金町駅*
こがねまち
KOGANEMACHI
徹明町 (0.3km)
(0.4km) 千手堂
所在地 岐阜県岐阜市
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 岐阜市内線
キロ程 1.2km(岐阜駅前起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年(大正14年)6月1日
廃止年月日 2005年(平成17年)4月1日
備考 * 1944年から1950年まで休止、再開時に高野町から改称。
テンプレートを表示

金町駅(こがねまちえき)は、岐阜県岐阜市金町4丁目にあった、名古屋鉄道岐阜市内線停留場)。

歴史

1925年(大正14年)に美濃電気軌道の駅として開業した際の駅名は高野町駅(たかのちょうえき)であった。その後1944年(昭和19年)から営業を休止し、1950年(昭和25年)に金町駅と改称の上営業を再開した。

  • 1925年(大正14年)6月1日 - 美濃電気軌道の徹明町駅 - 千手堂駅間の開通と同時に高野町駅として開業[1]
  • 1944年(昭和19年) - 休止[1]
  • 1950年(昭和25年)9月10日 - 金町駅と改称し復活[1]
  • 相対式2面2線の乗り場を持ち、乗り場は交差点を挟んで千鳥式に配置されていた[3]。ただし道路との併用軌道上で、安全地帯はなく、「グリーンベルト」と称して路面を緑色に塗装してあるだけだった。

    配線図

    金町駅 構内配線略図

    千手堂方面
    金町駅 構内配線略図
    徹明町方面
    凡例
    出典:[4]


    駅周辺

    • 金神社
    • 明治安田生命金町ビル
    • 宮下薬局

    隣の駅

    名古屋鉄道
    岐阜市内線
    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c 『岐阜のチンチン電車 岐阜市内線と美濃町・揖斐・谷汲線の85年』郷土出版社、1997年、218-230頁。ISBN 4-87670-097-4
    2. ^ 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社、2008年、52頁。ISBN 978-4-10-790025-8
    3. ^ 川島令三全国鉄道事情大研究』名古屋北部・岐阜篇 1、草思社、1997年、131頁。ISBN 4-7942-0796-4
    4. ^ 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』通巻第473号 1986年12月 臨時増刊号 「特集 - 名古屋鉄道」、付図「名古屋鉄道路線略図」

    関連項目