金山駅
KanayamaStation-NorthGate.jpg
金山総合駅北口
かなやま
Kanayama
(金山総合駅)
所在地 名古屋市熱田区中区
所属事業者 名古屋鉄道(名鉄・駅詳細
東海旅客鉄道(JR東海・駅詳細
名古屋市交通局駅詳細
テンプレートを表示
金山総合駅南口

金山駅(かなやまえき)は、愛知県名古屋市熱田区中区にある、名古屋鉄道東海旅客鉄道(JR東海)・名古屋市交通局名古屋市営地下鉄)のである。

概要

名鉄の名古屋本線、JR東海の中央本線東海道本線、名古屋市交通局(名古屋市営地下鉄)の名城線および名港線の合計3社局5路線が乗り入れており、名古屋駅に次ぐターミナル駅として機能している。駅の北口から南口のビル・広場と中央のコンコースは名古屋市が建設・保有し、全体を金山総合駅(かなやまそうごうえき)と称している。当駅は、総合駅として一括した形で第1回中部の駅百選に認定されている。中央本線の運行形態の詳細は「中央線 (名古屋地区)」を、東海道本線の運行形態の詳細は「東海道線 (名古屋地区)」を、それぞれ参照。

地上1階に線路を南北にまたぐ公共通路があり、通路を挟んで西側にJRの駅舎、東側に名鉄の駅舎が配されている。名鉄とJRのホームは掘割にあり、北側からJR中央本線、名鉄名古屋本線豊橋方面、名鉄名古屋本線岐阜方面、JR東海道本線の順に4本の島式ホームがあり、JR2路線の駅の間に名鉄の駅が挟まれる独特な構造となっている。駅舎およびコンコースは、線路上に設けられた人工地盤の上に設置されている。地下鉄金山駅はこれらの北側地下に位置し、公共通路とエスカレーターで結ばれている。

歴史