霞ヶ丘駅(かすみがおかえき)は、かつて愛知県尾張旭市にあった名古屋鉄道瀬戸線廃駅)である。1969年昭和44年)に廃止された。

概要

当駅は、1927年(昭和2年)に開業した[1]。現在の印場駅大森・金城学院前駅(当時の名称は大森駅)のほぼ中間、印場駅から数えて3つめの踏切付近に存在した。現在でも、線路脇には当時のホームの跡が残っている。駅舎も1980年代までは残っていた。

1944年(昭和19年)に、同じく瀬戸線の東大手駅、社宮祠駅、駅前駅守山口駅瓢箪山駅笠寺道駅、小幡原駅、印場駅、平池駅、根ノ鼻駅と共に休止となり、1969年(昭和44年)にそのまま廃止された。

なお、当駅と同じ経緯で廃止された駅のうち、瓢箪山駅は1946年(昭和21年)に、東大手駅は1978年(昭和53年)に、隣の印場駅は1995年平成7年)に復活、再営業をしている。

駅構造

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、駅舎は上り線側にあった。

歴史

  • 1912年大正2年)以前 - 志談味通駅開業。
  • 1927年昭和2年)7月1日 - 霞ヶ丘駅開業。
  • 1944年(昭和19年) - 休止。
  • 名古屋鉄道
    瀬戸線

    宮脇俊三編著『鉄道廃線跡を歩くIV』(JTB、1997年)

    脚注

    [脚注の使い方]
    1. ^ 当駅開業以前には、同位置に志談味通駅が存在した。志談味通とは、旧志段味村、現在の守山区志段味地区に通じる道という意味である。志談味通駅は大正初期には既に存在していたが、当駅との関係は不明である。当駅は志談味通駅が名称変更したとする文献もある。

    関連項目