日本 > 千葉県 > 船橋市 > 飯山満町
飯山満町
飯山満駅南口(2012年11月7日)
飯山満駅南口(2012年11月7日
飯山満町の位置(千葉県内)
飯山満町
飯山満町
飯山満町の位置
北緯35度42分49.37秒 東経140度1分20.38秒 / 北緯35.7137139度 東経140.0223278度 / 35.7137139; 140.0223278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Funabashi, Chiba.svg 船橋市
人口
2017年(平成29年)11月1日現在)[1]
 • 合計 19,337人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
274-0822[2]
市外局番 047[3]
ナンバープレート 船橋

飯山満町(はさまちょう)は、千葉県船橋市にある地名。現行行政地名は飯山満町一丁目から三丁目。郵便番号は274-0822。

地理

この地域は深田のため、「帽子田んぼに落ちても絶対に取りに入ってはならぬ」と言われていたほどで、大人でも一度はまるとなかなか抜け出せなかったという[4]

地勢は高低差が激しく、飯山満川前原川海老川水系)が流れている[4]。かつては低地では谷津田が盛んに営まれていた[4]戦後の開発に伴い宅地化が進んだが、斜面林も多く残されている[4]

地価

住宅地地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、飯山満町3丁目1709番72の地点で11万3000円/m2となっている。[5]

歴史

地名の由来

地名は江戸時代にあった上・下飯山満(かみ・しもはさま)に由来する。千葉県における難読地名のひとつである。「飯山満」の語源は良く分かっていないが、「谷あいの場所:谷と谷のはざま(はさまれた場所)」という音を後に漢字にあてたのではないかと考えられている[6]。実際に古くからの住民を中心に「はざま」と濁点付きで呼ぶ人も多く、町内の店舗や企業の営業所などの看板には「はざま」や「HAZAMA」の表記が見られる[4]

また、山奥でもが取れる良い土地ということで、「ご飯が山に満る」ということから地名の飯山満と由来しているという説もある[6]

世帯数と人口

2017年(平成29年)11月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[7]

丁目 世帯数 人口
飯山満町一丁目 664世帯 1,704人
飯山満町二丁目 3,526世帯 7,765人
飯山満町三丁目 4,224世帯 9,868人
8,414世帯 19,337人

小・中学校の学区

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[8]

丁目 番地 小学校 中学校
飯山満町一丁目 102・103番地、105番地
108番地1、108番地15~57
110~113番地、116~122番地
124~162番地、1335番地9~20
1335番地28~33、1344~1384番地
1386番地、1388~1400番地
1402~1404番地
船橋市立飯山満南小学校
船橋市立芝山西小学校
※どちらか選択
船橋市立飯山満中学校
船橋市立芝山中学校
※どちらか選択
その他 船橋市立飯山満南小学校 船橋市立飯山満中学校
飯山満町二丁目 1~380番地、394番地
397~527番地、536〜641番地
648~697番地
381~393番地、395・396番地
528~535番地
船橋市立中野木小学校 船橋市立前原中学校
642~647番地、698番地以降 船橋市立飯山満小学校 船橋市立飯山満中学校
飯山満町三丁目 1304~1387番地、1424~1462番地
1465~1469番地、1575~1672番地
1388~1423番地、1463・1464番地
1470~1532番地
船橋市立二宮中学校
1~1303番地、1533~1574番地
1673番地以降
船橋市立七林小学校 船橋市立七林中学校

主な施設