障害者が利用できる施設であることを示す「国際シンボルマーク

障害者(しょうがいしゃ、: disability, handicapped)は、心身の障害の発露により生活に制限を受ける者。児童福祉法は18歳未満を障害児とする。

定義

法律は、身体障害者知的障害者精神障害者発達障害者を含む。軽度の障害で制約を受ける者も同様に分類される[注 1]が、本項は下記の内容を中心に説明する。

和訳に際し、不可逆的な状態を指すdisabilityの訳語である障碍の字があてられる状態と、精神障害のdisorderの訳語である障害は異なる[1]

WHOの定義

Disabilities is an umbrella term, covering impairments, activity limitations, and participation restrictions. An impairment is a problem in body function or structure; an activity limitation is a difficulty encountered by an individual in executing a task or action; while a participation restriction is a problem experienced by an individual in involvement in life situations. Thus disability is a complex phenomenon, reflecting an interaction between features of a person’s body and features of the society in which he or she lives.[2].
障害とは、身体の損傷、活動の制約、参加の制限が含まれる包括的な用語である。損傷は身体における機能もしくは構造に対するものを指し、活動の制約は個人が仕事や行動を行う際に直面する困難を指し、参加の制限は個人が生活する中で体験する問題である。したがって、障害は複雑な現象であり、ある個人の肉体が持つ特徴と、その人が生きる社会の特徴とがもたらす相互作用の反映である。

デラウェア大学の定義

デラウェア大学英語版出版の『脳性まひ看護ガイド』(Cerebral Palsy: A Guide for Care)は、以下の様に述べている[3]

減損 (Impairment) の語は、筋肉を自在に動かせない、不要な動きを制御できない、などを、標準からの統計的偏差として示す表現である。障害 (Disability) の語は、日常生活で同年齢の他人ができる正常な動きに制限があることに用いる。3歳児の多くは独歩できるが、できない子供は障害がある。ハンディキャップ (Handicap) の語は、障害を抱えるため、同じ社会文化的な環境条件で同世代の他人と、社会における正常な役割を活動できない子供や大人を表すのに使われる。食事、排泄、衛生などを自分で処理できない16歳の少年はハンディキャップがある。松葉杖を用いて自ら歩行して普通学級に通い、日常を自活できる同じ歳の少年は、障害があるがハンディキャップを抱えていない。すべての障害者は何らかの減損を持ち、全てのハンディキャップを抱える人は何らかの障害を持っている。減損を持つ人が必ず障害者ではなく、障害者がハンディキャップを抱えているとも限らない。

国際連合の定義

1975年、国際連合身体障害Physical Disability)及び精神障害Mental Disability)に対する「障害者の権利宣言(Declaration on the Rights of Disabled Persons)」を決議した。同宣言は「『障害者』という言葉は先天的か否かにかかわらず、身体的または精神的能力の欠如のために、普通の個人または社会生活に必要なことを、自分自身で完全、または部分的に行うことができない人のことを意味する[注 2]」と述べている[5][4]

日本における定義