香淳皇后
第124代天皇后
在位期間
1926年12月25日 - 1989年1月7日
大正15年/昭和元年12月25日午前1時25分 -
昭和64年1月7日午前6時33分
皇后 1926年(昭和元年)12月25日
皇太后 1989年(昭和64年)1月7日

誕生 1903年3月6日
日本の旗 日本東京府麻布区麻布鳥居坂町 久邇宮邸(現:東京都港区六本木
崩御 (2000-06-16) 2000年6月16日(97歳没)
日本の旗 日本・東京都千代田区
吹上御苑 大宮御所
大喪儀 2000年平成12年)7月25日
陵所 日本の旗 日本・東京八王子市長房町
武蔵野東陵
良子(ながこ)
旧名 良子女王
追号 香淳皇后(こうじゅんこうごう)
2000年(平成12年)7月10日
追号勅定
氏族 皇室久邇宮家)
父親 久邇宮邦彦王
母親 邦彦王妃俔子
配偶者 昭和天皇
結婚 1924年大正13年)1月26日
子女
身位 女王皇太子妃女王(親王妃女王)→皇后皇太后
皇居 青山東宮御所皇居(宮城)→皇居・吹上大宮御所
テンプレートを表示
五衣・唐衣・裳姿の香淳皇后

香淳皇后(こうじゅんこうごう、1903年明治36年〉3月6日 - 2000年平成12年〉6月16日)は、日本の第124代天皇昭和天皇皇后(在位:1926年昭和元年〉12月25日 - 1989年〈昭和64年〉1月7日)。良子(ながこ)。お印

東久邇成子久宮祐子内親王鷹司和子池田厚子明仁(第125代天皇、上皇)、常陸宮正仁親王島津貴子の生母。

徳仁(第126代天皇)、秋篠宮文仁親王皇嗣)、黒田清子の父方の祖母。

敬宮愛子内親王眞子内親王佳子内親王悠仁親王の曾祖母。

人物

久邇宮家の出身で、皇太子時代の昭和天皇と結婚する以前も皇族の身分でありそれまでは「良子女王(ながこじょおう)」と称しており、敬称も「殿下」であった[1]

1926年(昭和元年)12月25日に義父の大正天皇が崩御して昭和天皇が第124代天皇に践祚し、自身が立后するまでは「皇太子裕仁親王妃良子女王(こうたいしひろひとしんのうひながこじょおう)」と称されていた[2]

1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇が崩御し、第一皇男子(第5子)の皇太子明仁親王が第125代天皇に即位してその妃・美智子が立后して皇后となったことに伴い、皇太后となった。

2000年平成12年)6月16日の崩御後、「香淳皇后(こうじゅんこうごう)」と追号された。

夫の昭和天皇が神代を除いた歴代天皇のうち最長在位・最長寿であるように、香淳皇后自らも歴代皇后中で最長の在位62年と14日間)であり、神話時代を除き最長寿(満97歳没)である。

2019年令和元年)5月1日現在、皇族[注 1]出身である最後の皇后及び皇太子妃でもある。また、皇位継承権を有する3名の親王秋篠宮文仁親王悠仁親王常陸宮正仁親王[注 2])の女系(母系)も含めた最近共通祖先にあたる(「皇位継承順位」も参照)。

生涯

女王時代

少女時代の良子女王(当時7歳)

1903年明治36年)3月6日、父の久邇宮邦彦王と母の同妃俔子の第一女子(3男3女のうち第3子)として誕生[3]

兄に久邇宮朝融王久邇邦久、妹に三条西信子大谷智子、弟に東伏見慈洽がいる。

1907年(明治40年)9月2日学習院女学部幼稚園に入園。幼稚園では皇族は他の在籍児童らとは別室で昼食をとるが、そのとき妹の信子女王の他、後に自身と結ばれる迪宮裕仁親王(後の昭和天皇)と淳宮雍仁親王(後の秩父宮)と同室であった。「優しい一方しっかりとした性格で、2人の妹が彼女の行動を全て真似ることもあった」という。

1909年(明治42年)、学習院女学部小学科入学。1915年大正4年)、学習院女学部中学科進学。

同学在学中の1918年(大正7年)1月14日皇太子裕仁親王に内定。内定の理由には、貞明皇后の目にも留まった彼女の性格や素質以外にも、明治天皇が久邇宮家を気にかけていたことなどが挙げられる。内定に伴い学習院を退学し、同年4月13日以降は久邇宮邸内に設けられた学問所で皇太子妃になる為の教育を受ける。学問所は“お花御殿”と呼ばれ、妹たちのほか、親しい学友が学習院の授業を終えた後に通い、共に学んだ。

なお、皇太子妃教育のために創設されたお花御殿の建物はその後に東京市麻布区日ヶ窪(現・東京都港区麻布十番)にあった東京府立第三高等女学校(府立三女)に下賜された[4]第二次世界大戦後の学制改革などにより府立三女が現在の東京都立駒場高等学校と改名し、校舎を現在の目黒区大橋に移転した後、お花御殿の建物も現校地へ移築し、「仰光寮」として保存されている[4]

1920年(大正9年)5月7日に裕仁親王が立太子礼を執り行ったことを受け、同年6月10日に正式に婚約が内定する。しかし、1921年(大正10年)に入って母系島津家色盲遺伝があり、皇太子妃として不適当として元老山縣有朋が久邇宮家に婚約辞退を迫った、いわゆる"宮中某重大事件"が起こる[5]

事件の内容は極秘扱いされたが、世上さまざまな憶測が流れ、中でも宮中に影響力を保持しようとする山縣の策略とする見解が強かったため久邇宮家に同情が集まり、原敬首相原内閣)らの反山縣勢力が山縣追い落としにこの事件を利用したこともあって、最終的には翌年2月10日宮内省から「良子女王殿下東宮妃御内定の事に関し、世上の様々の噂あるやに聞くも、右御決定は何等変更なし。」の発表が行われて事件は決着した(翌日付で新聞記事解禁)。最終的な決め手のひとつが、生物学者でもあった裕仁親王の「『良子でよい』という意向であった」と言われている。

学問所での教育は2、3年の予定だったが、宮中某重大事件(先述)や関東大震災虎ノ門事件(後述)の影響により婚儀は延期を重ねた。

皇太子妃時代

1924年(大正13年)、成婚直後の皇太子裕仁親王と同妃良子女王

1922年(大正11年)6月20日、結婚について大正天皇勅許が下り、9月18日納采の儀。同日付で勲一等宝冠章を受章する。翌1923年(大正12年)に婚儀を執り行う予定だったが、関東大震災で延期された[6]

1924年(大正13年)1月26日、成婚。皇太子妃となり、赤坂東宮御所に住居を移転する。裕仁親王との夫婦関係はこの頃より円満で、当時も「手をつないで散歩をするなどしていた」という。1925年(大正14年)12月6日、第一子(第1女子)である照宮成子内親王(2男5女の7人の昭和天皇の子女のうち唯一、皇太子妃時代に誕生した人物)を出産する。皇太子妃良子は乳人こそ設置したが、可能な限り自らの母乳で養育をした。

皇后時代

1934年(昭和9年)、継宮明仁親王を抱く香淳皇后

昭和前期

1926年(大正15年)12月25日、義父の大正天皇崩御、皇后節子は皇太后となり(貞明皇后)摂政宮皇太子裕仁親王の第124代天皇践祚に伴い立后。1927年昭和2年)、第二皇女(第2子)の久宮祐子内親王を出産するも、翌1928年(昭和3年)に敗血症のため夭逝。香淳皇后は自ら死化粧を施し、昭和天皇も禁を破り通夜に出席した。同年11月10日即位の大礼京都御所で執り行われた。

1929年(昭和4年)、宮城きゅうじょう皇居の当時の呼称)に住居を移転する。さらに2人の皇女(第3子・第三皇女子孝宮和子内親王、第4子・第四皇女子順宮厚子内親王)を出産するが、4人続けての内親王の誕生でなかなか男児(世継ぎとなる皇位継承者)を得られず、華族たちから「皇后さまは女腹」と非難され、側室制度(一夫多妻制)の復活が本格的に検討された。彼女も心労とプレッシャーに苦しむが、この案は昭和天皇が「人倫に反することはできない」として、これを拒否した。

1933年(昭和8年)12月23日、第5子である第一皇男子の継宮明仁親王を出産。待望の皇太子誕生とあり、『皇太子さまお生まれなつた』(作詞:北原白秋、作曲:中山晋平)という奉祝歌までもが制作され、宮城前の万歳三唱・旗行列・提灯行列・花電車・奉祝会など日本全体が祝賀ムードに包まれた[7]

一方この頃より、皇太子明仁親王の姉にあたる3人の皇女たちは学習院前期(小学校)入学とともに両親である昭和天皇と香淳皇后の手元を離れ、旧江戸城本丸に建てられた「呉竹寮」で養育される。これは「天皇の元では養育係が仕えづらく、その結果、我がままに育ってしまう」という批判に加え、将来の降嫁(皇族以外との結婚の場合は皇籍離脱)に備えるためである。呉竹寮の一部は戦後、吹上御苑に移築され「林鳥亭」として現存する。

1935年(昭和10年)11月28日、第6子・第二皇男子の義宮正仁親王(現:常陸宮)出産。また、皇室の神格化が推進され、皇太子明仁親王に至っては1937年(昭和12年)より東宮仮御所にて養育され、親子でありながら土日以外には面会することさえできなくなった。母の良子皇后は明仁親王のために好物の豆腐料理を手ずから用意していたが、親王が皇后の手料理を口にすることはなかった。1939年(昭和14年)3月2日、第7子(末子)・第五皇女子の清宮貴子内親王出産。

1943年(昭和18年)10月13日、自身が初めて出産し授かった第一子の照宮成子内親王が盛厚王東久邇宮稔彦王第一男子)と結婚。

第二次世界大戦中は昭和天皇とともに夫婦で東京都にとどまり、心労の多かった夫を支えたと言われる。またこの頃には、「皇后は天皇の仕人」とされたため天皇の乗る自動車には同乗できなくなったともいう。戦中の食糧難の折には、国民と同じように皇室への食糧配給も厳しくなる中、天皇と夕食を共にする際、二人で相談して、必ず料理の一皿か二皿を残し、侍従女官に下げたという。戦争末期には、皇后自ら吹上御苑で野菜を作り養鶏も行った。敗戦後は引揚者のための布団着物作りを行った。

1945年(昭和20年)3月10日、東京大空襲の中、東久邇宮家に嫁した盛厚王妃成子内親王が長男の信彦王を出産した。昭和天皇と香淳皇后の初孫となった。

昭和中期

1975年(昭和50年)訪米時の、
昭和天皇、香淳皇后とフォード大統領ベティ同夫人夫妻

皇室の在り方が一変した後は、皇后同伴の公務が一般的になったこともあり、積極的に国民と親しもうとする夫・昭和天皇の意向を汲んで各種の活動を活発に行った。1947年(昭和22年)の日本赤十字社名誉総裁就任をはじめとして、1952年(昭和27年)以降の全国戦没者追悼式1964年(昭和39年)の東京オリンピック開会式、1970年(昭和45年)の日本万国博覧会開会式、1972年(昭和47年)の札幌オリンピック開会式および沖縄復帰記念式典などへの出席はその例である。靖国神社護国神社への天皇親拝にもたびたび同行している。

また皇女たちの結婚にあたり、長女成子内親王の例から、娘たちの意思を尊重するためのお見合いデートを勧めた。その一方で、長男の皇太子明仁親王(当時)と民間出身である正田美智子(当時)との婚約が決定された(貴賤結婚)際には秩父宮妃勢津子の母親で貞明皇后の御用係として長年宮中に仕えた松平信子らとともに(皇太子妃を)「平民からとはけしからん」などと強い不快感を示していた。

入江相政日記』においては、「松平が宮崎白蓮などとともに、正田家に婚姻辞退を迫るべく右翼団体を動かして圧力をかけようとした」と記述されている。香淳皇后自身は、成婚以後は表立って美智子妃に反感を示すことはなかったが、1975年(昭和50年)の訪米に際して空港で挨拶する美智子妃を無視する映像が残されており、後々まで尾を引いた。

1960年(昭和35年)11月、長女の東久邇成子が病に倒れた。すでに末期癌が進行し、翌年4月からは宮内庁病院に入院。皇后はほぼ毎日、私事のため人目を回避しながら見舞いに訪問したが、7月に東久邇成子は35歳で死去した。天皇ともども、夫妻に初めて授かった愛娘の死に大きな衝撃と悲しみを受けた。

昭和40年代(1965年 - 1974年)前半から半ばの『入江相政日記[注 3]によれば、皇后が絶大な信頼を置いた女官今城誼子の問題が頻出している。新興宗教に深く関わり、粗暴な言動で周囲の顰蹙を買っていたことから、今城は『入江日記』で「魔女」と名づけられ登場する(宮中魔女事件)。今城は、皇后を通して当時簡略化が進められていた宮中祭祀に口を挟み、天皇皇后の欧州歴訪において自身の同行を求めるなどしたため、入江相政侍従長等の側近たちは天皇の同意を取り付けて、1971年(昭和46年)に今城を宮内庁から追放した。皇后は「解任を、最後まで惜しんだ」とされる。

1971年(昭和46年)には天皇と共に訪欧。香淳皇后にとっては、これが初めての外国訪問となった。1973年に初孫の東久邇信彦が長男・征彦を儲け皇后の初ひ孫となった。1974年(昭和49年)には金婚式を迎え、記者団の「楽しかった思い出は何か」という問いに、天皇皇后ともに「先の欧州訪問」を挙げた。翌年の訪米にも行幸啓で共にした。

昭和後期

1976年(昭和51年)には政府主催の「天皇陛下御在位五十年記念式典」に出席し祝賀を受けるものの、この頃から心身に老いの兆候が目立つようになる。翌年の夏に那須御用邸内で転倒した際に腰椎骨折。側近はこのことを伏せ、適切な治療が遅れたため完全な回復は不可能な状態となる。この事故を境に認知症など老いの兆候は顕著になった。歩行に際してもを用いることが多くなり、散歩の際に天皇が手を引く姿も見られた。式典・行事に際しても北白川祥子女官長らが介添えしていた。

可能な限り式典などの公務に出席を続けていたが、1986年(昭和61年)1月2日新年祝賀4月29日天皇誕生日祝賀を最後に出席できなくなり、同年に政府主催で開催された「天皇陛下御在位六十年記念式典」は欠席。同年9月30日以降は日課にしていた散歩も取り止めるようになる。車椅子を頻繁に利用するようになり、1987年(昭和62年)12月11日、新年用の写真撮影後に軽い心臓発作を起こし、翌年以降は一般参賀にも欠席するようになった。

皇太后時代

1989年(昭和64年)1月7日、夫・昭和天皇の崩御に伴い皇太后となる。昭和天皇崩御の直前には、皇太子明仁親王を含め5人の子(他、鷹司和子池田厚子常陸宮正仁親王島津貴子)が見守ると共に皇后も車椅子から立ち上がり、昭和天皇の最期を看取った。

同年(平成元年)2月24日に、内閣の主催で行われた昭和天皇の大喪の礼(委員会委員長・竹下登首相)には欠席し、名代を常陸宮正仁親王妃華子が務めた。この年には昭和天皇の他に第三皇女の鷹司和子、実妹の大谷智子が死去するなど肉親との死別が続いた。

平成になって以降は認知症の症状が進行し「老人特有の症状」と報道されていた[注 4]。また、外出することも稀になる。1996年(平成8年)3月6日に満93歳となり、後冷泉天皇の皇后(正妻)藤原寛子の数え年92歳を抜いて神代を除いては歴代最長寿となった。同年、9年ぶりに近影が公開された。

2000年(平成12年)に入り、定期的に呼吸が荒くなる症状が出始めるようになり、6月16日老衰による呼吸不全のため吹上大宮御所崩御した[8]。97歳没。

皇太后崩御の直前には、4人の子女(池田厚子、天皇明仁常陸宮正仁親王島津貴子)をはじめ孫も立ち会った。天皇明仁(当時)は公務を終えて急いで大宮御所に向かい、到着1分後に、母の皇太后は息を引き取ったという。97歳没。歴代の皇后中で最長の在位(62年と14日間)であり、神話時代を除き最長寿(97歳と102日)でもあった。

7月10日に「香淳皇后(こうじゅんこうごう)」と追号された(天皇明仁勅定)。香淳とは上代漢詩集『懐風藻[注 5]』で、お印と号にちなんだ「桃」から「花舒桃苑、草秀蘭筵新(花は開いて桃の園は香しく,草は伸びて蘭のむしろは新しく感じられる)(安倍広庭「春日侍宴」)、および「四海既無為、九域正清」(四海は太平でよく治まり,天下に清らかであつい徳が広く及んでいる)(山前王「侍宴」)に拠る。「和書」を典拠にする諡号はこれが初めてであった。

武蔵野東陵

7月25日東京都文京区豊島岡墓地斂葬の儀(喪主:天皇明仁)が行われた。陵墓は、東京都八王子市長房町武蔵野東陵

年譜