足利 惇氏(あしかが あつうじ、1901年(明治34年)5月9日 - 1983年(昭和58年)11月2日)は、日本のインドペルシア学者[1]。第5代東海大学学長を務める。文学博士(京都大学(1949年))。日本オリエント学会会長も務める。東京市本郷区駒込千駄木林町(現:東京都文京区千駄木)生まれ[2]。インド学において業績を残すとともに日本に本格的なイラン学を導入した。東海大学附属図書館には『足利惇氏文庫』と冠して資料が所蔵されている。

関東公方足利氏で旧喜連川藩家の足利子爵家当主。先代当主足利於菟丸と後妻ヒロの長男。前名・惇麿。妻は有馬頼寧の次女・澄。父の隠居に伴い、1935年12月2日に子爵を襲爵した[3]。死後、甥(惇氏の弟・宜麿の長男)の足利浩平が足利家を相続した。

来歴