阪急ドラマシリーズ(はんきゅうドラマシリーズ・Hankyu drama Series)は1965年10月から1994年3月にかけて宝塚映像(旧・宝塚映画制作所)と関西テレビ放送の制作、阪急電鉄阪急百貨店阪急不動産を筆頭とする阪急東宝グループ提供により放送されていたテレビドラマシリーズのタイトルである。ここでは1971年以前の「宝塚映画シリーズ」のタイトルで放送された作品も記しておく。

概要

  • 当初は金曜日(極初期) → 木曜日22:30 - 23:00枠を用いた、フジテレビとの同時ネットで放送されており(後者は現在の木曜劇場の時間帯)、中高年齢層向けのホームドラマ路線を1クール、もしくは2クール単位で制作していた。初期には、宝塚歌劇団の現役生徒[注釈 1]タカラジェンヌ)が、主演級の役で出演した事もあった。また最初の金曜日時代は休止期間もあった。
  • 1981年10月開始の『事件ですよ! 』からは、関西地区限定の木曜日19:00 - 19:30枠へ移動(フジテレビは金曜日17:30 - 18:00の遅れネットに変更)。1982年4月開始の『先生お・み・ご・と! 』からは、フジテレビが金曜日19:00 - 19:30枠を一時的に放棄していた事情もあって、同時間帯へと移動。内容を若年齢層向けのファミリードラマ路線へ一新することで、1982年4月 - 1983年3月末までの1年間は、関東地区でもゴールデンタイムにおける同時ネットが実現した。金曜日19:00 - 19:30枠における放送は、1983年4月以降も関西地区限定で継続された。一方、関東地区では阪急グループの提供降板もあり、夕方(16:00枠)や、早朝(6:00枠)への移動が頻発することになるが、それでも最終作まで放送を継続した。
  • スポンサーの性質上、阪急沿線(京阪神地域)がドラマの舞台になっており、劇中でも阪急マルーンの電車が常に登場。かつての神戸阪急ビルを背景に、撮影された場面も多かった。
  • 阪神淡路大震災前に終了した事から同シリーズの特に阪神間ロケのドラマに震災前の貴重な街並みや名所が収められている。
  • 1980年頃までは、出演者が阪急電車へ乗る場面には必ず、阪急電車のコマーシャルソングを模した音楽が使われていた。
  • 関西テレビにおける提供場面は、1985年4月から"この番組は阪急グループ(阪急東宝グループ)がお送りします(しました)"と、朗読されていた。阪急グループとはいっても番組中に放送されたCM阪急電鉄阪急百貨店阪急不動産新阪急ホテル(1981年4月から)・阪急イングス(阪急百貨店イングス館を経て、2012年阪急うめだ本店に吸収・閉店)や宝塚ファミリーランド2003年に閉園)以外は流れていなかった。
  • フジテレビで放送される際は、阪急不動産など当時首都圏で事業展開していなかったものはカットされ(バックだけ一瞬写っていた)、阪急百貨店のCMも「大井店・東京数寄屋橋店」とわざわざ店舗名をいれたものになっていた。しかし、新阪急ホテルや宝塚ファミリーランドのCMが放映されていた他(関西旅行にとナレーションが入っていた)、関東での阪急ブレーブスの試合案内など東京用にアレンジしたりもされていた。
提供テロップ
  • 放送開始時(1965年10月)~1981年3月まで
    • 阪急電車・阪急百貨店・阪急不動産
  • 1981年4月~1983年3月まで
    • 阪急電車・阪急百貨店・阪急不動産・新阪急ホテル
  • 1983年4月~1990年春まで
    • 阪急グループ
  • 1990年~1992年春まで
    • 阪急東宝グループ(1990年から1年間はゴシック帯の書体で1991年以降は現行の阪急阪神東宝グループの書体だった)
  • 1992年~終了まで
    • 阪急東宝グループ(下段に阪急電車・阪急百貨店・阪急不動産と小さい文字で記されていた)

作品一覧

宝塚映画シリーズ

  • 水のように(1965年)

(この間、ドキュメンタリー番組『ドキュメンタリー・カラハリ』のため中断)

  • 我が心の歌(1966年)
  • 楽天夫人(1967年) - この後『パリのたからじぇんぬ』を3週放送
  • ほっこまい(1967年)
  • ふぐ大将(1967年)2クール作品
  • 東西屋大将(1968年)
  • 黒い髪の智子(1968年)
  • わが恋やまず(1969年)
  • 二つの影(1969年)
  • 花はくれない(1970年)2クール作品
  • 佐野洋サスペンスアワー(1970年)2クール作品

阪急ドラマシリーズ