高松宮宣仁親王
高松宮家
Takamatsunomiya nobuhito.jpg
1940年12月5日撮影
続柄 大正天皇第3皇男子[1]

宮号 高松宮(たかまつのみや)
全名 宣仁(のぶひと)
称号 光宮(てるのみや)
身位 親王
敬称 殿下
お印 若梅(わかうめ)
出生 1905年1月3日
日本の旗 日本東京府東京市赤坂区青山東宮御所
(現:東京都港区赤坂
死去 (1987-02-03) 1987年2月3日(82歳没)
日本の旗 日本、東京都渋谷区広尾日本赤十字社医療センター
埋葬 1987年2月10日
日本の旗 日本、東京都文京区大塚豊島岡墓地
配偶者 親王妃喜久子(徳川喜久子)
父親 大正天皇
母親 貞明皇后
役職 OF-5 - Kaigun Taisa (Collar).gif 海軍大佐
日本赤十字社総裁
日本蚕糸会総裁
日仏会館総裁
など
テンプレートを表示
束帯着用の宣仁親王
1941年(昭和16年)、中央右が宣仁親王。
1943年(昭和18年)6月。白テーブルの後ろに立つ士官が宣仁親王。

高松宮宣仁親王(たかまつのみや のぶひとしんのう、1905年明治38年〉1月3日 - 1987年昭和62年〉2月3日)は、日本皇族大正天皇貞明皇后の第3皇男子。昭和天皇は兄(長兄)、上皇は甥、今上天皇は大甥にあたる。有栖川宮の祭祀を継承。妃は公爵徳川慶久の次女・喜久子称号光宮(てるのみや)。身位親王お印若梅(わかうめ)。栄典大勲位功四級

生涯

誕生

高松宮紋章

1905年(明治38年)1月3日、当時の皇太子嘉仁親王(後に践祚して大正天皇)の第3皇男子として青山東宮御所で誕生。幼称(御称号)を光宮(てるのみや)といった。

高松宮四親王家の一つ、有栖川宮の旧宮号であるが、宣仁親王が有栖川宮の祭祀を継承したのには故がある。1913年大正2年)、有栖川宮第10代・威仁親王が後嗣・栽仁王に先立たれたまま薨去したが、当時は旧皇室典範によって皇族の養子縁組が禁じられていたため、有栖川宮は断絶が確定した。

しかし、大正天皇は、幟仁熾仁、威仁三親王の幕末以降の功労に鑑み、威仁親王薨去の翌日(10日まで喪が秘されたため、公には「御重体」のまま)である7月6日に特旨をもって当時8歳だった第三皇子の宣仁親王に高松宮の号を与え、有栖川宮の祭祀を将来的に宣仁親王に受け継がせることとなった。

1923年(大正12年)、有栖川宮最後の皇族となった威仁親王妃慰子の薨後1年祭をもって同宮が絶家すると、その祭祀、および邸宅などの財産は正式に高松宮に引き継がれた。

1920年(大正9年)4月、学習院中等科三年退学、海軍兵学校予科入学。無試験で入学できる皇族子弟は他の生徒より知的・体力的に劣らざるを得なかった。宣仁親王の予科入学に際してはレントゲン検査も含め健康管理に万全の準備が整えられていたが、凍傷になったため他の生徒とは異なる厚手の作業着が用意された。1921年(大正10年)8月24日、海軍兵学校本科に編入(52期)。1924年(大正13年)7月24日、海軍兵学校卒業、少尉候補生となったが9月に赤痢のために、候補生遠洋航海は断念。1925年(大正14年)12月1日、海軍少尉に任官。

1930年(昭和5年)2月4日、自身が祭祀を継承している有栖川宮威仁親王徳川慶喜の孫にあたる徳川喜久子と婚儀。「公武合体」と話題を呼んだ。

同年、兄・昭和天皇の名代として14か月にわたって欧米を周遊訪問し、5月27日にはカリフォルニア州サンフランシスコに立ち寄って日系移民たちの前でスピーチを行った。なおこの時のスピーチは地元住民によってレコードに録音され、現存している[注釈 1]

同年12月5日、帝都復興記念章を授与された[2]

海軍軍人として

1932年(昭和7年)11月29日、海軍砲術学校高等科を卒業し、巡洋艦「高雄」、戦艦「扶桑」の分隊長に補される。1933年(昭和8年)11月から約1年間、呉市新宮町で暮らす(邸の名前は俊山荘)。

当時は、昭和天皇に皇子が無く、男児の誕生が強く望まれていた。また、義母徳川實枝子(有栖川宮威仁親王第2女子:實枝子女王、喜久子妃の実母)が癌に倒れ、1933年4月25日に逝去していた。宣仁親王は、その日の日記に「子を成すことが、義母:實枝子や父:大正天皇に対する”つとめ”」であるという主旨の内容を記している[3]。同年12月23日に、昭和天皇の第5子、第1皇子として継宮明仁親王(のち第125代天皇、上皇)が誕生した際には、「重荷のおりた様なうれしさ」と日記に記した[4]

宣仁親王の喜びは大きく

おのつから涙わきけり うれしさは 日つきの御子の うまれましたる

中央公論社菊と葵のものがたり』 p.198

をはじめ、複数の和歌を詠んだ[5]

結果的に、長兄・昭和天皇、弟・三笠宮崇仁親王と違い、宣仁親王は次兄・秩父宮雍仁親王同様に子女は無く、夫妻の血筋は遺されていない。

1934年(昭和9年)11月10日、海軍大学校に入校(甲種学生34期)、1935年(昭和10年)11月15日、海軍少佐に進級。1936年(昭和11年)11月26日、海軍大学校卒業、同年12月1日に軍令部出仕兼部員に補され、第二部(軍備)、第三部(情報)、第四部(通信)などを歴任。

1940年(昭和15年)4月29日、支那事変従軍記章功四級金鵄勲章を受けらる、同年7月3日、戦艦「比叡」砲術長、11月15日に海軍中佐進級。「比叡」砲術長時代、部下に海軍将校の心得を訓示した際、「青年士官は現在任務が重要であり、艦の中堅となること現在の最大の任務なり。これをわきまえていれば五・一五事件は起こらぬ筈なり」と述べた[6]

1940年(昭和15年)11月10日に、内閣主催で、昭和天皇・香淳皇后臨席の下に宮城外苑にて挙行された「紀元二千六百年式典」の翌11月11日に同会場で行われた奉祝会で、その総裁であった兄・秩父宮雍仁親王が病気により欠席したため、その代理を務め、同奉祝会で長兄・昭和天皇への奉祝詞奏上、自身による聖寿万歳三唱などを行った。

1941年(昭和16年)4月5日、「なるべく近くに」と長兄・昭和天皇の内意より、横須賀海軍航空隊教官に補される。太平洋戦争(大東亜戦争)開戦前夕の11月20日、軍令部部員と大本営海軍参謀を務めた。この頃、保科善四郎(海軍省兵備局長)に日本軍の実情を聞き、燃料不足を理由に長兄・昭和天皇に対し開戦慎重論を言上する[7]。昭和天皇は当初宣仁親王を主戦論者と見ていた為衝撃を受け、総理兼陸軍大臣・東條英機、軍令部総長・永野修身、海軍大臣・嶋田繁太郎を急遽呼んで事情を聞いたという[8]。戦後、GHQ戦史室調査員・千早正隆が親王に当時の心境を尋ねると、戦争回避は難しいと知りながらも「真相を申し上げるのは直宮(じきみや)としての責務である。」と語っている[8]

11月30日、宣仁親王は昭和天皇のもとを訪ね、開戦について意見を交わした。その際、統帥部の予測として「五分五分の引き分け、良くて六分四分の辛勝」と伝えた上で、敗戦を懸念する昭和天皇に対し、翌日に海軍が戦闘展開する前に戦争を抑え、開戦を中止するよう訴えた。だが昭和天皇は、政府・統帥部の意見を無視した場合、クーデターが発生してより制御困難な戦争へ突入すると考えており、宣仁親王の意見を聞き入れることはできなかった[9]

1942年(昭和17年)11月1日、海軍大佐に昇級。

開戦後も宣仁親王は和平を唱え、嶋田海相の辞任や東條内閣の総辞職を度々主張し[10]、後の終戦後史上唯一の皇族の総理となる東久邇宮稔彦王、弟・三笠宮崇仁親王等の和平派皇族や、米内光政等をはじめとする海軍左派近衛文麿前首相及び、首相を戦後に務める吉田茂等の政界の和平派と結んだ。更に側近の細川護貞によれば、信任する高木惣吉海軍少将や神重徳海軍大佐などと協力して、戦争を推し進める東條の暗殺さえ一時は真剣に考えていたという[11]

宣仁親王は1944年(昭和19年)夏ごろには、政府の方針に異を唱える言動を繰り返しており、「絶対国防圏が破られた以上、大東亜共栄圏建設の理想を捨て、如何にしてより良く負けるかを模索すべきだ」「一億玉砕など事実上不可能。新聞などは玉砕精神ばかり論じていて間違っている」と主張していた。このような言説を内大臣木戸幸一は嫌っており、側近の木戸を通じ、昭和天皇の宣仁親王に対する印象も悪化していった。昭和天皇自身はあくまで政府・軍高官との直接のやり取りを重視するのが筋と考えており、宣仁親王を遠ざけていた。宣仁親王は昭和天皇と直接話す機会が徐々に少なくなっている事を周囲に語っている[12]

1945年(昭和20年)4月9日、戦局の悪化を受けて、宣仁親王は民心一新の為、昭和天皇の名代として伊勢神宮を参拝した。この参拝は元々宣仁親王自身の発案であり、宣仁親王は若い官吏が国民に対し威張り不親切な態度を取っている現状を憂い、神罰で以てこれにあたることを考えていた。しかし昭和天皇は官吏任命も自身の責任であるとして神罰の祈願には反対し、あくまで平和到来とその後の国家指導に関する祈願のみを名代として託すことになった[13]

大戦末期にはフィリピンに向かう大西瀧治郎海軍中将に対して「戦争を終結させるためには皇室のことは考えないで宜しい」と伝えた。

1945年(昭和20年)8月15日、玉音放送において兄・昭和天皇が読み上げた「終戦の詔書」について、「天皇が国民にわびることばはないね」と天皇の責任(昭和天皇の戦争責任論)について指摘している[14]

連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP、実質的にはほとんど米軍)が進駐する間際には東久邇宮稔彦王首相宮(史上唯一の皇族首相かつ任期が54日間と史上最短の首相)の命を受けて寺岡謹平海軍中将や第三航空艦隊参謀長・山澄忠三郎大佐と共に、厚木海軍飛行場において徹底抗戦を主張する第三〇二海軍航空隊に対し、武装解除の説得に赴いた。

戦後

1950年(昭和25年)頃の高松宮夫妻

終戦時に軍令部第一部長・富岡定俊少将の構想で、有事の際に皇統を守ることを目的とした皇統護持作戦に協力する。宣仁親王によれば「いろいろなプランがあり、必要な時にどれかを選んでやればよいと考えていた」という[15]。また邸宅の本館を光輪閣と改称し、ウィロビーホイットニーなどの占領軍(GHQ)関係者を招いて昭和天皇の意思を伝えるなどの活動を行い、終戦直後の不安定な状況下の天皇制の維持にも努めた。1946年(昭和21年)5月23日、貴族院議員を辞職[16]

終戦直前の1945年(昭和20年)7月21日から日本赤十字社の総裁を務めていたが、GHQによる公職追放の影響で、1948年(昭和23年)7月31日に退いた[17]

1951年(昭和26年)10月頃に高松宮は、野村吉三郎元大将を通じて旧海軍関係者に対して、『講和条約発効後、天皇制保持と「再軍備精神を喚起する」ために昭和天皇は退位し、新たな天皇が再軍備後の新「国軍」を指揮する』という命令を伝えていたとされる[18]

1975年(昭和50年)2月号の文藝春秋において、政治評論家の加瀬英明によるインタビュー記事『高松宮かく語りき』が掲載された。この中で高松宮は、開戦時に長兄・昭和天皇に戦争反対を進言したこと、ミッドウェーでの敗北以降は戦争終結に向け努力していたことを述べた。また、その後の手記発表など戦時中に和平派として活動したとする内容に昭和天皇が不快感を示していたともされる[19]

しかし、昭和天皇は高松宮に関し「政府当局の意見よりも周りの同年輩の者や出入りする者の意見に流されやすく、日独同盟締結以来戦争を謳歌していたが、東條内閣成立後は開戦に反対し、その後海軍の意見に従い、開戦後は悲観的で陸軍に対する反感を持っていた」と捉えており[20]、高松宮に対しては複雑な心境があった。その後昭和天皇は入江相政侍従に命じて当時の記憶を書き留めさせた[21]

発病、薨去

1953年(昭和28年)に秩父宮雍仁親王肺結核で危篤となった際、昭和天皇は自身の弟宮の一人の最後に一目会うことを願ったが叶わなかった。これを昭和天皇は大変悔やんだといわれ、1986年(昭和61年)に宣仁親王が末期の肺癌に侵されたときは、長兄・昭和天皇は3度にわたって自ら親王のもとへ足を運び見舞っている。宣仁親王自身には、病名は「老人性結核」と伝えられていた[22]

天皇が弟宮を見舞った最後は、1987年(昭和62年)2月3日、宣仁親王薨去の当日で、須崎御用邸での静養を中止してのことだった[23]。昭和天皇が病室に着御した時すでに親王の意識はなかったが、宣仁親王妃喜久子の願いもあり、天皇は手を握った[23]。昭和天皇と今生の別れを行った約1時間後の13時10分、宣仁親王は肺癌のため東京・広尾の日本赤十字社医療センターで薨去。享年82。

雍仁親王以来、34年ぶりに皇族の弔事となったため、宮内庁斂葬の儀の運営方法を相当模索したとされる[注釈 2]。2月10日、豊島岡墓地に葬られた。

没後、戦時中を含み27年20冊に渡って書き連ねられた『高松宮日記』が、大井篤に国宝級の資料と評され、喜久子妃の尽力により、宮内庁の反対を押し切る形で刊行された[24]

栄典