たかやまし
高山市
高山市三町伝統的建造物群保存地区
高山市三町伝統的建造物群保存地区
Flag of Takayama, Gifu.svg
Takayama Gifu chapter.JPG
高山市旗 高山市章
1906年明治39年)2月11日制定
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
団体コード 21203-2
法人番号 6000020212032
面積 2,177.61km2
総人口 87,019[編集]
推計人口、2018年4月1日)
人口密度 40人/km2
隣接自治体 飛騨市郡上市下呂市大野郡白川村
長野県大町市松本市木曽郡木曽町
富山県富山市
石川県白山市
福井県大野市
市の木 いちい
市の花 こばのみつばつつじ
高山市役所
市長 國島芳明
所在地 506-8555
岐阜県高山市花岡町二丁目18番地
北緯36度8分45.7秒東経137度15分7.8秒
高山市役所
外部リンク 高山市

高山市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
市内の中山より雪化粧になった早朝の高山市街を望む
高山市中心部
(本町通商店街)
弥生橋より宮川を望む
東山遊歩道より東山寺町を望む

高山市(たかやまし)は、岐阜県飛騨地方に位置するである。市町村面積は全国で最も広い。国際会議観光都市に指定されている。

概要

2005年(平成17年)2月1日に、周辺9町村を編入合併したことにより、面積が合併前の139.57平方キロメートルから2,177.61平方キロメートルと合併前の15倍以上と、非常に広大な市域となった。
この合併により、それまで日本一面積があった市の静岡県静岡市や、町村の北海道足寄郡足寄町を抜き、日本で最も面積が広い市町村となった(日本最大面積の村で、ロシアの統治下にある千島列島留別村の面積をも超える)。日本で最も狭い市町村である富山県中新川郡舟橋村の627.6倍もある。また、高山市の面積は香川県大阪府よりも面積が広く、東京都とほぼ同じ面積の自治体となっており、47都道府県の面積よりも広い市町村は全国で唯一である。ただし、山林が市域の92%あまりを占めているため、可住面積は限られる。
飛騨山脈の北側に位置する飛騨地方は、が多い日本海側の気候である。飛騨は交通の便から隣接する富山県越中)と経済的文化的な結びつきが強く、両者をまとめて飛越地方とも呼ばれる。[1]

飛騨の小京都

高山市の中心市街地には江戸時代以来の城下町・商家町の姿が保全されており、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれている。観光ガイドでは飛騨高山と記され、全国各地から毎年非常に多くの人が観光に訪れる。また、最近は、「日本の原風景を残す街」として紹介され、日本国外からの観光客も増加している。仏ミシュランの実用旅行ガイド「ボワイヤジェ・プラティック・ジャポン」では必見の観光地として3ツ星を獲得している。また、2009年3月発行の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009」、2011年3月発行の同グリーンガイド第2版においても3ツ星を獲得している。

指定管理者制度

全国で初めて上水道事業に指定管理者制度を適用した。また、市営住宅に対しても指定管理者制度を適用した。

地理

北東部に飛騨山脈(北アルプス)を擁し、槍ヶ岳穂高岳などの有名な山々を望む。また、近辺には交通の難所で知られた安房峠や、小説・映画・テレビドラマで有名になった野麦峠がある。
市内に位山、宮峠などの分水嶺があり、高山市を源流とする川は太平洋へも日本海へも流れる。

市南西部にある烏帽子岳付近を東経137度線が通る。東海軽井沢村(高山市荘川町岩瀬)北西で北緯36度線と東経137度線が交わる(位置)。

河川

気候

大部分は日本海側気候で、一部地域は中央高地式気候、全域で内陸性気候ケッペンの気候区分では湿潤大陸性気候、標高800mを超える地域は亜寒帯湿潤気候)を併せ持ち、降水量は多くなく気温の年較差が大きい。

高山中心部においては標高が高いものの盆地であるため夏の最高気温は高く真夏日も多いが、過去に熱帯夜が観測されたことは一度もない。冬は寒さが厳しく、1,2月の月平均気温は氷点下である。日最低気温が-10℃を下回ることは珍しくない。1939年2月11日に観測史上最低の-25.5℃を観測しているが、ヒートアイランド現象により1956年以降は氷点下20℃以下の気温は出ていない。2017年1月18日に-18.1℃の最低気温を記録している。豪雪地帯(旧・荘川村は特別豪雪地帯)に指定されており、高山中心部においても年降雪量は473cmと東北や新潟の都市に匹敵する雪国である。標高が高いため、冬型に加えて南岸低気圧による積雪も珍しくない。積雪の頻度は高いものの例年の最深積雪は50cm~70cm程度であり、1mを超えたのは1934年・1936年・1956年・1981年のわずか4シーズンである。

高山特別地域気象観測所(高山市桐生町、標高560m)1981~2010年の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 16.7
(62.1)
18.5
(65.3)
23.4
(74.1)
30.6
(87.1)
32.1
(89.8)
34.7
(94.5)
36.3
(97.3)
37.3
(99.1)
35.4
(95.7)
29.4
(84.9)
23.9
(75)
21.7
(71.1)
37.3
(99.1)
平均最高気温 °C (°F) 3.0
(37.4)
4.2
(39.6)
9.1
(48.4)
16.9
(62.4)
22.3
(72.1)
25.7
(78.3)
29.0
(84.2)
30.7
(87.3)
25.6
(78.1)
19.2
(66.6)
12.7
(54.9)
6.2
(43.2)
16.6
(61.9)
日平均気温 °C (°F) −1.4
(29.5)
−0.9
(30.4)
2.9
(37.2)
9.6
(49.3)
15.1
(59.2)
19.4
(66.9)
23.0
(73.4)
24.1
(75.4)
19.7
(67.5)
12.9
(55.2)
6.6
(43.9)
1.4
(34.5)
11.0
(51.8)
平均最低気温 °C (°F) −5.1
(22.8)
−5.2
(22.6)
−2.0
(28.4)
3.2
(37.8)
9.0
(48.2)
14.6
(58.3)
18.9
(66)
19.7
(67.5)
15.7
(60.3)
8.5
(47.3)
2.4
(36.3)
−2.1
(28.2)
6.5
(43.7)
最低気温記録 °C (°F) −23.5
(−10.3)
−25.5
(−13.9)
−21.2
(−6.2)
−7.6
(18.3)
−3.1
(26.4)
1.8
(35.2)
8.1
(46.6)
9.4
(48.9)
3.8
(38.8)
−3.5
(25.7)
−10.7
(12.7)
−19.5
(−3.1)
−25.5
(−13.9)
降水量 mm (inch) 97.2
(3.827)
99.4
(3.913)
122.9
(4.839)
118.9
(4.681)
136.9
(5.39)
172.1
(6.776)
230.9
(9.091)
165.1
(6.5)
235.5
(9.272)
133.5
(5.256)
99.3
(3.909)
87.8
(3.457)
1,699.5
(66.909)
降雪量 cm (inch) 167
(65.7)
147
(57.9)
54
(21.3)
5
(2)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
7
(2.8)
87
(34.3)
473
(186.2)
湿度 81 78 73 68 69 74 78 76 79 80 81 82 77
平均月間日照時間 95.6 112.8 150.9 174.6 181.3 143.0 146.5 180.5 124.1 125.8 98.9 89.0 1,623.7
出典 1: 気象庁[2]
出典 2: 気象庁[3]

荘川村六厩地区は、標高が900mを超える東海地方一の寒冷地帯であり、亜寒帯湿潤気候に属し、1981年2月28日には-25.4℃を記録。21世紀に入ってからも2003年1月16日に-23.4℃を観測しているなど、今でも毎年のように-20℃を下回る気温が観測される。

六厩(高山市荘川町六厩、標高1015m)1981 - 2010年平均の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 9.6
(49.3)
12.6
(54.7)
17.8
(64)
25.6
(78.1)
27.4
(81.3)
30.2
(86.4)
32.5
(90.5)
33.5
(92.3)
30.8
(87.4)
25.6
(78.1)
20.2
(68.4)
18.0
(64.4)
33.5
(92.3)
平均最高気温 °C (°F) −0.2
(31.6)
0.7
(33.3)
4.6
(40.3)
12.1
(53.8)
17.8
(64)
21.2
(70.2)
24.7
(76.5)
26.1
(79)
21.6
(70.9)
15.6
(60.1)
9.5
(49.1)
3.0
(37.4)
13.0
(55.4)
日平均気温 °C (°F) −5.3
(22.5)
−4.9
(23.2)
−1.1
(30)
5.2
(41.4)
10.9
(51.6)
15.4
(59.7)
19.4
(66.9)
20.3
(68.5)
16.1
(61)
9.2
(48.6)
3.1
(37.6)
−2.3
(27.9)
7.2
(45)
平均最低気温 °C (°F) −11.7
(10.9)
−11.8
(10.8)
−7.5
(18.5)
−1.8
(28.8)
3.5
(38.3)
9.6
(49.3)
14.7
(58.5)
15.5
(59.9)
11.3
(52.3)
3.4
(38.1)
−2.6
(27.3)
−8.0
(17.6)
1.2
(34.2)
最低気温記録 °C (°F) −25.1
(−13.2)
−25.4
(−13.7)
−22.0
(−7.6)
−17.3
(0.9)
−6.1
(21)
−1.4
(29.5)
3.7
(38.7)
6.0
(42.8)
−1.1
(30)
−8.0
(17.6)
−16.4
(2.5)
−23.8
(−10.8)
−25.4
(−13.7)
降水量 mm (inch) 152.0
(5.984)
135.4
(5.331)
173.4
(6.827)
175.9
(6.925)
221.2
(8.709)
262.4
(10.331)
331.8
(13.063)
233.6
(9.197)
324.6
(12.78)
165.4
(6.512)
143.8
(5.661)
137.1
(5.398)
2,439.3
(96.035)
平均月間日照時間 75.8 103.3 149.6 181.6 185.1 143.2 138.2 155.6 117.0 128.3 102.3 81.7 1,563.7
出典: [4]

広袤(こうぼう)

北端
北緯36度23分35秒 東経137度34分36秒 / 北緯36.39306度 東経137.57667度 / 36.39306; 137.57667 (高山市最北端)
西端
北緯36度5分22秒 東経136度45分14秒 / 北緯36.08944度 東経136.75389度 / 36.08944; 136.75389 (高山市最西端)
中心点
北緯36度8分42.5秒 東経137度12分12.5秒 / 北緯36.145139度 東経137.203472度 / 36.145139; 137.203472 (高山市中心点)
東端
北緯36度18分17秒 東経137度39分11秒 / 北緯36.30472度 東経137.65306度 / 36.30472; 137.65306 (高山市最東端)

南端
北緯35度53分50秒 東経137度5分5秒 / 北緯35.89722度 東経137.08472度 / 35.89722; 137.08472 (高山市最南端)

地名

高山市の地名を参照

隣接している自治体

他の4つの都道府県と接する市町村としては、高山市以外には京都府南丹市埼玉県秩父市のみであり、大変珍しい。
以下のうち、大町市・富山市・白山市・大野市とは登山道で結ばれているのみであり、交通機関を利用する場合は他の自治体を経由する必要がある。

歴史

中世には市街地南東の城山に天神山城が築かれた。天正13年(1585年)、豊臣秀吉の命を受けた領主の金森長近飛騨高山城を築城した。

元禄期まではここに飛騨高山藩があったが、元禄8年(1695年)飛騨一国は公儀御料(幕府領)となり、高山城は破却された。その後飛騨には飛騨代官(後に飛騨郡代)が設置され代官支配となった。

明治維新後の変動

明治維新の直後には、天領と呼ばれるようになった旧幕領が廃藩置県に先立ってまずまたはという新たな行政単位に改編された。飛騨国は早くも明治元年5月(1868年6月)に飛騨県となり、そのわずか1週間後には高山県となった。明治2年(1869年)には県知事梅村速水の急激な改革に対しての暴動(梅村騒動)が発生する。廃藩置県後の明治4年(1871年)に行われた府県合併により、信濃国の中南信地方の諸県と合併して筑摩県の一部となった。明治9年(1876年)に筑摩県が廃止された後は、当初旧美濃国のみで構成されていた岐阜県に編入され、現在に至っている。

明治から現在へ