阿蘇山
20140516阿蘇山広域.jpg
阿蘇山空撮(2014年5月)
所在地 日本の旗 日本 熊本県
位置 北緯32度53分3秒 東経131度6分14秒 / 北緯32.88417度 東経131.10389度 / 32.88417; 131.10389座標: 北緯32度53分3秒 東経131度6分14秒 / 北緯32.88417度 東経131.10389度 / 32.88417; 131.10389
最高峰 高岳(1,592m
種類 成層火山 (活火山ランクA)
阿蘇山の位置(九州内)
阿蘇山
阿蘇山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

阿蘇山(あそさん)は、日本九州中央部、熊本県阿蘇地方に位置する複式活火山外輪山と数個の中央火口丘である、高岳中岳根子岳烏帽子岳杵島岳の阿蘇五岳からなり、最高点は高岳標高1592m。外輪山は南北25km、東西18kmに及び(屈斜路湖に次いで日本では第2位)面積380km2の広大なカルデラ地形(鍋型)を形成する[1][2]

2007年、日本の地質百選に「阿蘇」として選定された。2009年(平成21年)10月には、カルデラ内外の地域で、巨大噴火の歴史と生きた火口を体感できる「阿蘇ジオパーク」として日本ジオパーク世界ジオパークに認定されている。「日本百名山」の一座としても取り上げられている[3]

概要

外輪山の大観峰から見たカルデラと阿蘇五岳

阿蘇山は、世界でも有数の大型カルデラと雄大な外輪山を持ち[4]、「火の国」熊本県のシンボル的な存在として親しまれている。火山活動が平穏な時期には火口に近づいて見学できるが、活動が活発化したり、有毒ガスが発生した場合は火口付近の立入りが規制される。

阿蘇山のカルデラ内部に出来た中央火口丘群のうち、その中核を成しほぼ東西に一列に並ぶ根子岳、高岳、中岳、杵島岳、烏帽子岳の五峰を阿蘇五岳(あそごがく)と呼ぶ[5]。北側の阿蘇谷方面から阿蘇五岳を見た姿は、釈迦が寝ている姿=涅槃像に似ていると言われており、名物の雲海で五岳が雲間から浮かんでいる姿は特に好まれている。阿蘇五岳の中央に位置する噴火口のある山が中岳、最高峰が高岳、ギザギザの山が根子岳である。各山の山頂付近は九重連山雲仙岳と並ぶミヤマキリシマの一大群生地となっており、最盛期には南郷谷から烏帽子岳の斜面がピンクに染まる山肌を見ることが出来る。根子岳は地層調査によって他の山より古くからある山であることが分かり、カルデラ形成前からあったものであると推定されている。阿蘇山の南麓には名水として知られる白川水源がある[6]

阿蘇山は外輪山の内側を中心として阿蘇くじゅう国立公園に指定されており、温泉や観光・レジャースポットが点在する有数の観光エリアとなっている。夏になると多くのライダーがツーリングに訪れる。

噴火時の災害対策として、中岳火口周辺には退避壕が9つ建てられている[7]

地形

阿蘇カルデラの地形図
中央火口丘の地形図

最高峰の高岳(1,592.3m)を始めとする中岳(1,506m)、根子岳(1,408m)、烏帽子岳(1,337m)、杵島岳(1,270m)の阿蘇五岳の他、往生岳(1,235m)などを含む1,000m級の山が連なる。烏帽子岳山頂には一等三角点「西烏帽子岳」、高岳山頂には三等三角点「高岳」、根子岳山頂東側の尾根には二等三角点「根子岳」が設置されている[8]

名称 種類 形成時期 備考
中岳 成層火山 中央火口丘の最高峰。7つの火口を持ち現在活動中の火山
高岳 成層火山[9] 鷲ヶ峰火山の上に載る小型の成層火山[9]
烏帽子岳 成層火山[9]
草千里ヶ浜 軽石丘[9] 約27,000年前[10] 二重の火口[11]
杵島岳 スコリア丘 約4,000年前[12]
往生岳 スコリア丘[9] 約3,600年前[13]
米塚 スコリア丘[13] 約3,300年前 基底直径約380m、比高約80m[11]
蛇ノ尾 スコリア丘[12] 4,900-4,100年前[14] 米塚の溶岩流で大部分を埋められる[9]
楢尾岳 成層火山[9] 北西に開いた馬蹄形の火口地形がある[9]
御竈門山 成層火山[9] 長径800mの東北東に開く馬蹄形火口がある[9]
夜峰山 火砕丘[9] 現在の山体は火砕丘の南半部にあたる[9]
池の窪 タフリング[11] 1万年より古い[11] 夜峰山の北側にある[11]
根子岳 成層火山[9] 約15万年前[9] 中央火口丘の他の火山より古く、Aso-4の大噴火前の火山(Aso-3よりも古い)[9]

中央火口丘群

「阿蘇山」は、狭義にその中央火口丘群である根子岳、高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の5峰の総称を指すこともある。最高地点は高岳の1,592メートルで、「ひごくに(肥後国)」の語呂合わせで覚えられる。中岳の火口は現在も噴煙を上げ続け時々噴火する活火山で、火口西側まで道路(阿蘇山公園道路)が通じている。

阿蘇カルデラ

カルデラ壁

阿蘇カルデラは、30万年前-9万年前に発生した4回の巨大カルデラ噴火により形成されたカルデラ地形である。その大きさは日本で2番目で、1位は北海道屈斜路カルデラである。また3位は鹿児島県の桜島の北にある姶良カルデラである。阿蘇山は火口湖も海もなく、カルデラの中に立って周囲の外輪山を見渡すことができる。カルデラを取り囲む外輪山も阿蘇火山に含まれ、東西約18キロメートル・南北約25キロメートルに及ぶ。カルデラを見下ろす大観峰などは、カルデラ噴火前の火山活動による溶岩とカルデラ噴火による火砕流堆積物溶結凝灰岩)で構成された山である。

カルデラ盆地は中央火口丘によって南北に二分され、北は阿蘇谷、南は南郷谷と呼ばれる。阿蘇谷は阿蘇市に、南郷谷は阿蘇郡高森町および南阿蘇村に属する。阿蘇谷には、熊本と大分を結ぶJR豊肥本線が通る。南郷谷には豊肥本線立野駅から分岐する第三セクター南阿蘇鉄道が走る。カルデラ内は湧き水が豊富で平坦な地形が開け、農業生産に適しており、古くから人が住み集落を形成していた。7世紀の中国の歴史書『隋書隋書倭国伝)』や『北史北史倭国伝)』にも「阿蘇山」の名が見え、火を噴き上げる山として知られていた。

火砕流台地の範囲

9万年前の巨大カルデラ噴火による噴出物は384 km3 DRE(見かけ体積600km3、ほぼ富士山の山体全部の大きさ)に達し、火砕流は九州の半分を覆ったと推定されている。特に厚く堆積した地域では火砕流台地となって残っている。この台地は九州中央部に広く分布し、緩やかに波打つ平原を形作っている。周辺自治体の熊本県高森町東南部、熊本県山都町北部一帯のほか、隣県の宮崎県五ヶ瀬町北部や、同県西臼杵郡高千穂町大分県竹田市などもその中に入る。

気候

阿蘇山
雨温図説明
123456789101112
 
 
93
 
2
-5
 
 
130
 
4
-4
 
 
224
 
8
-0
 
 
238
 
13
5
 
 
294
 
17
10
 
 
635
 
20
14
 
 
670
 
23
18
 
 
319
 
24
18
 
 
288
 
21
15
 
 
131
 
16
9
 
 
111
 
10
4
 
 
74
 
5
-2
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁

平野部と同じく太平洋側気候だが、西岸海洋性気候(Cfb)に属し(阿蘇市街地などの大部分は温暖湿潤気候)、概ね北海道道南から東北地方北部にかけての太平洋沿岸の気候に似ており、夏季冷涼・冬季厳寒である。中岳西側の阿蘇山上(露場の標高1142.3m、北緯32°52.8′、東経131°04.4′)では1931年11月から地上気象観測が行われてきた。1939年11月には阿蘇山測候所となったが2009年10月に測候所は廃止された。以後は、阿蘇山特別地域気象観測所として自動観測が行われていたが、2017年12月11日14時をもって観測所は廃止された。

年間平均気温は9.9℃で、九州の他地域と比べると大幅に低く、東北地方の大半の都市と比較しても低い値となっている。降水量は年間降水量で3206.2mmと大変多く、特に6月から7月にかけての梅雨の時期は土砂降りの大雨が続き、その豊富な雨水は大地を潤し、県の地下水資源ともなっている。

冬の訪れは、九州としてはかなり早く9月末から10月にかけて初氷初霜が観測され[要出典]、11月初頭から中旬頃にかけて初雪を観測し、12月以降は本格的な冬となる。真冬になると気温は-10℃未満の日も珍しくなく、強い冬型の気圧配置になった場合は、山頂は-15℃程度まで低下する[15]。最高気温0℃以下の真冬日は26日程度である[16]。ただし、中国地方以東の山とは異なり根雪とはならず、近年では積雪は多くても100cmを超えることは無く、豪雪地帯には指定されていない。の訪れも九州としては遅く、4月に入っても降雪積雪を観測することがある。夏は標高が1,000メートル以上と高いため、これまで真夏日猛暑日を観測したことは観測史上一度も無い。(最高気温の記録は2016年8月11日に観測された29.8℃[15]。)また、避暑地としても利用できる。朝は最低気温が盛夏でも20℃未満となる日が多いが、15℃未満となる日は少ない。

阿蘇山特別地域気象観測所(標高1142.3m)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 16.0
(60.8)
16.6
(61.9)
19.3
(66.7)
23.8
(74.8)
26.0
(78.8)
27.2
(81)
29.6
(85.3)
29.8
(85.6)
28.0
(82.4)
25.1
(77.2)
20.7
(69.3)
15.8
(60.4)
29.8
(85.6)
平均最高気温 °C (°F) 1.7
(35.1)
3.5
(38.3)
7.6
(45.7)
13.1
(55.6)
17.3
(63.1)
19.9
(67.8)
23.0
(73.4)
23.9
(75)
21.0
(69.8)
16.0
(60.8)
10.4
(50.7)
4.5
(40.1)
13.49
(56.28)
日平均気温 °C (°F) −1.5
(29.3)
−0.2
(31.6)
3.4
(38.1)
8.8
(47.8)
13.3
(55.9)
16.7
(62.1)
20.0
(68)
20.4
(68.7)
17.5
(63.5)
12.1
(53.8)
6.7
(44.1)
1.2
(34.2)
9.9
(49.8)
平均最低気温 °C (°F) −4.6
(23.7)
−3.6
(25.5)
−0.4
(31.3)
4.9
(40.8)
9.6
(49.3)
13.9
(57)
17.7
(63.9)
18.0
(64.4)
14.8
(58.6)
8.8
(47.8)
3.5
(38.3)
−2.0
(28.4)
6.72
(44.08)
最低気温記録 °C (°F) −15.4
(4.3)
−15.9
(3.4)
−13.1
(8.4)
−7.6
(18.3)
−1.0
(30.2)
5.5
(41.9)
9.8
(49.6)
10.5
(50.9)
4.5
(40.1)
−4.0
(24.8)
−7.7
(18.1)
−13.0
(8.6)
−15.9
(3.4)
降水量 mm (inch) 93.2
(3.669)
130.0
(5.118)
224.4
(8.835)
237.7
(9.358)
294.4
(11.591)
634.6
(24.984)
669.7
(26.366)
318.9
(12.555)
287.6
(11.323)
131.3
(5.169)
111.1
(4.374)
74.3
(2.925)
3,206.2
(126.228)
降雪量 cm (inch) 47
(18.5)
37
(14.6)
17
(6.7)
2
(0.8)
2
(0.8)
22
(8.7)
128
(50.4)
湿度 83 80 78 73 76 84 90 87 85 79 79 81 81
平均月間日照時間 95.3 111.9 132.9 160.6 161.9 114.3 116.8 141.3 126.0 152.6 123.8 113.5 1,550.9
出典: 気象庁

火山史

中岳の第一火口

約600万年前から35万年前の活動が報告されている[17]、しかしそのほとんどの活動は、約85万年前より新しい活動による[17]。一方、過去1万年間に活動した火山と噴出物は、蛇ノ尾スコリア丘、赤水溶岩、杵島岳(約4000年前)と往生岳(約3600年前)、米塚(約3300年前)と中岳などである[18]

活動の様式から、カルデラ形成以前の先カルデラ火山活動期の先阿蘇火山群、カルデラ噴火を繰り返すカルデラ形成期、カルデラ噴火以降の中央火口丘群の活動が中心となった後カルデラ火山活動期と3つに分けられる[17]。なお、爆発的噴火が特徴であり高野尾羽根溶岩[19]等を見出す事が出来るが、溶岩流を流出させる活動は少ない。

先阿蘇火山群

先阿蘇火山の溶岩崖を流れる古閑の滝

30万年以上前に現在の外輪山などを形成した火山群の比較的小規模の活動があった[17]。阿蘇カルデラ外輪山北西部にある鞍岳ツームシ山はこの先阿蘇火山群のひとつである。なお、これらの火山群はカルデラの下に埋没している[20]

カルデラ形成期

先阿蘇火山岩類の最後の活動とされる坂梨流紋岩(45~40万年前)から約20~10万年間の休止期を挟んで、阿蘇火山が活動を開始した。なお休止期にも土壌には風化したスコリアが挟まれることから何らかの火山活動はあったと考えられるが、詳細は不明である[21]

約27万年前から9万年前までに大規模な噴火が4回 (Aso-1~4) あった。大量の火山礫や火山灰を噴出したため、広範囲に火砕流を到達させ火口の周囲に火砕流台地と巨大な窪地(カルデラ)が形成された。Aso-1~4いずれも噴出物の全岩化学組成が珪長質から苦鉄質へと変化する堆積物を有している[21]

  • Aso-1 : 26.6万年前±1.4万年[22]、噴出量 32 DRE km3[23]
  • Aso-2 : 14.1万年前±0.5万年[22]、噴出量 32 DRE km3[23]
  • Aso-3 : 12.3万年前±0.6万年[24]、噴出量 96 DRE km3[23]
  • Aso-4 : 9万年前±0.4万年、噴出量 384 DRE km3[23]

その中でも4回目の噴火 であるAso-4 (約9万年前) は最も規模が大きく噴出量は約600立方kmを越えており[25][注釈 1]、火砕流は九州中央部を覆い一部は海を越え山口県秋吉台まで達し[26]、火山灰は日本海海底、北海道まで達した[27]。朝鮮半島でも確認されている[28]。約9万年前に起きたこの噴火は「ウルトラプリニー式噴火破局噴火)」であったといえる。阿蘇3テフラ[24]、阿蘇4テフラの火山灰でできた地層を見つければ年代を特定でき、植物学、考古学など様々な研究分野で重要な指標堆積物として使われている。

後カルデラ火山活動期

阿蘇4火砕流と阿蘇4テフラの広がり。火砕流は九州のほぼ全域に達し、火山灰は九州から北海道南部の広範囲で15cm以上堆積している。

中央火口丘群の高岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳は、前述4回目の巨大カルデラ噴火後に活動した火山。中岳は現在でも活発な活動している。根子岳は4回目の巨大カルデラ噴火よりも古いと推定されている。 後カルデラ火山の活動を研究した長岡ら(2004)[29]は、活動を幾つかのステージに分類した。

  • 8万年前 : 阿蘇-4火砕流噴出直後から始まる「高森ステージ」では、プリニー式噴火、マグマ水蒸気噴火。
  • 年代不明 : 「桜町ステージ」はマグマ水蒸気噴火が特徴で、古阿蘇湖久木野湖が存在していた時代。
  • 5万年前から3万年前 : 「荻ステージ」では降下軽石・スコリア・火山灰・岩片など変化に富んだ噴出物をもたらす噴火で、プリニー式噴火、サブプリニー式噴火ブルカノ式噴火などの各種の噴火が交互に起きた。高野尾羽根溶岩を噴出した活動も該当する。
  • 3万年から1万5千年前 : 「波野ステージ」では高岳や中岳火山古期山体からサブプリニー式噴火、プリニー式噴火。
  • 1万5千年前以降 : 「一の宮ステージ」では中岳火山古期および新期山体からのブルカノ式噴火で、それ以前の活動と比較すると比較的小規模。

有史以後の主な活動

主に中岳を中心に6世紀ころから頻繁な活動が記録されており、日常的に土砂噴出、赤熱現象、噴火が観測されている [30][31]

中岳噴火(1953年4月)
噴煙を上げる中岳(2015年9月)

記録に残る顕著な活動は、以下のとおりである。

  • 1274年(文永11年) 噴石、降灰のため、田畑荒廃。
  • 1558年から1559年 (永禄元年から2年)新火口生成。
  • 1772年から1780年 (安永年間)降灰のため、農作物の被害。
  • 1816年(文化13年) 水蒸気噴火。噴石で死亡1名
  • 1854年(安政元年) 2月26日の噴火により、参拝者3人死亡。
  • 1872年(明治5年) 12月30日の噴火により。硫黄採掘者が数名死亡。
  • 1884年(明治17年) 中央火口の最北部に新火口生成。
  • 1929年(昭和4年) 降灰多量、農作物、牛馬被害。
  • 1932年(昭和7年) 空振のため阿蘇山測候所窓ガラス破損。12月18日火口付近で負傷者13名。
  • 1933年(昭和8年) 第二、第一火口の活動活発化。直径1m近い赤熱噴石が高さ、水平距離とも数百m飛散。
  • 1953年(昭和28年) 第一火口から噴出した噴石で観光客死者6名、負傷者90余名。
  • 1958年(昭和33年) 第一火口からの噴出物で山腹一帯に多量の降灰砂、死者12名、負傷者28名。
  • 1975年(昭和50年)1〜6月。前年8月から噴火断続、火口周辺に降灰。1月下旬に地震群発、震源は阿蘇カルデラ北部、最大地震は1月23日23:19、M6.1、阿蘇山測候所で震度5。
  • 1979年(昭和54年) 楢尾岳周辺で死者3名、重傷2名、軽傷9名、火口東駅舎被害。
  • 1989年(平成元年) 降灰多量で農作物に被害。
  • 2007年(平成19年) 噴火警戒レベル1[32]
  • 2011年(平成23年) 東北地方太平洋沖地震以降、火口北西側10km付近の地震活動が一時的に増加。
  • 2014年(平成26年) 噴火警戒レベル2[33]
  • 2015年(平成27年)9月14日 9時43分、中岳第一火口より噴火[34]。噴石及び噴煙(上空2,000m)の発出が確認されたため、噴火警戒レベル3[35]
  • 2016年(平成28年)4月16日 午前8時半頃から約10時間、中岳第一火口でごく小規模の噴火。熊本地震 (2016年)の強い揺れにより火口壁が崩落、崩れた土砂が火山ガスや蒸気で噴き上げられたとみられている[36]
  • 2016年(平成28年)10月8日 午前1時46分ごろ噴火が発生した[37]ため噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ[38]