画像提供依頼:著作権がない個人的に撮られた、可能な限り晩年の近影の画像提供をお願いします。2016年11月
高円宮憲仁親王
高円宮家
The Late Prince Takamado.jpg
続柄 三笠宮崇仁親王第3男子

宮号 高円宮(たかまどのみや)
全名 憲仁(のりひと)
身位 親王
お印
出生 1954年12月29日
日本の旗 日本東京都品川区上大崎
三笠宮邸
死去 (2002-11-21) 2002年11月21日(47歳没)
日本の旗 日本東京都新宿区信濃町
慶應義塾大学病院
埋葬 2002年11月29日
日本の旗 日本・東京都文京区大塚五丁目
豊島岡墓地
配偶者 親王妃久子(鳥取久子)
子女 承子女王
千家典子(典子女王)
守谷絢子(絢子女王)
父親 三笠宮崇仁親王
母親 崇仁親王妃百合子
役職 日本サッカー協会名誉総裁
日本ホッケー協会名誉総裁
日本スカッシュ協会名誉総裁
日本フェンシング協会名誉総裁
全日本軟式野球連盟名誉総裁
日本学生協会基金名誉総裁
日本水難救済会名誉総裁
日本アマチュアオーケストラ連盟総裁
他多数
テンプレートを表示

高円宮 憲仁親王(たかまどのみや のりひとしんのう、1954年昭和29年〉12月29日[1] - 2002年平成14年〉11月21日)は、日本皇族高円宮家初代当主。身位親王お印(ひいらぎ)。勲等大勲位学位法学士学習院大学)。

三笠宮崇仁親王同妃百合子の第三男子(3男2女のうち第5子)。明仁上皇)は従兄、徳仁(第126代天皇)は従甥にあたる。兄に寛仁親王桂宮宜仁親王、姉に近衛やす子千容子がいる。

高円宮宮号昭和天皇から賜ったものである。父宮の三笠宮の宮号の由来となった奈良県奈良市三笠山付近にある高円山から採られた。なお、諱である憲仁は高倉天皇と字面・読みともに同じである。

生涯

高円宮家の紋

1954年昭和29年)、三笠宮崇仁親王の三男として誕生。松濤幼稚園学習院初等科学習院中等科を経て、学習院高等科時代は写真部に所属し、以来写真撮影を趣味の一つとした。

1978年(昭和53年)学習院大学法学部卒業後、同年から1981年(昭和56年)までの期間にカナダクイーンズ大学留学した。帰国後から国際交流基金嘱託となり、公務の傍ら一般職員同様に勤務した。

1984年(昭和59年)4月23日、カナダ大使館のレセプションパーティーにて実業家の鳥取滋治郎の長女で通訳として活動していた鳥取久子と出会う。その後皇室会議で承認され、同年9月17日納采の儀12月6日に結婚の儀を執り行った。婚儀と同日に、高円宮家が創設された。戦後初の(三笠宮の分家として)宮家の1つから分かれた宮家の創設であった。なお、久子妃の曾祖母と貞明皇后は従姉妹にあたり、妃と高円宮は遠縁にあたる。その後、承子女王典子女王絢子女王の3女が誕生したが、男子はいない。

生涯を通じて皇位継承順位が皇族の中で最下位であり、また生家においても傍流にあたる三男ということから「皇室(オク)のスポークスマン」を自認していた(戦後では皇位継承順位が生涯を通じて皇族の中で最下位だった唯一の例)。

2001年(平成13年)7月、社団法人日本水難救済会名誉総裁に就任。

スポーツ、特にサッカーの振興・発展に尽力し、1987年から日本サッカー協会の名誉総裁を務めた。2002年(平成14年)には、サッカー・ワールドカップ日韓大会の開催期間中である5月末に夫妻で大韓民国を公式訪問し、開会式にも出席した。皇族の大韓民国訪問は、公式訪問としては高円宮が第二次世界大戦後初である(※それ以前には、韓国最後の皇太子李垠やその妻・李方子の葬儀などに参列するため秩父宮妃勢津子高松宮宣仁親王同妃喜久子三笠宮崇仁親王同妃百合子寬仁親王が韓国を訪問したことがあるが、公式訪問ではない)。開催期間中19試合を観戦した[2]

2002年(平成14年)11月21日、カナダ大使館にてスカッシュの練習を行っていた最中に心室細動による心不全で倒れた。直ちに慶應義塾大学病院に搬送されるも、既に心肺停止の状態であり、蘇生措置がとられ一時は心拍が確認されるも、夜半になって容態が悪化。久子妃の同意を得て人工心肺装置を取り外したところ、生命反応がなく、薨去が確認された。47歳没。

11月29日斂葬の儀(葬儀)が執り行われ、その後落合斎場火葬され豊島岡墓地に埋葬された。葬儀には学習院初等科・中等科などの同級生が動員された。憲仁親王が生前取り組んでいた役職の多くは、久子妃が引き継いでいる。

なお、憲仁親王の急逝以降、心室細動に対する対応が厚生労働省消防庁で取り上げられ、死去から2年後の2004年(平成16年)に一般人による除細動のための自動体外式除細動器(AED)の使用が認められ広く普及した。

子女