(きり)とは、水蒸気を含んだ大気温度が何らかの理由で下がり露点温度に達した際に、含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態。

雲との違い

水粒は雨粒に比べて非常に小さいが、通常、根本的な発生原因は大気中の水分が飽和状態に達したものなので、その意味で言えばと同じであると考えてよい。

雲との一番大きな違いは水滴の大きさなどではなく、両者の定義の違いである。すなわち、当現象は、大気中に浮かんでいて、地面に接しているものと定義され、地面に接していないものを雲と定義している。例えば、に雲がかかっているとき、地上にいる人からはそれは雲だが、実際雲がかかっている部分にいる人からは霧なのである。なお、山の地面に接する霧または雲のことをガスと呼ぶことがある。

外部から観察すれば、層雲であることが多く、標高の低い地域ではほとんどが層雲であるが、山や高地では層積雲乱層雲高層雲などである場合もある。

分類

濃度や状態による分類

市街地の霧(兵庫県三田市

大気中に浮遊する水滴が散乱するために、霧が発生している状態では大気は白く霞んで見え、視程(見通すことのできる水平距離)が狭くなる。気象観測においては視程が1km未満のものをいう。一般的に単位体積当たりの水分量が多いほど視程は小さくなるが、同じ水分量でも小さい水粒が多く存在する時の方が視程が小さい。

靄(もや)
本質的には霧と同じ現象だが、一般に霧よりも視程の広いものをと呼ぶ傾向にある。気象上は視程が1km以上10km未満のものを靄と呼んで区別する。
低い霧・地霧
視程が1km未満の、太陽を透かして見ることができるものを低霧または低い霧という。また、山などでは山のふもとの地面まで達するようなものを低い霧、山の中腹や山頂付近にだけ見られるものを高い霧と区別することがある。
視程が1km以上で、人間の視線の高さより低い地面付近にのみあるものを地霧という。こちらは気象観測上、霧には含めない。航空気象観測では MIFG と通報される。

発生要因による分類

盆地の霧(篠山盆地

その発生要因によって、主に以下のように分類される。


放射霧
晴れたの日などには、地表面から放射され地面が冷える。そうして冷えた地面が、地面に接している水蒸気を多く含んだ空気を冷やすことで発生するもの。盆地や谷沿いで発生しやすく、それぞれ盆地霧、谷霧という。
移流霧
暖かく湿った空気が水温の低い海上陸地に移動し、下から冷やされたことにより発生する。移流とは大気が水平方向に移動することを指す気象用語である。暖流上の空気が移動して、夏の三陸沖から北海道の東海岸などに発生させる海霧などがその代表的なもので、消滅までに非常に長時間かかり、厚さが600m程度に達することもある。
湖の霧(山中湖
蒸気霧
暖かく湿った空気が冷たい空気と混ざって発生する。冬に息が白くなるのと原理は同じ。暖かい水面上に冷たい空気が入り、水面から蒸発がおき、その水蒸気が冷たい空気に冷やされて発生するもので、実際は冷たい空気が暖かいの上に移動した際にみられる。風呂の湯気も原理は同じで、北海道などの川霧が代表的なもの。気嵐(けあらし)
前線霧
温暖前線付近でが降り湿度が上がったところに温度の比較的高い雨が落ちてくると、雨粒から蒸発した水蒸気で飽和状態となり、余分な水蒸気が水粒となって発生する。
上昇霧
山の
着氷性の霧
着氷性の霧を参照。
氷霧
氷霧を参照。
煙霧
霧の天気記号(日本式)

日本式の気象通報においては、「微小な浮遊水滴により視程が1km未満の状態」と定義している。また、陸上において視程が約100m未満、海上において視程が500m未満のときは「濃霧」ともいう。

国際式天気図の天気記号では、以下を表す(靄は含めない)。

  • 11.地霧または低い氷霧が散在(眼の高さ以下) → Symbol Fog1.png
  • 12.地霧または低い氷霧が連続(眼の高さ以下) → Symbol Fog2.png
  • 28.前1時間内に霧または氷霧があった → Symbol Fog3.png
  • 40.遠方の霧または氷霧。前1時間内に観測所にはない → Symbol Fog7.png
  • 41.霧または氷霧が散在 → Symbol Fog4.png
  • 42.霧または氷霧、空を透視できる。前1時間内にうすくなった → Symbol Fog5.png
  • 43.霧または氷霧、空を透視できない。前1時間内にうすくなった → Symbol Fog6.png
  • 44.霧または氷霧、空を透視できる。前1時間内に変化がない → Symbol Fog10.png
  • 45.霧または氷霧、空を透視できない。前1時間内に変化がない → Symbol Fog8.png
  • 46.霧または氷霧、空を透視できる。前1時間内に濃くなった → Symbol Fog11.png
  • 47.霧または氷霧、空を透視できない。前1時間内に濃くなった → Symbol Fog12.png
  • 48.霧、霧氷が発生中。空を透視できる → Symbol Fog13.png
  • 49.霧、霧氷が発生中。空を透視できない → Symbol Fog9.png
  • 76.細氷。霧があってもよい → Symbol Snow16.png
  • 77.霧雪。霧があってもよい → Symbol Snow13.png
  • 78.単独結晶の雪。霧があってもよい → Symbol Snow12.png

定時飛行場実況気象通報式 (METER) では、「視程障害」の欄のFGが霧を表す。

注意報・海上警報

濃霧注意報は、濃霧によって交通機関への障害が出ることが予測されるときに地元気象台から発表される。大体の地方では、視程が陸上で100m、海上で500mを下回る場合に出されるが、より厳しい基準の地域もある。例えば、釧路地方気象台をはじめとする北海道では、陸上での視程が200mで濃霧注意報が発表される。海上では、海上の視程が約500m(瀬戸内海では1km)以下の状態に既になっているか、24時間以内にその状態になると予想される場合の警戒喚起として「海上濃霧警報」が発表される。

霧害

主に、本現象による、農業で生じる被害をいう。日射の長期間遮断による温度低下と光合成の阻害により、作物等の生産量が減少する。日本では、岩手県三陸地方やませや北海道太平洋岸の海霧が代表例。対策として、根釧原野では防霧林(多くは防霧保安林)を設定して、林帯で霧粒の捕捉を行っている[1]

都市化・大気汚染との関係

台北の霧

都市化の進行はその都市の湿度の低下、すなわち乾燥化を招くことが知られているが、乾燥化によって発生回数が減少する例が多数確認されている。東京大阪など多くの都市で20世紀中盤から21世紀にかけて発生日数の減少傾向が観測されている[2]。また大気汚染の影響もあり、大気汚染物質の微粒子が地表付近の凝結核となって生成に寄与すると考えられている。大阪や京都では終戦後数年間は発生日数が減少し、その後再び増加に転じているが、これは戦時中の空襲により工場等が被害を受け大気汚染が緩和、復興によって再び大気汚染が悪化したことが原因とする見方もある。なお、大都市の中でも仙台では減少がほとんど見られないが、これは仙台のものは主に厚い移流霧であることが1つの原因と考えられている。

有名な都市

ロンドンの夜霧