名古屋鉄道のダイヤ改正 > 2005年からの名古屋鉄道ダイヤ改正

本項では2005年1月29日白紙改正以降の名古屋鉄道ダイヤ改正(なごやてつどうダイヤかいせい)について記述する。


目次

2000年代
05年1月29日改正
05年2月17日改正
05年3月22日改正
06年4月29日改正
06年12月16日改正
07年4月1日改正
07年6月30日改正
08年3月15日改正
08年6月29日改正
08年12月27日改正
09年10月3日改正
2010年代
11年3月26日改正
11年6月20日改正
11年12月17日改正
13年4月1日改正
15年2月28日改正
16年9月17日改正
19年3月16日改正

脚注注釈 - 出典) - 参考文献電子 - 書籍 - 時刻表 - 雑誌 - 新聞) - 関連項目 - 外部リンク

2000年代

2005年1月29日改正

空港線の開業とミュースカイ(2000系)の登場
種別の多様化
駅名の改称

中部国際空港(セントレア)開業に先駆けた空港線開業に伴う白紙改正。2005年4月1日付の廃止が決定していた岐阜地区の600V線区を除く全線で実施。

  • 特別停車回数を減らし、停車駅を明確にするため種別を細分化。従来の特急を快速特急・特急[注釈 1]、急行を快速急行・急行・準急[注釈 2]とし、快速特急・特急・快速急行・急行・準急・普通の6種別体制とした。これにより、改正前は平日ダイヤ換算で1日当たり延べ1300回以上あった特別停車が、延べ204回に削減された[2]
  • 瀬戸線では水野駅瀬戸市役所前駅が急行停車駅に昇格し[3]、急行が尾張旭駅 - 尾張瀬戸駅間各駅停車となった。尾張瀬戸駅では昼間は急行、準急、普通がそれぞれ2本ずつ10分ヘッドで発車するダイヤに改められた[4]
  • 7つの駅で駅名改称が実施され、名古屋本線のナゴヤ球場前駅が山王駅、新名古屋駅が名鉄名古屋駅、新一宮駅が名鉄一宮駅、新岐阜駅が名鉄岐阜駅[注釈 3]犬山線徳重駅が徳重・名古屋芸大駅各務原線各務原飛行場駅が各務原市役所前駅河和線南成岩駅が青山駅にそれぞれ改称された[2]。また、加駅の「」と山駅の「」を常用漢字表記に改め、それぞれ新那加駅、瓢箪山駅とした[5]
  • 空港線には日中、名鉄名古屋方面直通の快速特急(全車特別車)、特急(一部特別車[注釈 4])、急行が各2本設定された。
    • 快速特急は名鉄岐阜駅 - 中部国際空港駅間、新鵜沼駅 - 中部国際空港駅間に各1本設定。常滑線、空港線内をノンストップ運転とし、名鉄名古屋駅 - 中部国際空港駅間を最速28分で結んだ[6]。このうち、犬山線に直通する快速特急は平日の夕方に新鵜沼・新可児行きとして運転される一方、夜間は犬山線へ直通せず、名鉄名古屋行きとして運転されていた。車両は同改正で導入された2000系電車「ミュースカイ」を使用[6]
    • 特急は名鉄岐阜駅 - 中部国際空港駅間、豊橋駅 - 金山駅 - 中部国際空港駅間に各1本設定[6]。後者は金山駅スイッチバックしていた都合で神宮前駅には2度停車し、空港線基準の上り方向は同駅、下り方向では金山駅で名鉄岐阜駅発着の特急と接続を取るダイヤが組まれた[3][注釈 5]。なお、朝夕はすべての本線特急が豊橋駅 - 名鉄岐阜駅間での運転となるため、特急は金山駅発着となっていた[6]。車両は1200系電車や新型の2200系電車が使用される[6]が、朝に数本設定されている全車特別車特急には2000系電車が充てられた[3]
    • 急行は2本とも犬山方面へ直通した[3]。空港発列車は広見線新可児行きとして運転され、途中、太田川駅で後続の快速特急と河和線からの特急を待避し、犬山駅からは普通として運転されていた。空港着列車は各務原線名鉄岐阜駅発[注釈 6]で、各務原線内は普通、犬山線内は準急として運転され、名鉄名古屋で急行に種別変更し、始発から終点まで先着するダイヤであった。
  • 空港線開業によって他線区のダイヤにも変更が生じた。
    • 空港線快速特急の犬山線直通に伴い、河和線方面から運転される特急毎時2本のうち1本が新鵜沼駅発着から名鉄名古屋駅発着に短縮された[3]。ただし、上りについては夜間は2本とも犬山方面直通であった。
    • 犬山線では空港線直通の快速特急と河和線直通の特急が毎時1往復ずつの設定となったため[3]、特急系統の運転間隔が変則的なものとなり、下りは24,36分間隔、上りは12,48分間隔となった。また、平日朝の豊橋駅6時40分発新鵜沼行き特急が名鉄岐阜行きに変更され、犬山線下り方向からは一部特別車特急が消滅した[4]。一方、急行はそれまで上りの半数が布袋駅などで特急を待避していたが、本改正より特急待避は朝の一部を除き解消された[3]。このほか、名古屋市営地下鉄鶴舞線から直通し犬山線内で急行として運転される列車が初めて設定された(平日朝の下り1本のみ)。車両は名古屋市交通局3000形電車または3050形電車を使用。
    • 名古屋空港へのバス連絡のため停車していた、西春駅への特急特別停車が廃止された[7]
  • 名古屋本線・豊川線では下りの豊川稲荷駅 → 名鉄岐阜駅間の快速急行(夕方以降は急行)が国府駅で快速特急の通過後すぐ発車し、新木曽川駅(夕方からは新清洲駅)まで先着するようになった。また、新たに新鵜沼駅発豊川稲荷行きの一部特別車特急が設定され(折り返しは名鉄名古屋行き特急)、平日朝の1往復のみだが、豊川線でも一部特別車特急が運転されることになった[4]
  • 西尾線および津島線尾西線西尾駅 - 佐屋駅間)の急行は本改正より栄生駅を通過する快速急行として運転されるようになった(ただし、下り佐屋行きのみ津島線内は普通)。また、津島線では昼間の特急がなくなった代わりに下りでは普通、上りでは急行(ただし、急行として運転されるのは津島線内のみ)が各1本増発された[8]
  • 河和線太田川駅 - 知多半田駅間(平日のみ)、豊川線、羽島線では普通列車が増発され、当該区間では各駅に停車する列車が毎時4往復運転されるようになった[3]
  • 一方で輸送の効率化により、一部の列車の廃止もしくは運行区間の縮小が行われた。
    • 豊川線では前述のとおり平日朝に一部特別車特急が新設されたものの、休日は特急が全廃され、平日も夕方以降は上り豊川稲荷行き(全車特別車で運転)が夜間に1本運転されるのみとなった。
    • 蒲郡線では特急、急行が全廃され、吉良吉田駅 - 佐屋駅間の特急は昼間の運行区間が西尾駅 - 名鉄名古屋駅間に短縮された。
    • 三河線(海線)ではそれまで毎時1、2往復設定されていた名古屋本線直通の急行[注釈 7]が廃止され、本線内完結の準急列車となった[7]。三河線の本線直通列車は朝の名古屋方面へ3本(平日のみ)と夜間に碧南行き1本を残すのみとなった[4]
  • 名古屋本線の東笠松駅広見線学校前駅が廃止された[9]
  • この改正以後、始発駅出発後・乗務員交代後に車内放送で「運転手○○、車掌○○です」と、乗務員名を放送するようになった。
  • この改正より駅構内が全面禁煙となった[10]