追い出し猫(おいだしねこ)は福岡県宮若市特産品である。

概要

1995年平成7年)旧若宮町に組織された、特産品の委員会が、旧若宮町に伝わる「追い出し猫伝説」(次項を参照)に基づき試作を繰り返してできたものである。縁起物で、普通の招き猫の裏にもう一つの猫がくっついたような、表裏一体の形になっている。一方の側の猫は普通の招き猫と同様、笑顔で手招きをしており、幸せを招くとされているが、もう一方の側の猫は片手にほうきを持ち怒った顔をしており、ほうきで災いを追い出すとされる。怒った顔の側を表に向け、笑顔の側を裏に向ける。

1998年(平成10年)に東京で開催された「第12回日本全国むらおこし展特産品コンテスト」では、全国商工会連合会会長賞を受賞した。

由来

追い出し猫は、以下の話に基づき誕生した。「400年以上昔、宮若市(旧若宮町)に西福寺というお寺がありました。そこに住む和尚さんは、をたいそう可愛がっていた。あるとき、その寺に大ねずみが住み着き、大暴れして和尚さんはとても困っていました。これを見かねた和尚さんの飼い猫は、何百匹もの仲間の猫を集め、その大ねずみと長い時間戦い、とうとう退治しました。しかし、力尽きた飼い猫や仲間の猫もみんな死んでしまいました。哀れんだ和尚さんは、猫塚を作って、丁寧に供養しました。」

現在でも、その猫塚は残っており、猫塚公園として整備されている(猫塚公園については次の項参照)。なお、現在西福寺は宮若市に隣接する宗像市野坂にある。

現在の状況

現在、追い出し猫は同市の「宮若追い出し猫振興会」等が中心となって、生産・販売等の活動を続けている。この全国的に珍しい特産品に企業も注目し、サンリオ2008年10月、携帯ストラップご当地キティ宮若追い出し猫バージョン」を発売し、わずか3ヶ月で4500本売れた。また、不況になったことでかえって厄除け・招福の縁起物として人気を博し、2008年度は関連グッズの売上高過去最高を記録した。このことが、2009年5月に西日本新聞夕刊に掲載[1] 、さらにそれがYahoo! JAPANのトピックスに掲載され、瞬く間に全国的に広がった。また、その日のYahoo!検索ワードランキングで第2位になった[2]

そのほか、市内を走るJR九州バスは、直方線の主要バス停のデザインに、追い出し猫を採用している。また、2002年4月21日旧西福寺敷地にある猫塚周辺を「猫塚公園」として整備・開園し、猫塚の前には、大きな追い出し猫(招き猫側)の形をしたバス停(JR九州バス福間線、猫塚公園前バス停)がある。猫塚公園には親子連れや猫好きな人が数多く訪れているが、バス停のみを目的に訪れる人も少なくない。この公園は同市山口県道30号線県道92号線の分岐点にあり、すぐ前を九州自動車道が通過しているが、至って静かな場所である。また、地元有志により記念撮影ができるようにもなっている(ちなみに、猫塚に設置してあるさい銭箱は、キャットフードの空き缶である)。

種類・形態

先述のとおり、追い出し猫は、招き猫が2つくっついたような、変わった形をしているので、初めて見た人には非常にインパクトのある置物である。また、表裏両方の腹の部分は、シールを貼るようになっており、表には追い出したいもの(病魔や不合格、悪運、不景気等)を、裏には招きたいもの(健康や合格、幸運、商売繁盛等)を貼ったり書いたりする。なので開店祝いや新築祝い、見舞い品にも人気である。また、受験シーズンには受験生にも人気である。現在、販売されているものには以下のようなものがある。

  • 陶器製の置物(商品のメイン。サイズも小から特大、種類〔模様などが違い、それぞれ桜ちゃん等の名前が付けられている〕もさまざまである)
  • マスコット(土鈴、手のひらサイズ)
  • ハローキティ携帯ストラップ(合格祈願・厄除け・安全祈願・恋愛祈願の4種類)
  • 追い出し猫せんべい
  • その他、タオル類、Tシャツ、キーホルダー等

課題

追い出し猫はテレビラジオ新聞等のメディアでよく取り上げられる。しかし、どれも地方対象のものばかり(RKB西日本新聞等)で全国的にはまだ広がっていない。Yahoo!に掲載されたと述べたが一時的なものであり、今後は全国的な知名度向上が課題である。

販売箇所

販売は、インターネットのほか、宮若市の観光地である脇田温泉や、宮若市観光協会、市内のコンビニエンスストア等でも取り扱われている。

脚注

外部リンク