日本の東海道新幹線。世界初の高速鉄道である。
ヨーロッパの高速鉄道網
東アジアの高速鉄道網
西アジアの高速鉄道

     310–350 km/h      270-300 km/h      240–260 km/h      200–230 km/h      200 km/h未満      建設中

高速鉄道(こうそくてつどう、: high-speed rail)とは、200 km/h程度以上の速度で走行できる鉄道を指す。特化した車両と専用軌道とを統合したシステムを用い、従来の鉄道よりも著しく高速で運用される交通機関である。

本稿では、磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)のうち高速輸送を目的としたものも高速鉄道に含める。

高速鉄道の定義

列車の営業最高速度は技術革新に伴い常に向上を続けているため、世界で広く適用される一つの標準定義というものはなく[1]、多くの定義が用いられている。

新幹線と高速鉄道

世界で最初の高速鉄道とされる日本新幹線鉄道は、1970年(昭和45年)に制定された全国新幹線鉄道整備法第2条で「その主たる区間を列車が200 km/h以上の高速度で走行できる幹線鉄道」と定義されている[2]。現在では「日本の高速鉄道システム」として固有名詞化しているが[3]、もともと「新幹線」は高速度運行を目的とした「新しい幹線鉄道」を意味する普通名詞である。日本においては、この法を根拠に長らく高速鉄道の基準を200 km/hとしてきた。

国際鉄道連合による解釈

国際鉄道連合 (UIC) は、高速鉄道の定義は使われる基準によってさまざまであるとした上で、いずれの定義でも高速鉄道は

  • 専用の高速新線250 km/hを超える設計速度
  • 高規格化された在来線200 km/hもしくは220 km/hにも至る設計速度

で建設されたインフラ、特別に設計された車両、運用、など「システム」を構成する全ての要素のコンビネーションによってもたらされるものであるとしている[1]

最高速度

試験走行(有人)での最高速度

超電導リニア - 有人試験走行で世界最高速車両
磁気浮上式鉄道の速度記録
603 km/h 超電導リニア L0系日本)7両編成 2015年4月
鉄輪式鉄道の速度記録
574.8 km/h TGV POS(フランス)5両編成 2007年4月
上海トランスラピッド - 世界最高速営業車両