集合住宅

集合住宅(しゅうごうじゅうたく)は、一つの建物の中に、複数の世帯が入居している住宅の形態。

法規上は共同住宅(きょうどうじゅうたく)と長屋タウンハウス)に大別される。この最も古い例は、古代ローマ時代のインスラと呼ばれるローマ人が住んだ大規模なアパートである。これは歴史的建造物としても有名である。その他、古くからの集合住宅としては中国客家土楼が有名である。19世紀ベルリンでは、ミーツカゼルネ(Mietskaserne、賃貸集合住宅)という高層集合住宅が、ドイツ帝国政府主導のもとで建設されている[1]。世界初の公営の集合住宅はロンドンのLCCによるバウンダリーストリート(Boundary Estate1896年)である。

マカオ香港、日本など、国土が狭く、人口密度の高い地域、あるいは各国の都市部で多く建てられている。また、公営住宅の多くが共同住宅の形態をとっている。

日本では比較的規模の大きい鉄筋コンクリート造集合住宅をマンションと呼称する場合があるが、後述のように英語本来の表現ではない。なお、法令国勢調査では「共同住宅」の語が用いられる。病院等とは用途によって、長屋とは全住戸が敷地から建築物内を介さずに直接出入りする形態をとるか否かによって区別される。

集合住宅を表す言葉

アパートメント (apartment)
北米で集合住宅を意味する最も普通の語。各世帯の区画を指し、建物全体を指すには「apartment building」などと言い、日本で一般に使われる「マンション」はこれに当たる。
アパート
「アパートメント」を略した日本独特の表現。規模の小さい賃貸物件に限って使う。木造の建物には○○荘の名称を用いていることもある。
フラット (flat)
平ら、つまり、各世帯が1つの階に限定されているもの。イギリス英連邦諸国でアパートメントの代わりによく使われる語。各世帯の区画を指し、建物全体を指すには複数形にする。
マンション (mansion)
英語で「大邸宅」。英語では、固有名詞として「〜Mansions」と名乗る集合住宅はあるが、一般名詞として集合住宅を意味することはなく、マンション=鉄筋コンクリート造集合住宅と理解されるのは日本独特の表現(和製英語)。
コンドミニアム (condominium)
「共同管理」を意味するラテン語から。分譲形式のもの。
メゾン (maison)
フランス語で「家」「建物」。集合住宅という意味は特にない。語源は英語mansionと同じだが、大邸宅とは限らない。
タウンハウス (townhouse)
2つ以上の住宅を1棟に建て連ねたもので、各住宅が壁を共通にし、それぞれ別々に外部への出入口を有しているもの。長屋とも言う。「『テラスハウス』と呼ばれる住宅もここに含まれる」としている。
メゾネット (maisonnette)
フランス語で「小さなmaison」。1戸の住宅を区切って賃貸する。通常、各戸が複数階にまたがる。
コーポ
「コーポレートハウス (corporate house)」を略した表現で、日本において主に鉄筋コンクリート造や鉄骨造のマンションより小規模の賃貸集合住宅の建物名に使用される。「コーポラティブハウス」の略という説もあるが、一般的にそれとは無関係である。
フルシチョフカ(хрущёвка)
1960年代の