長居公園
Nagai Park
Views from Abeno Harukas in 201512 008.JPG
Nagai-park.JPG
上・あべのハルカスから望む全景
下・南西入口
分類 都市公園運動公園
所在地
座標 北緯34度36分44.4秒 東経135度31分6.5秒 / 北緯34.612333度 東経135.518472度 / 34.612333; 135.518472座標: 北緯34度36分44.4秒 東経135度31分6.5秒 / 北緯34.612333度 東経135.518472度 / 34.612333; 135.518472
面積 65.7ha
開園 1944年4月1日[1]
運営者 大阪市(指定管理者:長居公園スポーツの森プロジェクトグループ)
設備・遊具 陸上競技場、球技場、プール、庭球場、相撲場他
駐車場 あり
アクセス 当項目を参照。
事務所所在地 大阪市東住吉区長居公園1-1
公式サイト http://www.nagai-park.jp
テンプレートを表示

長居公園(ながいこうえん)は、大阪府大阪市東住吉区にある都市公園運動公園[2]

公園区域のみで単独の街区「長居公園」(郵便番号 546-0034)を形成する。

概要

1928年(昭和3年)5月29日に、大阪市が住吉区東長居町[注 1]の一帯66.12haを「臨南寺公園」(りんなんじこうえん)として造営計画を決定[1]。ちなみに「臨南寺」は東長居町に存在した曹洞宗の寺院で、現在も園内の一角に寺院が存在する[3]1934年(昭和9年)に「長居公園」に改称後、1944年(昭和19年)4月1日に開園した[1]

太平洋戦争後の1948年(昭和23年)には園内に市営競馬場として「大阪競馬場」が開場、1950年には市営競輪場として「大阪中央競輪場」が開場した。しかし大阪競馬場は開場から11年後の1959年に閉場、大阪中央競輪場もその3年後の1962年に閉場した。

その後長居公園は本格的な運動公園としての整備を開始。競輪場跡に長居陸上競技場が完成したのを皮切りに、複数のスポーツ施設・文化施設が整備され、1993年(平成5年)の長居第2陸上競技場の完成をもって整備完了となった。

2009年から公園内の施設全体の指定管理者制度が導入され、2009年度から2015年度までは(財)大阪市スポーツ・みどり振興協会、美津濃(株)、三菱電機ビルテクノサービス(株)で構成される「長居公園スポーツ・みどり振興グループ」[4]が、2016年度からは(一財)セレッソ大阪スポーツクラブ、(一財)大阪スポーツみどり財団、(株)NTTファシリティーズ、関西ユニベール(株)、シンコースポーツ(株)、モリタスポーツ・サービス(株)、タイムズ24(株)で構成される「長居公園スポーツの森プロジェクトグループ」[5]が管理運営を行っている[6]

園内施設

長居相撲場