養老鉄道株式会社
Yoro Railway Co., Ltd.
Yoro Railway Logo.svg
養老鉄道本社社屋.JPG
本社社屋
種類 株式会社
略称 養鉄
本社所在地 日本の旗 日本
503-0973
岐阜県大垣市木戸町910番地(西大垣駅内)
設立 2007年(平成19年)2月14日
業種 陸運業
法人番号 6200001016399 ウィキデータを編集
事業内容 鉄道事業法による鉄道事業 他
代表者 代表取締役社長 田野 雄紀夫
資本金 1億円
(2018年3月31日現在[1]
売上高 11億144万5000円
(2018年3月期[1]
営業利益 △5億7093万4000円
(2018年3月期[1]
純利益 252万3000円
(2018年3月期[1]
純資産 1億347万1000円
(2018年3月31日現在[1]
総資産 5億6561万3000円
(2018年3月31日現在[1]
従業員数 119名(2019年6月27日現在)
決算期 3月31日
主要株主 近畿日本鉄道株式会社 95.2%[2]
一般社団法人養老線管理機構 4.8%
外部リンク https://www.yororailway.co.jp/
テンプレートを表示

養老鉄道株式会社(ようろうてつどう、: Yoro Railway Co., Ltd.)は、近鉄グループホールディングス傘下の鉄道事業会社、近畿日本鉄道(近鉄)の子会社岐阜県西部・三重県北部を走る養老線を運営する鉄道会社である。2007年(平成19年)10月1日付けで近鉄より養老線の運営を引き継いでいる。当初は近鉄グループホールディングスの連結会社であったが、事業形態の変更に伴い、2018年(平成30年)度より非連結会社に変更された[2]

なお立川勇次郎が設立し1913年(大正2年)から1919年(大正8年)にかけて養老線を開業させ、1922年(大正11年)まで同線を運営していた養老鉄道とは別の企業である。

社紋は親会社近畿日本鉄道の社紋の中央に「 Y 」の文字を入れたものになっている。

沿革