1936年ベルリンオリンピック
第11回オリンピック競技大会
Jeux de la XIe olympiade
Games of the XI Olympiad
Spiele der XI. Olympiade
Berliinin olympialaiset.jpg
開催都市 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国 ベルリン
参加国・地域数 49
参加人数 4,066人(男子3,738人、女子328人)
競技種目数 21競技129種目
開会式 1936年8月1日
閉会式 1936年8月16日
開会宣言 総統指導者首相アドルフ・ヒトラー
選手宣誓 イト・レーティー
最終聖火ランナー フリッツ・シルゲン
主競技場 オリンピアシュタディオン
夏季
冬季
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

1936年ベルリンオリンピック(1936ねんベルリンオリンピック)は、1936年(昭和11年)8月1日から8月16日にかけてドイツベルリンで行われたオリンピック競技大会

概要

開催決定

ベルリンは1916年のオリンピック開催都市として一度は開催が予定されていたが、第一次世界大戦によって中止された。さらにドイツは第一次世界大戦に敗北し、国土が荒廃し経済危機に陥ることとなった。

しかし、1931年にフランスパリで行われた第11回夏季オリンピックの開催地投票においてベルリンがスペインバルセロナを43対16で破って再び開催地の地位を獲得したことで、開催に向けての準備が進められた(夏季五輪は開催が取りやめとなった場合でも開催地に選択されたことが「みなし回次」として残るため、今回のベルリンでの開催決定は公式上は2度目として形式的な記録に残る)。

1936年夏季五輪投票結果
都市 1回目
ベルリン ドイツの旗 ドイツ国 43
バルセロナ スペインの旗 スペイン共和国 16

「ヒトラーのオリンピック」

ベルリン市内に飾られた彫刻
ベルリンオリンピック時のベルリン・オリンピアシュタディオン。右側の柱にはハーケンクロイツが描かれている
オリンピアシュタディオンに入場するヒトラー
聖火リレー
聖火台。

その2年後の1933年に行われた総選挙に勝利したことでドイツの政権を獲得し、反ユダヤ人政策を打ち出し同国の国民からの支持を背景に当時隆盛を誇っていたアドルフ・ヒトラー総統は、当初オリンピックを「ユダヤ人の祭典」であるとしてベルリン開催に難色を示した。反ユダヤ・反フリーメイソンのヒトラーにとってオリンピックとは「ユダヤとフリーメイソンによる発明[1][2]」とされていた。

しかし、側近から「大きなプロパガンダ効果が期待できる」との説得を受けて、開催することに同意した。開会式ではプロパガンダの一環として第一回マラソン優勝者のスピリドン・ルイスが招待されたりもしている。

ヒトラーがオリンピックの開催を決めた後は、オリンピックを「アーリア民族の優秀性と自分自身の権力を世界中に見せつける絶好の機会」と位置づけ、ベルリンだけでなくドイツが国の総力を挙げて開催準備を進め、短期間でオリンピック・スタジアム(オリンピアシュタディオン)や選手村、空港道路鉄道ホテル、さらに当時まだ実験段階であったテレビ中継などの受け入れ態勢の整備が進められた。

人種差別政策の一時凍結

だが、ベルリンでの開催決定後にドイツの政権を握ったナチス党が、ドイツ国民の支持の元にユダヤ人迫害政策を進めて行ったことや、反政府活動家に対する人権抑圧を行っていることを受けて、ユダヤ人が多いイギリスやアメリカ、そして開催地の地位を争ったスペインなどが、開催権の返上やボイコットを行う動きを見せていた。

これに対してドイツ政府は、この大会を開催したいがために、大会期間の前後に限りユダヤ人に対する迫害政策を緩めることを約束した他、ヒトラー自身も、有色人種差別発言、特に黒人に対する差別発言を抑えるなど、国の政策を一時的に変更してまで大会を成功に導こうとした。実際に、オリンピック開催の準備が進められる中、それまでドイツ中に見られていた反ユダヤ人の標語を掲げた看板は姿を消し、ユダヤ系の選手の参加も容認された。併せて反政府活動家が収監されていた収容所の規則は一時的に緩められた他、一部の反政府活動家は国外へ出国できる(事実上の亡命の容認)こととなった。

この様なドイツ政府の「変節」を受けて、開催ぎりぎりのタイミングで開催権の返上案は撤回され、また、国内からのボイコットの要望が根強かったイギリスやアメリカも参加することを決意した。

なおオリンピック開催後、イギリスやアメリカにおいて「人種差別的感情を抑え切れなかったヒトラーは、黒人のメダリストジェシー・オーエンスを快く考えず握手を拒否した」という噂があった。しかし実際には、ヒトラーは当初勝者全員と握手していたが、走り高跳び競技が長引き、ヒトラーは時間の都合上途中で退席せざるを得なかった。そこでオリンピック委員会が、公平を期すために全ての勝者に握手するかしないかを決めるよう要求したところ、ヒトラーは後者を選んだという。

また、オーエンスの回想によると「ヒトラーの席の前を通過する時に、ヒトラーは立ち上がり手を振った。私も手を振りかえした」という証言があるように、オリンピックの成功に向けて、多くのドイツ人のみならず、ヒトラーも自らの人種的偏見を表に出すことを抑制していた。

初の聖火リレー

この大会において、プロパガンダ効果を高めることを目的に古代オリンピックの発祥地であるギリシャオリンピアで聖火を採火し、松明で開会式のオリンピアシュタディオンまで運ぶ「聖火リレー」が初めて実施された。これは彼らゲルマン民族こそがヨーロッパ文明の源流たるギリシャの後継者であるというヒトラーの思想に適った物でもあった。

聖火リレーのコースは、オリンピアを出発してブルガリアユーゴスラビアハンガリーオーストリアチェコスロバキアを経由し、ドイツ国内へ入るというものであった。

なお、ドイツ政府は聖火リレーのルート調査のためにルート途上の各国の道路事情を綿密に調査したが、1939年に勃発した第二次世界大戦においてドイツ軍がこの調査結果を活用し、後日ドイツ軍がルートを逆進する形で侵攻を行ったという逸話が残っている。この説には反論もあるが一般的にはこれが通説となっている。

第二次世界大戦前最後の大会

この大会の3年後、1939年9月にドイツによるポーランド侵攻を機に第二次世界大戦が勃発し第12回東京大会第13回ロンドン大会が中止されたため、この大会が大戦前最後の大会となってしまった。

第二次世界大戦の勝者であるイギリスで行われるロンドン大会は、世界大戦終結後の1948年に繰り越されて第14回大会として開催されたが、1940年の東京大会は日中戦争の激化などにより日本側が開催権を返上した上に、日本が第二次世界大戦における敗戦国となったために繰り越されず、実に24年後の第18回大会まで開催を待つことになる。

「人民オリンピック」

なお、開催地選定に敗れたスペイン政府は、ベルリンオリンピックへの参加をボイコットした上にベルリンオリンピックに対抗して、同時期に五輪候補地だったバルセロナで「人民オリンピック」を開催することを計画した。ドイツからの亡命者を含む22カ国から6,000人の参加が予定されていたが、1936年7月にスペイン内戦が勃発したために開催されることはなかった。バルセロナでIOC公認オリンピックが開かれたのは56年後の1992年のことになる。

出場国

青色が初参加国、緑色の国がその他の参加国。
ベルリン市内に掲揚された各国旗。

前回を大きく上回る49の国と地域(独自の国内オリンピック委員会を保有していたアメリカやイギリスのいくつかの植民地)が出場した。なお、アフガニスタンイギリス領バミューダボリビアコスタリカリヒテンシュタインペルー[3]が初参加となった。一方でリトアニアクライペダ(ドイツ名メーメル)の占領に対する対抗措置としてドイツから参加を拒否され、不参加となった。

主な出場国

独立国家