1月17日 - 三河鉄道の駅として開業[2]
  • 1941年(昭和16年)6月1日 - 三河鉄道が名古屋鉄道に合併。同社三河線の駅となる。
  • 1970年(昭和45年)8月16日 - 無人化[3]
  • 1984年(昭和59年)1月1日 - 貨物営業廃止[4]
  • 1990年(平成2年)10月1日 - 交換設備設置[5]
  • 1999年(平成11年)7月3日 - 高架化[6]
  • 2003年(平成15年)10月1日 - 駅集中管理システム及びトランパス導入。
  • 2011年(平成23年)2月11日 - ICカード乗車券「manaca」供用開始。
  • 相対式2面2線の高架駅である[1]。ホームは6両編成が停車できる長さがある[1](100系電車が豊田市駅 - 猿投駅を回送する際に当駅で交換できるようにするため)。 駅集中管理システムを導入した無人駅であり、豊田市駅から遠隔管理されている。利用者が少ないため、エレベーター設置などのバリアフリー対応工事は行われていない。

    のりば
    番線 路線 方向 行先
    1 MY 三河線(山線)[7][8][注釈 1] 下り 猿投ゆき[10]
    2 上り 知立ゆき[10]

    配線図

    越戸駅 構内配線略図

    猿投方面
    越戸駅 構内配線略図
    豊田市・
    知立方面
    凡例
    出典:[11]


    駅周辺

    • 越戸鉱山跡
    • 丸加醸造場(豊田名物の山牛蒡味噌漬けの製造元)
    • 国道153号
    • 愛知県道346号越戸停車場線
      • 『名鉄120年:近20年のあゆみ』によると2013年度当時の1日平均乗降人員は803人であり、この値は名鉄全駅(275駅)中242位、 三河線(23駅)中22位であった[12]
      • 『名古屋鉄道百年史』によると1992年度当時の1日平均乗降人員は627人であり、この値は岐阜市内線均一運賃区間内各駅(岐阜市内線・田神線・美濃町線徹明町駅 - 琴塚駅間)を除く名鉄全駅(342駅)中262位、 三河線(38駅)中26位であった[13]
      • 『豊田市統計書』によると、近年の1日平均乗降人員は以下の通り。
      年度 1日平均
      乗降人員
      2008年 708
      2009年 720
      2010年 706
      2011年 750
      2012年 780
      2013年 803
      2014年 772
      2015年 816
      2016年 879
      2017年 897
      2018年 899

      隣の駅

      名古屋鉄道
      MY 三河線(山線)
      [
      1. ^ 名鉄公式サイトにおいては「三河線(知立〜猿投)」と表記される[9]

      出典

      1. ^ a b c d 鉄道ピクトリアル』第49巻第11号、電気車研究会、1998年11月、 85頁。
      2. ^ 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社、2008年、45頁。ISBN 978-4107900258
      3. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、870頁。
      4. ^ 神谷力(編)『三河を走って85年―三河線・挙母線とともに歩んだ郷土の歴史と文化』郷土文化社、2000年、236頁。ISBN 978-4876701292
      5. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、1072頁。
      6. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、185頁。
      7. ^ 清水武「名古屋鉄道各線相互の直通運転」『鉄道ピクトリアル』第246巻、電気車研究会、1971年1月、 64頁。
      8. ^ 太田貴之「輸送と運転 近年の動向」『鉄道ピクトリアル』第816巻、電気車研究会、2009年3月、 38頁。
      9. ^ 三河線 路線・駅情報 - 電車のご利用案内、2019年7月14日閲覧
      10. ^ a b 駅時刻表:名古屋鉄道・名鉄バス、2018年2月24日閲覧
      11. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第816号 2009年3月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、巻末折込「名古屋鉄道 配線略図」
      12. ^ 名鉄120年史編纂委員会事務局(編)『名鉄120年:近20年のあゆみ』名古屋鉄道、2014年、160-162頁。
      13. ^ 名古屋鉄道広報宣伝部(編)『名古屋鉄道百年史』名古屋鉄道、1994年、651-653頁。

      関連項目