長澤 榮治(ながさわ えいじ、1953年4月[1] - )は、日本政治学者東京大学東洋文化研究所西アジア研究部門名誉教授。専門はエジプト社会経済史。山梨県出身。

略歴

1976年東京大学経済学部経済学科卒業。その後アジア経済研究所、東京大学東洋文化研究所助教授、日本学術振興会カイロ研究連絡センター長を経て東大東洋文化研究所教授。2019年定年退任、名誉教授となる。

パレスチナ研究

長澤はエジプトだけではなくパレスチナに関しても深く研究しており[2]、研究活動だけではなく在野市民活動家とともにシンポジウムも定期的に行っている[3]

著書