重イオン研究所のロゴ
重イオンを用いた脳腫瘍治療装置
加速器の一部

重イオン研究所(じゅうイオンけんきゅうじょ、ドイツ語: GSI Helmholtzzentrum für Schwerionenforschung GmbH)は、ドイツ連邦共和国ダルムシュタットにある原子核物理学素粒子生物物理学核化学に関する研究施設である。GSIと略される。

高エネルギー加速器による学術研究、重イオンビームを用いた癌治療に関する研究が主に行われている。研究所は連邦政府ヘッセン州およびEUから拠出される資金により運営されている。研究所の株主はドイツ連邦共和国が90%、ヘッセン州が10%となっている。

概要

1969年12月に設立され、以来世界各国から合計年間約1200人の研究者が研究設備を利用している。

1975年には120メートルの線形加速器UNILACが導入された。これはイオン光速の20%まで加速できるものであった。また1997年からはX線の代わりに炭素イオンビームを用いた悪性腫瘍に対する重粒子線がん治療装置を導入し、2000年から治療を開始した。炭素イオンビームはX線よりもシャープで臓器への影響をより抑えるという利点がある。

今後は、加速器のビームの強度を高め、さらなる未知の原子核の合成、反物質のビームの研究などを計画している。

将来的にFAIR(Facility for Antiprotons and Ions Research)と呼ばれるRIビームの13カ国(オーストリアフィンランドフランス、ドイツ、インドイタリアルーマニアロシアスロベニアスウェーデンイギリススペインポーランド)が参加する国際組織を構築する計画である。

新元素発見

重イオン研究所において、線形加速器(UNILAC)および高エネルギー重イオン加速器により以下の原子核を合成し、新元素発見として認められた。これらの元素のうちハッシウム(ヘッセン州)およびダームスタチウム(ダルムシュタット)は研究所の所在地にちなんで名称が与えられた。