高橋 是清
たかはし これきよ
Korekiyo Takahashi 2.jpg
生年月日 1854年9月19日
嘉永7年7月27日
出生地 日本の旗 日本 武蔵国江戸芝中門前町
(現:東京都港区芝大門
没年月日 (1936-02-26) 1936年2月26日(81歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市赤坂区
(現:東京都港区赤坂
出身校 ヘボン塾
(現:明治学院大学
前職 武士仙台藩士
官僚
所属政党 立憲政友会
称号正二位
大勲位菊花大綬章
子爵(1924年隠居)
配偶者 高橋里ゆう(先妻)
高橋品子(後妻)
子女 高橋是賢(長男)
高橋是福(次男)
大久保和喜子(二女)
親族 高橋賢一(孫)
サイン TakahashiK kao.png

内閣 高橋内閣
在任期間 1921年11月13日 - 1922年6月12日
天皇 大正天皇

日本の旗 第33代 大蔵大臣
内閣 岡田内閣
在任期間 1934年11月27日 - 1936年2月26日

内閣 犬養内閣
在任期間 1932年5月16日 - 1932年5月26日

日本の旗 第31代 大蔵大臣
内閣 犬養内閣
齋藤内閣
在任期間 1931年12月13日 - 1934年7月8日

日本の旗 第28代 大蔵大臣
内閣 田中義一内閣
在任期間 1927年4月20日 - 1927年6月2日

その他の職歴
日本の旗 初代 農林大臣
1925年4月1日 - 1925年4月17日
日本の旗 初代 商工大臣(農相兼任)
(1925年4月1日 - 1925年4月17日)
日本の旗 第21代 大蔵大臣
1918年9月29日 - 1922年6月12日
日本の旗 第16代 大蔵大臣
1913年2月20日 - 1914年4月16日
日本の旗 衆議院議員
1924年5月10日 - 1928年1月21日
日本の旗 貴族院議員
1905年1月29日 - 1924年3月24日
テンプレートを表示

高橋 是清(たかはし これきよ、1854年9月19日嘉永7年7月27日〉 - 1936年昭和11年〉2月26日)は、日本幕末武士仙台藩士)、官僚政治家

立憲政友会第4代総裁。第20代内閣総理大臣(在任: 1921年大正10年〉11月13日 - 1922年〈大正11年〉6月12日)。栄典正二位大勲位子爵幼名和喜次わきじ。近代日本を代表する財政家として知られ、総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。愛称は「ダルマさん」。

生涯

1854年9月19日(嘉永7年閏7月27日)幕府御用絵師川村庄右衛門(47歳)ときん(16歳)の子として、江戸芝中門前町(現在の東京都港区芝大門)に生まれた。きんの父は芝白金で代々屋を営んでいる三治郎という人で、家は豊かであったが、妻と離別していたので、きんは中門前町のおばのところへ預けられたこともあり、行儀見習いのために川村家へ奉公していた 。庄右衛門の妻は庄右衛門の手が付き身重になったきんに同情し、こっそり中門前町のおばの家へ帰して静養させ、ときどき見舞って世話をしたという[1]。是清は生後まもなく仙台藩足軽高橋覚治の養子になる。

その後、横浜のアメリカ人医師ヘボンの私塾であるヘボン塾(現・明治学院大学)にて学び、1867年慶応3年)に藩命により、勝海舟の息子・小鹿と海外へ留学した。しかし、横浜に滞在していたアメリカ人の貿易商、ユージン・ヴァン・リード[2]によって学費や渡航費を着服され、さらにホームステイ先である彼の両親に騙され年季奉公[3]の契約書にサインし、オークランドのブラウン家に売られる。牧童や葡萄園で奴隷として扱われるが、本人は奴隷になっているとは気づかずに、キツイ勉強だと思っていた[注釈 1]。いくつかの家を転々とわたり、時には抵抗してストライキを試みるなど苦労を重ねる。この間、英語の会話と読み書き能力を習得する。

1868年明治元年)、帰国する。帰国後の1873年(明治6年)、サンフランシスコで知遇を得た森有礼に薦められて文部省に入省し、十等出仕となる。英語の教師もこなし、大学予備門で教える傍ら当時の進学予備校の数校で教壇に立ち、そのうち廃校寸前にあった共立学校(現・開成中学校・高等学校)の初代校長をも一時務めた。教え子には俳人の正岡子規やバルチック艦隊を撃滅した海軍中将・秋山真之がいる。その間、文部省農商務省(現・経済産業省および農林水産省)の官僚としても活躍、1884年(明治17年)には農商務省の外局として設置された特許局の初代局長に就任し、日本の特許制度を整えた。1889年(明治22年)、官僚としてのキャリアを中断して赴いたペルーで銀鉱事業を行うが、すでに廃坑のため失敗。1892年(明治25年)、帰国した後にホームレスとなるが、川田小一郎に声をかけられ、日本銀行に入行。

日露戦争 (1904 - 1905) が発生した際には日銀副総裁として、同行秘書役深井英五を伴い、戦費調達のために戦時外債の公募で同盟国のイギリスに向かった。投資家には兵力差による日本敗北予想、日本政府の支払い能力、同盟国英国が建前として局外中立の立場で公債引受での軍費提供が中立違反となる懸念があった。それに対し、高橋は、

  • この戦争は自衛のためやむを得ず始めたものであり日本は万世一系の皇室の下で一致団結し、最後の一人まで闘い抜く所存である。
  • 支払い能力は関税収入である(1986年(昭和61年)完済)。当時の国家予算の60年分の借金で英露の代理戦争を担った。
  • 中立問題については米国の南北戦争中に中立国が公債を引き受けた事例がある。

と反論。関税担保において英国人を派遣して税関管理する案に対しては「日本国は過去に外債・内国債で一度も利払いを遅延したことがない」と拒絶した。交渉の結果、当時香港上海銀行ロンドン支部長だったユーウェン・キャメロン英語版デーヴィッド・キャメロンの高祖父)らが公債発行に応じ[4]、さらにジェイコブ・シフなどニューヨークの人脈も外債を引き受け、公債募集は成功し、戦費調達が出来た。1905年(明治38年)、貴族院議員に勅選。1911年(明治44年)に日銀総裁に就任。

6度目の大蔵大臣(1934~36年〔昭和10~11年〕)

1913年大正2年)、第1次山本内閣大蔵大臣に就任、この時立憲政友会に入党する。政友会の原敬が組閣した際にも大蔵大臣となり、原が暗殺された直後、財政政策の手腕を評価され第20代内閣総理大臣に就任、同時に立憲政友会の第4代総裁となった。しかし高橋自身思わぬ総裁就任だったため、大黒柱の原を失い混乱する政友会を立て直すことはできず、閣内不統一の結果内閣は半年で瓦解している。

政友会はその後も迷走し、清浦奎吾超然内閣が出現した際には支持・不支持を巡って大分裂、脱党した床次竹二郎らは政友本党を結成し清浦の支持に回った。一方高橋率いる政友会は、憲政会および革新倶楽部護憲三派を結成し、第二次護憲運動を起こした。これに対して清浦は衆議院解散に打って出た(「懲罰解散」)が、これにより告示された第15回総選挙に高橋は隠居して爵位を嫡男に襲わせた上で、原の選挙区だった盛岡の旧岩手1区から出馬することにした。爵位を譲ったのは有爵者には衆議院議員としての被選挙権がなかったためもあるが、清浦内閣を「貴族院内閣」「特権内閣」などと攻撃する手前、その総裁が子爵のままではやはり都合が悪かったこともその背景にある。政友会の現総裁として、盟友だった前総裁の選挙区から出馬したいというのは高橋たっての願いだったが、高橋は与党政友本党の対立候補田子一民に予想外の苦戦を強いられた。結局高橋は49票の僅差で当選を勝ち取り[5]、選挙は護憲三派の圧勝に終わった。清浦内閣はここに総辞職を余儀なくされる。

新たに総理大臣に就いた憲政会総裁の加藤高明は、高橋を農商務相に任命。

高橋と齋藤内府(右)
ともに滞米経験がある高橋と斎藤は、個人的に親しい友人でもあった。画像は1936年2月20日、斎藤が蔵相官邸に高橋を訪れた際に撮影されたもの。この六日後に両者は悲劇的な最期をむかえる(→ 詳細は「二・二六事件」を参照)。

その後、高橋は政友会総裁を田中義一に譲り政界を引退するが、1927年(昭和2年)に昭和金融恐慌が発生し、瓦解した第1次若槻内閣に代わって組閣した田中に請われ自身3度目の蔵相に就任した。高橋は日銀総裁となった井上準之助と協力し、支払猶予措置(モラトリアム)を行うと共に、片面だけ印刷した急造の200円札を大量に発行して銀行の店頭に積み上げて見せて、預金者を安心させて金融恐慌を沈静化させた。

1931年(昭和6年)、政友会総裁・犬養毅が組閣した際も、犬養に請われ4度目の蔵相に就任し、金輸出再禁止12月13日)・日銀引き受けによる政府支出(軍事予算)の増額、時局匡救事業で、世界恐慌により混乱する日本経済をデフレから世界最速で脱出させた(ケインズ政策)。五・一五事件で犬養が暗殺された際に総理大臣を臨時兼任している。続いて親友である斎藤実が組閣した際も留任(5度目)。また1934年(昭和9年)に、共立学校出身に当たる岡田啓介首班の内閣にて6度目の蔵相に就任。当時、ケインズ政策はほぼ所期の目的を達していたが、これに伴い高率のインフレーションの発生が予見されたため、これを抑えるべく(出口戦略参照)軍事予算の縮小を図ったところ軍部の恨みを買い、二・二六事件において、赤坂の自宅二階で反乱軍の青年将校らに胸を6発撃たれ、暗殺された。享年83(満81歳没)。葬儀は陸軍の統制によって、1か月後に築地本願寺で営まれた。

年譜

渡米時代の高橋是清(写真右側)(1867年)
衆議院議員選挙に初当選後に撮影した家族との記念写真(1924年)

※日付は1872年まで旧暦