鎌谷駅
鎌谷駅.jpg
北側からの全景(営業当時)
かまや
KAMAYA
福地 (1.4km)
(1.7km) 上横須賀
所在地 愛知県西尾市鎌谷町中屋敷
所属事業者 名古屋鉄道
所属路線 西尾線
キロ程 18.8km(新安城起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
97人/日(降車客含まず)
-2005年-
開業年月日 1928年(昭和3年)10月1日
廃止年月日 2006年(平成18年)12月16日
テンプレートを表示

鎌谷駅(かまやえき)は、愛知県西尾市鎌谷町中屋敷にあった、名古屋鉄道西尾線

矢作古川鉄橋建設のために1915年に仮設された後、地元負担の請願駅として1928年に再開業した[1]。しかし利用者の減少により2006年12月16日をもって再び廃止された。

歴史

西尾鉄道が吉田線として西尾 - 吉良吉田間を建設する際、難工事が予想されたのが矢作古川を渡る架橋工事であった[2]。橋梁材輸送のため一色口駅から矢作古川西岸まで延伸し横須賀口駅を仮設したが、この仮駅は橋梁完成後とともに廃止された[3][2](笹曽根村社祭典に伴い花火駅として再度仮設されたが数日で撤去された[4][5])。

その後、地元では蓮光寺住職の藤濤鷹麿らによる駅誘致運動が起こり、会社顧問の颯田京平を介して愛知電気鉄道(愛電)[注釈 1]に駅設置を要請した[2]。鎌谷集落の旅客利用だけでは駅誘致は困難であったため、鵜ヶ池、十郎島、天竹集落からの協力を得たり、愛電に対して貨物需要(苗木出荷など)の見込みを提示したりした[2]。数回の折衝の後、1928年(昭和3年)3月に愛電から駅新設の承諾を得ることができたが、建設資金や土木工事、駅前道路の整備などはすべて地元負担とされた[1]。地元は周辺集落の支援も得てこれに対応し、半年後の電化改軌までに諸工事を済ませ、駅開業に漕ぎ着けた[1]。なお、当初は仮駅時代と同じ横須賀口を駅名とする予定だったが、地元の要望で鎌谷に改められた[1]